スマートフォンをdocomo with対象機種の”AQUOS sense SH-01K”に機種変更しました。
docomo with対象機種は低価格に抑えられているからなのか付属品はすべてオプション品となっており付属品を何も付けないで購入すると充電も出来ない状態となるので購入時は注意が必要です。
最近はスマートフォン本体だけでも周辺機器を純正品にこだわらなければ安く揃えられますからね。

少し前のスマートフォンなら充電用の端子は”microB”というUSB端子でしたが、最近は”Tyep-C”というどちらの向きでも接続が可能なUSB端子になっているようです。
どの向きからでも使える方が便利ですからね。
Type-C規格はまだまだ新しい(と思う)ようで我が家にはNintendo SwitchしかType-Cを採用したデジモノはありませんでした。
とりあえずSwitchのケーブルに差し込んで充電をさせてみましたがケーブルがゴツいし触ればすぐ外れるし使いやすさはあまりよくありませんでした。
充電はきちんとしていました。
Switch用のアダプタは5V 2.6Aらしいです。SH-01Kはdocomo純正のACアダプタ 06にも対応しているので5V 3Aまでなら充電は可能となっているようです。
5V 1.8AのACアダプタ 05とスペック上は充電時間が同じになっているようなので3Aで充電してもSH-01Kは1.8Aで充電をしているのだと思われます。
急速充電の定義が今ひとつわかりませんが、1A以上で充電して充電時間が短くなったら急速充電していると考えればよいのかな?
Type-Cの規格もわからないけどこれまでの規格よりも大きな電気を流せるようになっているのかな。

SH-01Kのスペック的には5V 1.8Aの充電器があれば表記されたスペックの上限速度で充電出来るようなのでFireHD10に付属していたアダプタを使えば充電出来そうです。
FireHD10付属のUSBケーブルは”microB”なのでこれを交換してしまうとどちらかを充電するたびにケーブルを交換しなくてはいけなくなって面倒なので却下。しばらくSwitchのケーブルで充電しつつ別の案を考えることに。

後日、別の用事で100円ショップ「ダイソー」に行った時にスマートフォン関連アイテムを見てみたらmicroBからType-Cに端子を変換するアダプタ”Type-C変換アダプタ”を見かけたので購入してきました!
sh01kkishuhenonrain (33)

求めていたアイテムが100円ショップにありました。こんな小さなパーツなのにこれがあるのとないのでは大違い!
sh01kkishuhenonrain (34)

さすがにmicroBとの接続には向きがありました。
sh01kkishuhenonrain (35)

microBをType-Cに変換!
sh01kkishuhenonrain (36)

早速SH-01Kに接続!
sh01kkishuhenonrain (37)

最初は固くて接続しにくかったですが、何回か接続していると程よくなりました。
無事に充電も開始されています。
変換アダプタによる電力のロスはあるかもしれないけど充電の速度は思っていたよりも結構早いです。
10%を充電するのに13分くらい?
スペック上は0%から100%まで約140分となっているので100円ショップの変換アダプタを使ってもスペックの上限くらいで充電しているようです。

とりあえず手軽に充電できる環境が作れたので満足です。

純正のACアダプタは電力ショート防止設計になっていたり過電流保護機能や異常温度検知機能などを搭載しているようなので純正品を選ぶのが一番良いかもしれないです。
【ドコモ純正】ACアダプタ AC06 USB Type-C対応 スマホ AC充電器
【ドコモ純正】ACアダプタ AC06 USB Type-C対応 スマホ AC充電器(AA)