痛風は「尿酸」と呼ばれる体内の物質が原因で起こります。
 血液中に尿酸が増えてくると、関節の骨と骨のすき間にたまります。さらにその濃度が高くなると、尿酸はやがて結晶となって骨に付着します。写真Bは結晶化した尿酸です。これがなんらかの理由で骨からはがれると、白血球がそれを異物だととらえ破壊しようとします。このとき白血球から炎症を起こす物質が発生し、そのせいで関節が激しく痛むのです。

 尿酸の元になる物質は「プリン体」です。プリン体は細胞の核の重要な成分で、食事として取り入れたり体内で合成されたりします。
 プリン体が細胞で使われた後は、肝臓に集められて分解されます。プリン体が分解されたものが尿酸なのです。尿酸は肝臓から腎臓に送られて排泄されます。
 ところが、体内のプリン体が大量だったり腎臓の働きが弱かったりすると、尿酸を処理しきれません。その結果、排泄できなかった尿酸が体内に増え、最後は足などの関節にたまって結晶化するというわけです。



尿酸値に応じて治療を

 尿酸が体内にたまっているかどうかは、血液検査で尿酸値を調べると分かります。尿酸値が7.0(mg/dl)以上だと「高尿酸血症」という痛風予備軍に入ります。ただし、高尿酸血症になったからといって、ただちに痛風になるわけではありません。症状が出るまでに5年から10年かかるのが普通です。
 痛風の症状が無くて尿酸値が高い場合、尿酸値が9.0以上だと将来痛風になる可能性がかなり高いため、症状が無くても薬による治療をします。また、合併症(尿路結石・腎臓障害・脳卒中・心臓病)があったり、家族に痛風の人がいたりすれば、尿酸値8.0から治療を始めます。

 痛風には、(1)発作を抑える薬、(2)尿酸値をコントロールする薬の2種類があります。
 (1)は痛みには有効ですが、対症療法であり痛風の根本治療にはなりません。
 体内の尿酸を減らし関節の尿酸血症を取り除くには、(2)の薬が必要です。ただし、腎臓が悪くて尿酸がうまく排泄されないのか、肝臓が尿酸を作りすぎてしまうのかによって、処方される薬は異なります。これは合併症を防ぐ治療にもなります。
 尿酸値をコントロールする薬を半年ほどのみ続ければ、尿酸値は安定し、痛風の発作が起こらなくなる人は多いです。しかし痛風がおさまっても、すぐに薬を中止していいわけではありません。合併症があったり生活習慣が改善されないままでは、再び発作が起こる可能性が高いのです。
 特にご相談の方は、かなり若いうちから発症し、ご家族にも痛風があります。痛風の遺伝的・体質的な要因が濃厚だと考えられます。したがって、薬の量を減らすことはできますが、完全に薬を止めることは難しいかもしれませんね。
 尿酸値が6.3まで下がったということです。治療の目標は6.0以下が良いといいますから、もう少し頑張って下げていってください。



肥満は痛風に直結する

 「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」を計算した値をBMIといい、肥満の目安となります。BMIは18.5〜25が「ふつう」、25以上が「肥満」です。
 肥満の傾向が高いほど、高尿酸血症にかかる人が増えてきます=図3=。痛風患者の6割が肥満だとも言われます。これは、肥満のもとである脂肪細胞が尿酸の排出を邪魔するせいだと考えられています。
 ご相談者のBMIは現在27.7です。さらに体重を落とせば、尿酸値が下がり薬の量も減らせるのではないかと思います。



痛風は遺伝しやすい

 すでに述べたように痛風には遺伝の要因があり、ご相談者のご家族も当てはまるようです。したがって男のお子さんであれば、痛風になる可能性は高いと考えられます。しかし、一般に子供のうちは尿酸値が低く、成長期になって上昇し、20歳ぐらいで一定の尿酸値に達して安定すると言われます。痛風に十分気を付けるのは成人してからということになるでしょう。