2016年07月23日

明日、選挙戦最終日

今日で選挙戦も6日目。
市政変革への流れがどんどん高まっているのを実感しています。
このまま勢いに乗って市長を代え、益田を変えていきましょう!


今日も24ヶ所で街頭演説を行ないました。
まだまだ声は大丈夫です。

夜は、吉田小学校で「福原慎太郎必勝総決起大会」。
大勢の方にお集まりいただきました。本当にありがとうございました。


明日は、選挙戦最終日となりました。
26ヶ所で街頭演説の予定をしています。
夕方は益田地区から駅前通りをずっと「桃太郎」行進します。

どうぞ皆さんの応援をよろしくお願いします。



福原慎太郎ホームページ
http://www.f-shintaro.com
「市長選活動日程」参照

fshintaro at 00:11|Permalink

2016年07月21日

新聞記事&広告

昨日20日付の山陰中央新報24面「石見版」に福原慎太郎および福慎会の新聞広告と候補者の横顔が掲載されています。

どうぞご覧ください。


20160721山陰中央広告


fshintaro at 06:51|Permalink

2016年07月19日

選挙戦の日程

市長選挙、3日目が終わりました。

本当に多くの方に演説をお聞きいただき、車中やご自宅から手を振っていただくなど、温かいご支援をいただいていることに、心より感謝申し上げます。

「今度はしっかり勝ってよ!」という皆さんの厳しくも熱いお声にすべてが現れていると思います。
皆さんのお声をしっかりと受け止めています。


選挙戦の街頭演説の場所や個人演説会などの日程をホームページに掲載しています。
ぜひご都合のつく場所で街頭演説や個人演説会にお越しをください。
お待ちしています。

福原慎太郎ホームページ
http://www.f-shintaro.com/

fshintaro at 23:17|Permalink

2016年07月17日

出陣式&選挙戦初日

本日は、朝から益田市長選挙の出陣式を行ないました。

本当に多くの皆さんにお越しいただきました。ありがとうございました。

選挙戦初日は実家近くで第一声を行ない、その後は各地区をまわりました。

皆さんからいただいたお言葉で印象的なのは、
「今回はとにかく当選してもらわんと困る!」
というものでした。

皆さん熱烈に、口々におっしゃってくださいましたが、本当に有難いことです。

また、多くの方々が手を振ってくださいました。
若い方が車から手を振ってくださった方が多かったのが印象的でした。
ありがとうございました。

明日も早朝からの運動になります。
しっかり頑張ります。

若者集合! 〜若い力で益田を変えよう!

本日、初日の個人演説会として、下記の通り若者集会を開催します。
いつの時代も、変革の波をつくるのは、若い力です。
若い力を結集し、益田を大きく変える場としたいと思います。

ぜひ誘い合って、ご参加ください。

あなたの参加が益田を変えます。


「若者集会」
時間:19時30分より
場所:商工会議所1Fホール



2016年07月16日

感謝、感謝、感謝。 〜明日から、益田市長選挙

明日、いよいよ益田市長選挙が告示され、一週間の選挙戦が始まります。

連日、女性の皆さんを中心として多くのボランティアの方々が事務所に集ってくださっています。
事務所スタッフの皆さんも夜遅くまで本当に頑張ってくれています。

各地で集会を開催していただいたり、応援をしてくださったりと、これまで以上に多くの方々がご支援の輪を広げてくださっています。

多くの企業の皆さんも会社を訪問を受け入れてくださいました。

様々な方々が私、福原慎太郎のために力を尽くしてくださっています。

12年前からそうですが、利害関係もなく、自分のためではなく、「益田を良くしたい」、「福原慎太郎を当選させたい」という想いで集ってくださった皆さん。

このようなことを奇跡というのでしょう。

皆さんには、ただただ感謝、感謝、感謝です。

あとは、皆さんと一緒に勝ち抜きます。
ともに、頑張りましょう!

