何でも雑記板 (避難)

建設中

Firefox

9 2月

Firefoxの最新安定版”Firefox 44.0.1”がリリースされました。【クラッシュしたりパスワードが消えるなどいくつかの不具合を修正】

Firefoxの最新安定版となる”Firefox 44.0.1”がリリースされました。
firefox4401

Firefox 44.0.1では、グラフィック関連の動作でクラッシュしたり、保存されたパスワードが消去される(?)不具合などいくつかの修正が実施されているようです。
Firefox44にアップデートした際にパスワードが消えてしまったり、クラッシュしたりする場合は早めに最新安定版となる”Firefox44.0.1”アップデートしましょう。不具合が解消されるかも。

Firefox44.0.1で修正された項目の詳細はリリースノートを御覧ください。
Firefox44.0.1のリリースノート(英語)
URL:http://www.mozilla.org.2-t.jp/okSZ
続きを読む »
27 1月

Firefoxの最新安定版”Firefox 44.0”がリリースされました。【新機能の搭載やセキュリティ修正など変更点多数】

Firefoxの最新安定版”Firefox 44.0”が2016年1月26日(日本では27日)に配信が開始されました。
firefox44

Firefox44.0では、ブックマークのファビコンが変更になったり、動画の再生形式が変更になったり(?)新たな機能が搭載されていたり、いくつかのセキュリティ修正が実施されていたりと変更点が多々あるようです。
アドオン関連の更新は実施されていない(?)のか前バージョンからインストールされているアドオンはそのまま移行されているようです。(気付いていないだけで消えているモノもあるかも?)
プラグインに「OpenH264 Video Codec 1.5.3」が追加?更新?されたようです。
動画系のプラグインが新たに実装されたからか、Youtubeがサポートを変更したのか、いつの間にかYoutubeの動画が”360p固定”ではなく、”1080p”や”720p”のHD画質がHTML5プレーヤーでも選択可能になっていました。

緊急性の高いセキュリティ修正もあるようなので、早めに最新版Firefoxにした方が良いと思います。
Firefoxを最新版にするには、ヘルプ→Firefoxについてを開けばバージョンチェックと更新を自動でしてくれます。
ダウンロードとインストールが追われるとブラウザを再起動して更新完了となります。 続きを読む »
7 1月

Firefoxの最新安定版”Firefox 43.0.4”がリリース!【スタートアップ時のクラッシュ修正や証明書関連の更新】

Firefoxの最新安定版となる”Firefox 43.0.4”がリリースされました。
firefox4304

Firefox43.0.4では、ウイルス対策ソフトを使用しているとスタートアップ時にクラッシュする不具合の修正やダウンロードフォルダを勝手に作成出来るバグの修正、証明書関連の更新が実施されたようです。
43.0.3から上書きアップデートをしたのですが、アップデート直後Firefoxブラウザの動作が重くなったように感じました。いつもならスッキリ軽快な動きなんだけど・・・。たまたまそんなタイミングだっただけのようで今は軽快に動いています。
Firefoxでは、2016年から使用を廃止する予定だった「SHA-1証明書」をFirefox43.0.4で再度有効にする変更もされています。
この変更で新しく「SHA-1証明書」が発行(?)されたらしく旧証明書では見られないサイトが出てくるようです?
旧バージョンで普通に閲覧できていても”エラーコード「SEC_ERROR_CERT_SIGNATURE_ALGORITHM_DISABLED」”が出ていたりするようです。
Firefoxのabout:configから開く内部設定で「security.pki.sha1_enforcement_level」の値を”0”にしておくと対処出来るようです?

簡単な対処法としては、Firefoxを最新バージョンにしておいたり、見られいないサイトがあれば他のブラウザを使えば回避出来るようです。
続きを読む »
29 12月

Firefoxの最新安定版”Firefox 43.0.3”がリリース!【ネットワークやビデオデコードなどの不具合を修正】

Firefoxの最新安定版となる”Firefox 43.0.3”がリリースされました。
firefox4303

Firefox 43.0.では、NVIDIAのネットワークマネージャーを使用した時に起こる不具合の修正やYoutubeのビデオデコードを改善するなどが実施されているようです。
パソコンの仕様によってはあまり関係の無いアップデートになっているようです。

更新内容の詳細はリリースノートを御覧ください。
Firefox 43.0.3リリースノート(英語)
URL:http://www.mozilla.org.2-t.jp/nau9
続きを読む »
24 12月

Firefox43から使えなくなったアドオンを使えるようにする方法!【Firefox44からは完全に使えなくなる?】

Firefox43からFirefoxブラウザをより便利にする”拡張機能(アドオン)”の「署名」が必要になり、「署名」が無い拡張機能(アドオン)の使用が出来なくなりました。
が、拡張機能(アドオン)は段階的に使用が出来なくなるようで、Firefox43では未署名のアドオンでも使用できるようにする設定項目が用意されています。
Firefox44からは設定項目が削除され使用不可能になる予定のようです。


Firefox43で未署名のアドオンを使用可能にする方法

FirefoxのURL欄に「about:config」と入力してページを開く、「動作保証対象外になります!」という警告文が表示されるので、説明文を読み納得したら「細心の注意を払って使用する」を押して先に進みます。
firefoxadoon01

設定項目一覧が表示されますが、設定項目には触れないようにページ上部にある検索窓に「xpinstall.signatures.required」と入力して未署名アドオンを使用可能にする設定項目を探します。
firefoxadoon02
新たに追加された設定項目だからか、自分の環境では設定項目一覧の上から7番目に表示されていました。

”xpinstall.signatures.required”の項目を見つけたら、「値」が”true”になっているのを”false”に切り替えます。
値の設定変更は項目をダブルクリックか右クリックメニューから切り替えで変更できます。
設定変更が完了したらインストールできなかった(使えなくなった)拡張機能(アドオン)が使用可能になっているはずです。
「値」を変更するだけで適用されていると思いますが、拡張機能(アドオン)によって再インストールやブラウザの再起動が必要なモノもあるかも?

続きを読む »




Microsoft Store (マイクロソフトストア)





デル株式会社

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



QRコード
QRコード
はてなブックマーク
記事検索
ギャラリー
  • Adpbe Flash Playerの最新安定版”Adobe Flash Player 20.0.0.306”がリリースされました。
  • Firefoxの最新安定版”Firefox 44.0.1”がリリースされました。【クラッシュしたりパスワードが消えるなどいくつかの不具合を修正】
  • GoogleChromeの最新安定版”Google Chrome 48.0.2564.103”がリリース!【XPやVistaパソコンもまだアップデートされます。】
  • 2016年1月末に公開された更新プログラム「KB3124262」を適用!【Windows10 1511のビルドが”10586.71”に更新】
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