2017年05月29日

有害文章? その2

今朝の記事の続きです。

どうやら作者さん達とそのファンから
「なんで、内輪で楽しんでるのを
勝手に大公開してくれるんだ!」

というあたりが、大元の反発のようです。

感情論ではあります。

学問の自由という点で言えば
この反発は身勝手でしかありません

いくらマイナー分野だろうと
いくら身内意識で書こうと
いくら18禁にしようと

いったん、他者が読めるようにしてしまった以上
作品は、独立した存在になりますから
それを分析するのは、学者の勝手です。

それとプロらしき方の
「それならプロの作品を買って
 それを分析して資料にしろ」
と言う意見もみかけましたが

「フィルタリング」という目的のためなら
ネットで自由に見られるモノ出ないとダメでしょう。
その意味でも、この方のご意見は違うと思います。

また「作者に断りなく勝手に分析したのは失礼だ」
「著作権を持っているのに、勝手に分析するのは違法だ」
という意見も読みましたが

たとえば村上春樹という作家の書いた作品は
今も、どこかの学生が卒論で取り上げ分析しているはずです
でも、分析する前に村上春樹の許可を取り付ける
なんてことをする人はいません。
そして、学問の世界で「失礼」というのも
いかがなものでしょうか?

「失礼」というのなら
世界の村上春樹の文体やらテーマやら
小説作法について
あれこれと、一学生が勝手なことを言う方が
もっと、もっと失礼なことになります。

しかし、学問の世界に「失礼」なんてことを言う人はいません。


とはいえ

この元作品の半数以上が
BL分野の上に、二次創作とよばれる
元作品の世界を内輪で楽しむために
書かれている以上は
分析される方はたまったものではありません。

誰にも見せないはずの
「自分を慰めている行為を自撮り」しておいたら
勝手にネットにさらされた気分に近いのでしょうね


でも、なあ

私は、今回の論文を作った方を
批判したくはありません。


ところで
もしも、なんらかの学問的理由で
古川の作品を利用なさりたい方が
いらっしゃいましたら
公開しているものについては、ご自由にどうぞ。

お買い求めいただければ
有料作品の方も、お使いください。
場合によっては、無償提供もいたします。

って、いるわけないですよね
(@^▽^@)

fsatosi at 21:13コメント(0)トラックバック(0) 
世間 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

amazon
blogram投票ボタン
訪問者数

livedoor プロフィール