2016年07月12日

明日、「益田市長選挙公開討論会」

明日、下記の通り「益田市長選挙公開討論会」が開催されます。
今後の益田市政をどのように選択するか、判断をする貴重な機会です。

一人でも多くの方にご来場いただき、実際にご自分の目と耳でお確かめいただきたく思います。
一緒に益田の未来を考えましょう。


日時:平成28年7月13日(水) 開場18:00、開会18:30、閉会20:30
会場:益田市 市民学習センター多目的ホール
定員:250名(入場無料)
主催:公益財団法人益田青年会議所


益田青年会議所ホームページ
http://www.masuda-jc.org/



2016年07月08日

福原慎太郎ホームページ開設

 福原慎太郎ホームページを開設しました。
 ぜひご覧ください。

 これからさらに充実させていきますので、よろしくお願いします。


福原慎太郎ホームページ
http://www.f-shintaro.com/

2016年06月26日

宮城県の皆様 くまがい大候補へのご支援を!

 今日は、現在行なわれている参議院議員選挙のご支援のお願いです。

 宮城県の皆様、くまがい大(ゆたか)候補(自由民主党)に対し、絶大なるご支援をよろしくお願いいたします。

 くまがい候補は、私の松下政経塾の後輩にあたり、これまでも教育をはじめ、地道に努力を積み重ね、6年前の参議院議員選挙で初当選してまいりました。

 自民党では、小泉進次郎青年局長時代に、局長の右腕として青年局長代理を務め、被災地訪問事業「TEAM−11」を地元選出議員として主導し、被災地の声を国政に届けてきました。

 今回は大変厳しい選挙を戦っています。どうか宮城県の皆様のご支持、ご支援をくまがい候補にお寄せいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


くまがい大ホームページ
http://kumagai-yutaka.jp/index.html

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/YutakaKumagaiOfficial

ツイッター
https://twitter.com/kumagai_yutaka

改めて意志統一

 今日もあいさつまわりをさせていただき、午後からは選挙に向けての意思統一を図る会を催しました。

 本当に素晴らしい方に恵まれ、お世話になっていることを、改めて有難く思います。このご恩は、いい益田市、社会をつくることで、必ずお返しします。

フェイスブック「福原慎太郎後援会」ページに、「いいね!」を

 福原慎太郎後援会では、フェイスブック上にもページを作成しています。

 ぜひ多くの方にご覧いただき、「いいね!」をしていただければ幸いです。
 今後もどんどん情報発信していきます。


福原慎太郎後援会フェイスブックページ
https://www.facebook.com/fshintaro.kouenkai/

2016年06月24日

節目の日に

 今日もおかげさまで朝から充実した一日でした。

 ご協力をいただいた皆様に、感謝、感謝です。ありがとうございます。


 そして、今日はますますいい流れとなる大きな出来事がたくさんありました。

 もちろん、一見良くないことのように思えることでも、大きな流れで見ると、いい方向に向かっていることがわかります。目の前に起こることをそうした視点で見られるようになったことも、この間の進化かもしれません。

 具体的なことがなかなか書けず申し訳ないのですが、そのうちに見えてくると思います。


 今日から一ヵ月後、益田がまた新たに変わっていきます。そうした節目の日にふさわしい、本当に有難い一日でした。

2016年06月21日

期待感

 今日も多くの方々にお支えいただいた一日でした。皆様ありがとうございました。

 「期待感が日に日に高まっているね」、本日いただいた有難いお言葉です。

 やるべきことはたくさんありますが、皆様の想いや期待されるお気持ちを十分に受け止め、一歩一歩精進してまいります。

2016年06月20日

報道記事訂正

 昨日(19日)の山陰中央新報25面の記事について、内容的には概ね妥当と思いますが、下記の点が事実と異なっていますので、訂正します。

1.「後援会顧問として精力的に支えてきた田中八洲男県議」
 田中県議には、これまでもお世話になっていますが、「後援会顧問」に就任いただいた事実はありません。

2.「桜並木の整備による地域振興構想」
 先日作成した新たなパンフレットでは、「福原慎太郎の『未来像』」として、「世界にひとつだけの『桜の丘のまち』をつくろう」という構想を掲げていますが、「桜並木」をつくるという文言はありません。また、そうした考えもございません。
 これについては、改めてブログでも紹介します。


