ブログネタ
健康・美容などの為に毎日の日課はありますか? に参加中!

朝食は食べた方がいい。それは分かってはいても「時間がない…」「食欲がな
い…」などなど、朝食を食べずに会社や学校に行く人が増えているようです。

脳にエネルギーを送ろう
朝、目覚めた時には、人間の身体はエネルギーが空っぽ状態です。胃袋も空っ
ぽですが、実は脳もお腹をすかせているのです。脳が順調に働くために必要な
エネルギー源はブドウ糖。主にご飯やパンなどの炭水化物からつくられますが
、脳はブドウ糖をためておくことができません。寝ている間も脳は働いている
ので、朝の脳はブドウ糖を使い切ってしまいスタミナ不足。すぐに脳を働かせ
るためにも朝食は「不可欠」なのです。足りなくなってしまうと脳は栄養不足
の為、イライラ、集中力低下の原因になってしまうのです。
また、朝食を取ると、睡眠中に低下した体温を上昇させ、脳の働きも活発にな
り、身体を目覚めさせてくれます。

朝食には
炭水化物…ご飯、パン、うどん
タンパク質…卵、大豆製品、肉、魚
ビタミン・ミネラル…緑黄色野菜、果物、海草
などをバランス良く取るのがベスト!

主食はパンやご飯などの炭水化物。野菜や肉をたくさん入れたスープを一緒に。
味噌汁は、野菜をたっぷり入れ具沢山にしたり、卵を落としてみても。
前の日のおかずを少し多めに作り、朝の一品に用意しておくなど時間をかけな
い工夫を。
時間がなければ、牛乳やヨーグルトやチーズ、バナナ、野菜や果物のジュース
だけでも取るようにしましょう。

夜遅い間食は避ける、がんばって朝少し早く起きてみる。
朝食は1日の始まりの大切な食事です。少しでも食べるように心がけてみて下
さい。