Windows Liveメール 2012を使用していると「Windows Live メール 2012 をご利用いただいているお客様へ」というお知らせが届いたようです。
お知らせでは、”Windows Live メール 2012”が近日中に大規模なアップデートを実施し”Windows Liveメール 2012”でメールの受信が出来なくなるそうです?
継続して利用するには2015年12月に配信が開始された更新プログラム「KB3093594」を適用する必要があるそうです。

サポート対象のOSが「Windows8/8.1とWindows10」だけのようで、「Windows7」ではWindows Liveメール 2012が使用できなくなるのかも?
お知らせには安心して安全に使うにはOSをWindows10にアップグレードをお勧めとなっています。
Windows Liveメール 2011も同様かな?
更新プログラム「KB3093594」を適用すると、メールが文字化けしたり、受信がおかしくなったりと安定して使えなくなるという不具合報告もあるようなので、他のメールアプリに乗り換えを考えても良いかもしれないです。

更新プログラム「KB3093594」の詳細はこちらから
Windows Live Essentials メール 2012年の更新
URL:http://support.microsoft.com.2-t.jp/mG0x

Windows10環境への移行を勧めていますが、アップデートを実施しても以前の環境で使えるかも知れないので、Windows Liveメール 2012のアップデートが実施されどうなるかの結果を見てから乗り換えでも遅くないかも?

Thunderbirdを使っていますが、特に不満なく使っています。
無料メールソフト「Thunderbird」
URL:http://www.mozilla.jp.2-t.jp/lsk3