以上、正確にご理解をいただければ幸いです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

2016年06月18日

総決起大会お礼

 先日の総決起大会には、大勢の皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

 おかげさまで、無事当初の目的を達成し、終了することができました。

 残念ながら、応援弁士としてお招きしていた、下村博文・前文部科学大臣は東京都知事の辞任問題の影響を受けて急遽お越しいただくことができませんでした。自民党東京都連幹部をお務めのため、どうしても東京を離れられないとのことでした。

 ただ、非常に温かいビデオメッセージをお寄せくださり、大変有難いことでした。

 下村先生からは、
 ・教育再生首長会議を立ち上げ、事務局長を務めた福原慎太郎への評価
 ・最初の失敗から学んだからこそ、今の安倍総理、安倍内閣がある
 ・現状維持は、衰退
 ・ぜひ、選挙期間中に、応援に行きたい
とのお言葉をいただき、ました。
会場の皆さんも喜んでおられる方がたくさんいらっしゃいました。

 告示まで残り一ヶ月を切りました。益田を変えるために多くの皆さんと対話を重ねてまいります。

2016年06月14日

大会前夜

 明日の決起大会に向けて、多くの方々が準備に携わってくださっています。事務所にお越しくださる方も日に日に増え、本当にありがたい限りです。

 本日も前日のつめの打ち合わせをしました。スタッフの皆さんも連日遅くまで頑張ってくれています。

 皆さんの想いに結果でしっかり応えることが自分に課せられた使命です。

 明日の大会から大きな変革のうねりを興していきます。どうぞ一人でも多くの皆さんのご来場をお待ちしております。

2016年06月13日

6/15(水) 「福原慎太郎総決起大会」開催!

 夏の決戦まで、残り一ヶ月となりました。

 明後日の15日(水)、下記の通り、「福原慎太郎総決起大会」を開催します。

 グラントワをいっぱいにして、益田を変える流れをつくりたいと考えています。
 どうぞお誘い合わせの上、ご来場ください。
 皆様のお越しをお待ちいたしております。

=========================
「福原慎太郎総決起大会」

日時:6月15日(水) 18:30〜19:45(予定)

場所:グラントワ大ホール

入場無料・申込不要

応援弁士:下村博文・自由民主党総裁特別補佐、前文部科学大臣

※手話通訳あり
※車いすスペース、介助者席、貸車いすも、事前にご連絡いただければ、先着順に確保いたします
※無料託児サービス:要申込、対応可能かどうか、下記事務所までご連絡ください。


連絡先:福原慎太郎後援会事務所
〒698-0025 益田市あけぼの西町9-14
電話 0856-22-7170
=========================

