2014年09月

2014年09月24日

おかげさまで

雨のち葵い空 番外編
「ひとりしずか」

この土日に無料配布が
好評のうちに終了しました。


二日間で300弱
ダウンロードしていただきました。

葵の魅力を
少しだけでも
おわかりいただければと思います


ところで
この画像
ネットでは有名なようです。
著作権的には、あれですが

上手いなあ、って思います

0911322


fsatosi at 00:12コメント(0)トラックバック(0) 
世間 | 更新

2014年09月18日

本日、番外編
「ひとりしずか」がKindleにて出版されました。

土曜日の昼過ぎから
無料配布になりますので
お見逃し無く。





fsatosi at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
更新 
先日、Kindleで出した

雨のち葵い空

おかげさまで
瞬間風速でしたが

Amazon売り上げベスト20入り

を果たしました。
皆様のお陰です。
m(__)m


気を良くして
(調子に乗って)

外伝というか
ちょっとした一場面を
ショートストーリーにして

雨のち葵い空 番外編
『ひとりしずか』

として出版しました。
週末に、無料配布を予定してます。
この機会に
ご一読ください。


fsatosi at 08:30コメント(0)トラックバック(0) 
更新 

2014年09月04日

以前からご紹介しています
妻物語様の
「混乱する夫」という作品ですが

いつものように
木彫り人形に盆踊りをさせたような
ぎこちない硬質さを持ったまま
いっきょ、3つ更新されました。

素晴らしい。

この方の文体は
私とはあまりに違いすぎるため
影響を一切受けずにすむというのも
確かにあるんですが
いつの間にか、この文体の虜になっていて
何か、クセになるんですよ。

もし、ご興味があったら
一度、ご覧ください。
ただ、妻物語様は
一覧性があまり良くないため
過去ログに戻るのがちょっと大変かも知れません。

今日現在で
BBS2にある
過去のタブ9あたりにある
1月5日のところがスタートになると思います。

ただし、私のファンの方にとっては
あまりに違う文体に
拒絶反応が先になることもあるかと思います。

お気をつけて。


雨のち葵い空
がお気に召してくださって
こちらにいらっしゃった方は
ぜひ、カノン、もご覧くださいね。





fsatosi at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
更新 | 読書

2014年09月01日

タイトルは「青空」を予定していたんですが
東京地方は今日も雨です。

ところで
この作品の舞台は
大正時代の東京郊外
という設定なのですが郊外と言っても
当時はタヌキも、イノシシも住んでる三鷹村です。

私としては
具体的な地形を思い浮かべながら書いたのですが
読者の方々には、あまり関係ないですよね

ただ、この洋館は実在します。
あ、違った
「実在しました」です。

明治に建てられた洋館は
むしろ基本通りでして
大正期に入ってからの民間の洋館は
使い勝手が悪いということから
畳の部屋が増えたそうです。

まあ、女の子を膝に乗せてお尻を叩くなら
いすに座るよりも
畳の上の方が、断然、エッチですものね。


このあたり、大正の暮らしの恩恵を受けてます。

ちなみに、この時代の東京は
既に電気による明かりの恩恵を受けています。
ガス灯から電気に変わる過渡期なんですね。

で、関東大震災で一気に変わりました。

本日は、関東大震災の火。
この日、浅草の凌雲閣も崩れ
街は火に包まれ
東京の暮らしは一気に変わりました。


先人の暮らしに思いをはせつつ
今日もエッチにいそしみたい古川です





fsatosi at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
世間 | 更新
一昨日からお話ししている新刊が
本日出版されました。

「雨のち葵い空」です。

完全書き下ろしの
ロリ系小説

カノンの茜ちゃんが
お気に召した方は
お読みいただけると幸いです。






fsatosi at 08:00コメント(0)トラックバック(0) 
更新 
amazon
blogram投票ボタン
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

古川さとし

Archives