血圧=心拍出量×血管抵抗 で表されます。血圧は、筋肉運動の最中は上
昇する傾向がありますが、これは心拍出量が増加するためです。しかし、筋肉
運動を継続することで、上(収縮期)、下(拡張期)の血圧とも3~4%低下する
ことを、1997年、米国のケリー博士らが、実証しています。

 これは、筋肉運動により、筋肉細胞の周辺の毛細血管が増生され、末梢血管
抵抗が低下する結果と思われます。
 カナダのマクマスター大学の研究チームが「米国心理学会」(2004年)で発
表した「グーパー運動の血圧に関する影響」の内容は、とても興味深いもので
す。
「30人の被験者に、週3回、一度につき10回のグーパー運動を8週間させた
ところ、上の血圧が下がった」
「血圧降下剤を服用している平均年齢62歳の8人の被験者に、1日4回、1回
につき2分間のグーパー運動を8週間課したところ、上の血圧が顕著に下がっ
た」というものです。

 この運動の実験期間中、エコーで、頸動脈の硬化度を調べてみたところ、実
験前と後では、頸動脈の弾力が増し、柔らかくなっていた、といいます。よって、
血圧の低下は、動脈硬化の改善によってもたらされたともいえます。
(「病は脚から」石原結實著より)

エッ、こんなことで血圧が下がるんですか!!と思わず叫びそうになる内容で
すが、人の身体って一見複雑に見えて結構、単純にできているようです。グー
パー運動は副作用もありませんから、血圧が気になる方は、お試しください。