2016年05月10日

事務所スタッフ歓迎会

今日は、事務所スタッフの皆さんの歓迎会を行ないました。

これまでもそうですが、今回も素晴らしいご縁に恵まれ、本当に嬉しく、有難く思います。

益田を良くするという想いを込めて、心を一つにして頑張ってまいります。


今日はまたまた有難いご縁と嬉しい一報がありました。
また改めてお知らせします。

2016年05月05日

端午の節句に

今日は、端午の節句ですね。
鯉のぼりや五月人形など、楽しまれた方も多いと思います。

我が家でもミニ鯉のぼりを飾りました。
小さい頃は、鯉のぼりに入って遊んだことも懐かしい思い出です。

私は鯉のぼり自体よりも、なぜか「吹流し」の方が昔から好きでした。
カラフルで、今もお気に入りです。

こうした風習がこれからも続くことを祈っています。


そして、「こどもの日」でもある今日、未来を担う子供達のために、より良い益田、より良い日本にして引き渡していこうと決意を新たにしました。

fshintaro at 22:38|Permalink雑感 

2016年04月30日

「事務所開き」お礼

本日は、後援会事務所開きを実施しました。

素晴らしい晴天に恵まれ、また多くの方々にご出席をいただき、誠にありがとうございました。皆様方と夏の決戦に向けて、心を一つにできたのではないかと思います。

12年前の初挑戦以来、利害関係のない多くの皆さんにご支援いただけていることは、本当に有難く、嬉しく、また誇りに思っております。

自分自身が日々成長し、益田を良くすること、このことが自分の使命です。これからも素志貫徹で頑張ってまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

2016年04月29日

明日、福原慎太郎「後援会事務所開き」開催

先日もお伝えしましたが、明日30日(土)、福原慎太郎後援会事務所開きを実施します。

日時:4月30日(土) 10:00〜11:30
場所:あけぼの西町9-14 (国道191号線沿い・旧サンワード)
    ※あけぼの交差点と中吉田交差点の間で、191号線を高津方面に向かって左側です。


多くの皆様方と未来の益田を語り合い、そして夏に向けて何をすべきか、心を一つにするスタートダッシュの会にしたいと考えています。

また、新しい若手の応援団長も決まり、初めての登場です!
これまでにない福原慎太郎後援会の発進で、皆さんには「新しい選挙」、「新しい益田」への希望、ワクワク感を持っていただけると確信しています。

どなたでもご参加可能ですので、どうぞお気軽に、お誘い合わせの上、ご来場ください。



2016年04月28日

事務所開き神事

昨日は事務所開きにあたっての神事を執り行ないました。

4回目の選挙ですので、事務所開きの神事も4回目なのですが、今回は特に初めての不思議な感じになりました。
始まった瞬間、事務所が神社のような空間になり、言葉ではなかなか言い表せませんが、何か守られているというような感覚になりました。「日本は八百万の神様の国なんだ」ということを改めて感じたところです。

面白いのは、私だけでなく、出席者の多くが同じような感想を持っていたことです。今回は神棚も、しめ縄も、支援者の方がわざわざ作ってくださいました。本当に有難い限りです。

そうした皆さんの想いや自然の流れがいい形で後押しをしてくださっていると感じています。どんどん事務所がいい雰囲気になってきています。

あえて私の誕生日に合わせた訳ではありませんが、本当に素晴らしい時間と空間でした。
ありがとうございました!


P1080275P1080301

2016年04月27日

誕生日を迎えて

本日は、43回目の誕生日を迎えました。多くの祝意をいただきましたことに、心より感謝申し上げます。

今日は朝から事務所開きに際しての神事を執り行ないました。日程の都合で、30日の会と分けさせていただいております。

また、その他のことも含め、43回目にして、本当に多くの出来事があった誕生日でした。とても有難く受け止めております。


誕生日は祝っていただくのも有難いのですが、「両親や多くの方々に感謝をする日」と、特に子供が産まれて以来、受け止めています。

皆様方に感謝を申し上げ、またしっかりと自分の使命を果たしてまいる所存です。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年04月25日

今月30日(土)、「後援会事務所開き」実施!

