2017年05月18日

書いて、もらえる

昨日、書きました
「ライターが安い!」
の件ですが

どうやら、安いのが「基準」らしいですね

4000字4000円くらいのものを
けっこう、見かけました。


これで、書く人いるのかな?

新聞の投書欄ですら
400字くらいで3000円の
図書カードがもらえて
しかも、二十代の人が書いたら
たいていは、簡単に載るのに。




考えてみたら

古川は子どものころから
けっこう、こういう投書欄で
稼いできました。


新聞とか雑誌の投稿って
かなり、効率が良かったんです。
自分の家で取ってない新聞にも載せて

確か、読売が一番高かったような
あれ?
気のせいかな?



それに、当時の若者文化を象徴する
ピアという雑誌は、
欄外枠の「はみ出しyouとピア」
というネタ欄がありました

あれ、なんて
何回載ったか。

まあ、あれは、無報酬でしたけど^_^


それに、中学生のとき
ベネッセの「チャレンジ」という
通信講座のオマケ的な会員誌
あれに「ショートショート」を
募集していて載りました。

確か
あれで一万円もらったのが
考えてみれば
はじめの「小説の収入」でした。

それと
ヤングマガジンも
読者投稿欄か充実してて
あれ、特選だと10万もらえました。

昔は、けっこう、高額なのが
あったんですよね〜

今は、ラジオなんかだと
投稿が読まれても
数人に「番組特製ステッカー」とか
( ̄∀ ̄)


厳しい時代ですね〜




fsatosi at 14:15コメント(0)トラックバック(0) 
世間 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

amazon
blogram投票ボタン
訪問者数

livedoor プロフィール