2016年1月13日に配信が開始されたWindowsUpdateをWindows10に実施!
いつもの複合更新プログラム「KB3124263」の他に”Microsoft Visual C++ 2012年更新 4 の再頒布可能パッケージ用の更新プログラム「KB3119142」”などが配信されているようです。
設定 20160113 92158

更新プログラム「KB3124263」では、IE用のセキュリティ修正などが実施されています。
Windows10のバージョンが1511だと” MS16-002 Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3124904)”の適用が必要ないようです?

KB3124263の内容
・MS16-001:Internet Explorer用のセキュリティ更新プログラム(KB3124275)
・リモートでのコード実行に対処する Windows カーネルモード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム(KB3124584)
・リモートでのコード実行に対処する Microsoft Windows 用のセキュリティ更新プログラム(KB3124901)
・特権の昇格に対処する Windows カーネル用のセキュリティ更新プログラム(KB3124605)
・Microsoft security advisory: Updates for ActiveX kill bits(KB3118753)

セキュリティ修正の詳細はこちらから
2016 年 1 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要 - セキュリティ TechCenter
URL:http://technet.microsoft.com.2-t.jp/nxO7

2016年1月のWindowsUpdateでは見慣れない?更新プログラム”Microsoft Visual C++ 2012年更新 4 の再頒布可能パッケージ用の更新プログラム「KB3119142」”も配信されています。
更新プログラム「KB3119142」更新内容は、Visual Studio 2012 RTM 製品を使ってVisual C++ アプリケーションを構築すると実行時にエラーが発生するという不具合を修正するもののようです。
アプリが起動しない不具合とかが直る更新プログラムということで良いのかな?更新プログラム「KB3119142」の詳細はこちらから

Microsoft Visual C++ 2012年更新 4 の再頒布可能パッケージ用の更新プログラム
URL:https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3119142


他には”悪意のあるソフトウェアの削除ツール(KB890830)”なども実施され、パソコンの再起動を含めて20分くらいで2016年1月のWindowsUpdateが完了。更新後も特に問題なく使えています。
Windows10バージョン1511のビルドが「10586.36」から「10586.63」になりました。
Windows のバージョン情報 20160113 93808

2016年1月のWindowsUpdateは特に問題がないようで一安心。
Windows10自体は安定して使えていると思います。