しばらく更新ができておらず、すいません。

今週末の30日(土)、後援会事務所開きを実施します。
現在も2階を事務所としておりますが、1階を中心に事務所といたします。


日時:4月30日(土) 10:00〜11:30
場所:あけぼの西町9-14 (国道191号線沿い・旧サンワード)
    ※あけぼの交差点と中吉田交差点の間で、191号線を高津方面に向かって左側です。


事務所開きは、どなたでもご参加いただけます。
多くの皆様方と未来の益田を語り合い、夢を広げる会にしたいと思います。
どうぞお気軽に、お誘い合わせの上、ご来場ください。
皆様とお会いできることを楽しみにしております。

2016年03月18日

映画「ちはやふる」明日公開

 小倉百人一首競技かるたを題材にした漫画「ちはやふる」が映画化され、明日公開されます。

 こんな時が来るとは思いもしませんでした。すごいことです。東京や大阪などでは、大会参加者が多くて運営も大変なようですね。

 映画も、明日は[上の句]が公開され、4月29日には[下の句]が公開されるようで、いきなりの連続上映は「スターウォーズか?」と突っ込んでしまいたくなるほどです(笑)

 ぜひ映画がヒット作となることを祈っています。


映画「ちはやふる」公式サイト
http://chihayafuru-movie.com/


fshintaro at 23:34|Permalink小倉百人一首かるた 

2016年03月15日

益田市長選挙 出馬表明

 本日午前、7月に実施予定の益田市長選挙への出馬表明記者会見を行ないました。

 平成16年以来、4回連続4度目の市長選挙となります。

 「なぜそこまでして益田市長なの?」と尋ねられることもありますが、「益田が好きだから」、「生まれ育った益田を良くしたい」という思い以外にありません。

 以前も活動再開について想いを述べる中で触れていますが、県議や国政といった他のステージでの挑戦を勧めてくださる方もいらっしゃいました。しかし、私のふるさと益田への想いは変わりません。

 また、益田の現状を招いてしまったのは、ひとえに私の力不足によるもので、私に責任があります。自らの責任で益田の建て直しを図る、その覚悟です。


 今日は、テレビはNHK、民放3社、ひとまろビジョン、新聞は地元紙、ブロック紙、大手3社と、益田や浜田に拠点を置くすべての報道機関にお越しいただきました。お忙しい中、誠にありがとうございました。

 詳細は、また後日述べます。

2016年03月14日

明日、記者会見します

 明日午前、私の今後の活動についての記者会見を行ないます。

 また報道をご覧いただければ幸いです。

2016年03月08日

四半世紀、変わらぬ想い

 私が益田のことを考えるようになったのは10代ですが、特に高校の頃から、「益田をどうすれば良くできるか」ということを考えるようになったのですが、その頃から関心が強くなったのが、「なぜ地方が衰退していくのか?」ということでした。地方にとっては今も変わらないテーマですね。

 当時は、「東京一極集中」の問題が大きく取りざたされていた時期でもあり、自分自身もその問題を強く感じていました。また、どうしてそのようになっているのか、疑問に思っていました。

 高校3年の大学受験では、推薦試験を受けたのですが、その前に小論文作成の練習をしたことがあります。その時に作った文章と思われるものが手元に残っていますが、この中で東京一極集中のことを取り上げています。

 元々文章能力があまりなく恥ずかしい限りなのですが、文章の巧拙は置いといて私の当時の想いが現れているものなので、下記にそのまま転載します。ご笑覧ください。


 現在、人や物など全てが大都市に集中し、特に東京一極集中には多くの疑問が投げかけられている。そして、地方は人口が減少し、衰退の方向に向かっている。集落がなくなってしまった例も全国には多数みられる。

 しかし、都市では人口増加によって地価は上がり普通のサラリーマンでは都心に住めず郊外へと住居を求めて移る。最近では新幹線通勤といって静岡県や新潟県までもが東京の通勤圏となっているという。はたしてそれが便利で豊かな生活なのだろうか、一戸建ての家に住めず、自動車の車庫も近くに持てない都会の生活になぜ魅力を感じるのか。私は地方こそ豊かだと思う。先日発表された「経済白書」では、私の住んでいる島根県は五位だという。何が豊かなのだろうと思ったりもした。だが、地方の人間は都会の物だけの豊かさに目を奪われ、地方の自然、文化、歴史、風土などの本当の意味での豊かさを忘れてしまっているのではないか。他県から益田に来た人は決まって「海がきれいだ。」と言う。工業が未発達な地域だけに自然のままの美しさが残っている。私はいつかこの豊かな自然に人々が目を向ける時期が来ると思うので大事にしていきたい。

