Firefox43からFirefoxブラウザをより便利にする”拡張機能(アドオン)”の「署名」が必要になり、「署名」が無い拡張機能(アドオン)の使用が出来なくなりました。
が、拡張機能(アドオン)は段階的に使用が出来なくなるようで、Firefox43では未署名のアドオンでも使用できるようにする設定項目が用意されています。
Firefox44からは設定項目が削除され使用不可能になる予定のようです。


Firefox43で未署名のアドオンを使用可能にする方法

FirefoxのURL欄に「about:config」と入力してページを開く、「動作保証対象外になります!」という警告文が表示されるので、説明文を読み納得したら「細心の注意を払って使用する」を押して先に進みます。
firefoxadoon01

設定項目一覧が表示されますが、設定項目には触れないようにページ上部にある検索窓に「xpinstall.signatures.required」と入力して未署名アドオンを使用可能にする設定項目を探します。
firefoxadoon02
新たに追加された設定項目だからか、自分の環境では設定項目一覧の上から7番目に表示されていました。

”xpinstall.signatures.required”の項目を見つけたら、「値」が”true”になっているのを”false”に切り替えます。
値の設定変更は項目をダブルクリックか右クリックメニューから切り替えで変更できます。
設定変更が完了したらインストールできなかった(使えなくなった)拡張機能(アドオン)が使用可能になっているはずです。
「値」を変更するだけで適用されていると思いますが、拡張機能(アドオン)によって再インストールやブラウザの再起動が必要なモノもあるかも?

新たに未署名のアドオンをインストールする際に表示される警告文はそのままとなっているので注意!
firefoxadoon03
Firefoxの設定項目を変更していたら”許可”を選べばダウンロード→インストールが可能となっています。(Firefox43では44以降は設定項目が削除されるようです。)

Firefox44は2016年1月末にリリース予定となっているので、それまでに未署名のアドオンを使っている人は代替のアドオンを探すか、アドオンの作者さんに連絡して署名を取ってもらうように呼びかけるなどして対策しておいた方が良いかも。

Add-ons for Firefoxで公開(登録)されている拡張機能(アドオン)は署名済みとなっています。
URL:http://addons.mozilla.org.2-t.jp/n1oz