GoogleChromeの最新安定版となるGoogle Chrome バージョン”48.0.2564.82”がリリースされました。
WindowsXP搭載パソコンでは「Google Chrome は最新版です。」の下に「Windows XP と Windows Vista はサポートされなくなったため、このパソコンでは間もなく Google Chrome のアップデートが受信されなくなります。」という文章が表示されています。
googlechrome480256482

Google Chrome 48.0.2564.82では、延長されていた(?)WindowsXPとWindowsVistaのサポートが今回のアップデートで予定通り(?)終了となったり、37項目のセキュリティ修正があったり、FlashPlayerのバージョンが”20.0.0.286”に更新されたりと変更点が多々あるようです。
セキュリティ修正があるので早めに最新版にアップデートした方が良いと思います。
Windows10とWindowsXPのChromeを最新版にアップデートしましたが、XPにサポート終了をお知らせする文章が出た以外特に問題なくアップデートできました。
最新版へのアップデートが、Chromeブラウザの右上にある三マークメニューから設定→概要を開けば自動で現在のバージョンチェックをし、最新版へのアップデートを実施してくれます。

GoogleChrome 48.0.2564.82の詳細な更新内容はリリースノートを御覧ください。
URL:http://googlechromereleases.blogspot.jp.2-t.jp/nMSM

更新されたAdobe Flash Player20.0.0.286では、サウンド関連や再生出来ない不具合などの修正が実施されているようです。
詳細な更新情報はリリースノートを御覧ください。

Adobe Flash Player20リリースノート(英語)
URL:http://helpx.adobe.com.2-t.jp/mlk4

WindowsXPは色んなところのサポートが終了していっているのでそろそろWindows10に移行した方が良いかも。
Microsoft Windows 10 Professional (32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ)(AA)