 次に、地方から全国に挑戦している一人の男がいる。出雲市長岩國哲人氏であるが、この人は全国で最も有名な政治家の一人に数えられるだろう。人口わずか八万、一地方都市でも、全国大学駅伝、木造では日本最大の出雲ドームなど少し変わった発想で国内を驚かせている。こんな小さな町でも、地方でもやればできるのである。

 これからも都市への人口流出は続くかもしれない。しかし、便利で豊かな都会は、人間にとって一番大事なものが無くなってしまっている。地方には地方の魅力がある。私もこれから都会に出ることがあるだろうが、将来は必ず自分を育ててくれた郷土の発展のために貢献していこうと思う。


 ※原稿用紙に記述しているため、漢数字使用


 ちなみに、これをもとに指導してくださった先生が、「自分の言いたいことを一つに絞る」、「一貫性を持たせる」、「構成を考える」、「一文を短くする」などのアドバイスを記載してくれています。

 今から10年以上前になりますが、松下政経塾にいた頃か、最初の市長選挙に出馬した後かにこの文書が出てきました。高校生当時から自分が今とそう変わらないことを思っていたことにびっくりした記憶があります。

 高校卒業後は、東京での学生生活、名古屋での社会人生活を通して、自分自身は少し都市的発想になっていました。そうしたことを経て、松下政経塾時代に地方のあり方や自分自身をを掘り下げる中で今のような益田の価値を見出したのですが、潜在的には高校生当時と変わっていなかったということに気づかされました。

 考えてみれば、四半世紀の間、私の想いは変わっていません。決してこの10数年の想いではない訳ですね。



fshintaro at 23:20|Permalink

2016年02月26日

本 「社長室のデスクはなぜこの向きなのか?」

 少し前に知人から紹介された本を詠み終えました。

 「社長室のデスクはなぜこの向きなのか?」(B.M.豊田著、ごま書房新社)

 「机の向きを変えるだけで、部屋が、人生が、みるみる変わる!」というサブタイトルがついているように、机の向きを変え、部屋を書斎化することで、人生が変わるという内容です。

 具体的にステップを踏んで書かれていますので、どなたにでも取り組める内容かと思います。本当に大切なものを発掘する、知ることが一番大事だということのようです。

 私自身、ここ数年、極力最低限のものしか買わないようにしてきましたが、最低限のもので十分に幸せに暮らしていけるということも改めて感じてきただけに、この本に書いてあることは非常に納得がいきます。

 「社長室の」タイトルがついていますが、主には自宅での自分の部屋のことが(部屋や机がない方の事も含めて)書かれていますので、どなたにも参考になるのではないでしょうか。ご興味のある方はぜひどうぞ。


P1070878



fshintaro at 22:26|Permalink 

2016年02月24日

新年度予算案

 先日、益田市の新年度予算案が発表されました。

 新聞報道にもありましたが、基金(貯金)を大きく取り崩しての予算編成で、基金が底をつきそうな、本当に危機的な状況です。

 また、連日、島根県下の新年度予算案や事業案が報道されています。これを見るだけでも、結構他自治体は様々な新規の取組みをしていることが感じられます。益田市もしっかり頑張らないと、差がつくばかりでマズいです。


 予算案の詳細は、下記市ホームページをご覧ください。

http://www.city.masuda.lg.jp/soshiki/15/detail-20627.html
※こうした市民にとって重要な情報は、トップページの「新着情報」に掲載されることを希望します。



fshintaro at 22:54|Permalink市役所改革・財政再建 
プロフィール
月別過去記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

累計訪問者数