2011年11月03日

二年目

気づいたら社会人二年目です。

もう26歳です。

子供のころ描いてた社会人、26歳。。

もっと大人っだったな。


こんな感じでおじいちゃんになるのかな。

・・・それはそれで楽しい人生そうだ。


今月は珍しく色々予定が入ってるなぁ。

一人でいるのは嫌じゃない

というか好きだけどね。

まぁ楽しもっと!


てか一年ぶりの日記でした!!



fshun820 at 16:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年10月12日

ボケ

僕はボケてるみたいだ。

ある案件を一緒にやっている

Tさんと話にデスクに行った。

Tさんって言ったら

誰も反応しない。

全然違う人だった。


電話を受けたら先輩で

メモある?って言われた。

メモ、あります。と答えた。

沈黙が続いた。

え、メモは?とまた聞かれた。

あ、準備出来てます。どうぞ、と答えた。



先輩が聞いてたのは自分あてのメモがあるのかだった。


僕はやっぱらりボケてるみたいだ。

fshun820 at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月01日

岡村

岡村やっぱまだ復帰じゃないんじゃん、

残念。

てか心配。

どーしたんだろうね。


またオファーシリーズ見たいなぁ。


今日家帰ったらSMAP編の

YouTube見ようっと。


今日はあとちょっとでおわりだ!

午後は内定式出てうまいもん喰って

雑談するだけだし。

後すこしがんばろっと。

fshun820 at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月30日

スーパーでお父さんとお母さんと息子のある三人家族を見ました。

お母さんは先に家に帰るようで

帰り際に、『晩御飯は焼きそばでいい?』

って聞いてました。

お父さんは『おー焼きそばでいいよー』

と言いながら息子の手をひいて

何処かに行きました。


そのさりげないやり取りを見て思いました。

・・・めちゃ幸せそうじゃん。

あーゆー普通の幸せな家庭がやっぱ1番いいよね。

仕事帰りに1人でスーパーに寄った青年は

思いましたとさ。


まぁまだ先の夢だけど!



fshun820 at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月25日

卒業式

本日、筑波大学体育専門学群の卒業式を迎えました。

若干24歳。

ついに社会に羽ばたく時が近づいてきました。

もう大学生としてのイベントはすべて終了です。

短かった。

ただ短かったな。


現役で不合格した時から、自分の人生には常に筑波大学体育専門学群が身近な存在で

授業がつまんないとかめんどいとか言いながらも

やっぱり本音はここに在籍している事に誇りや嬉しさを感じていて

いつしか当たり前になっていた体専。

そしてこの歴史と伝統に満ち溢れたでっかいでっかい器を

今日卒業しました。


祝賀会の最後に全員で肩組んで宣揚歌を歌いました。

素直に、感動しました。

一年休学したから知らない人ばっかだったけど

みんなの笑顔と宣揚歌の歌詞が心にすごく響いて

本当に気持ち良かったです。

本当に体専で大学生活を過ごせてよかった。


後残り数日のつくばライフ、しっかり謳歌しようと思います。

fshun820 at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年02月27日

幸せ

この放置しっぱなしの日記も毎日1〜5人がきているみたい。

誰なんだろ。

ま、いいか。





今AM二時ですがさっぱり眠れないのでちょっと今年を振り返ってみようと思います。(今日は6時半起きなのにw)


2009年元旦


元旦に友達と北海道神宮行って初めて自分で絵馬買ったな。

家族の健康と就職祈願書いたっけ確か。

やっぱ家族みんなが普通に健康で元気であることって大事。

なんでもない普通のことが幸せなんだよね。

ロードは良い歌詞書いてる、まじで。


2009年春

やっぱ就職活動でしょ。

人生で一番精神的に追い込まれました。

高校や大学受験て要は点数取れば受かるわけで、

学力だけで判断するのはどうなのかって議論は置いといて

まーある意味公平とういうか公正な、納得できる試験ですよね。


でも就活って、なにやれば受かるんでしょう?

一言じゃ言えない所が就活の怖さ。

いまだによくわかんないし、運的要素も多分に含まれているよねw



就職活動で僕がまず考えたことは、自分が将来どうありたいのか。

5年後10年後20年後・・・どう生きていたいのか。


いろいろ悩んで考えた結果、一言で言ったら

「幸せになりたい」

でした。


ここがスタート地点。

どういう業界で働くこと、どういう風に働くこと、給料は、社風はなど

自分が幸せであると思える価値観に沿って会社探しをしていきました。


まーそんなこんなであるメーカーから内定を頂き、自分的には結果にはとても満足していますし、

これから新しい人生が始まると思うととても楽しみです。


さて、この幸せって人それぞれなんでしょうけど

僕の幸せってのは、ロードの

「なんでもないようなことが幸せだったとおも〜う♪」

みたいな感じです。


前までスポーツ衣料店でバイトしてて、週末に子供連れて買い物に来る家族とか見てて

すごい微笑ましくて、自分も週末は子供と奥さんと一緒に買い物やキャンプとか行きたいなってすごく思って。

もともと子供好きってのはあるし、平日は仕事して飲みに行って、週末は家族と過ごす。

なんか典型的なサラリーマン像。

そんなん絶対いやだ、もっと派手な生活したいって昔は思ってたんだけど、

年取るごとにその「普通」ってのが実はすごく魅力的に見えてきて。

で、僕も少しづつ成長してきて、少しは遊べる人間になってきたから

この普通に幸せな生活をしながら、遊べる大人になれたらきっとすごい幸せなんじゃないかなーって思うようになりました。


あー言いたいことが難しいな。

要は遊べる大人はどこでも遊べて人生を楽しくできるし、

僕はその人生のベースを普通な生活にしたかったってことです。


まーめっちゃ抽象的な意見ですけど、こんな事を真剣に考えながら

将来について悩み葛藤しながら過ごした就職活動の日々でした。

電話来た時はもううれしくて心臓バクバクでしたね。







2009夏は…やっぱりテニス部引退、そして学生スポーツ引退かな。

けど長くなるからやめよ。

また書きます。




そいえば最近またケツメイシのトモダチ聞いてます。

やっぱ世界一の曲だ。

したっけ


fshun820 at 02:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月16日

とりあえず

日記を書けと言われたから書きます。

えっと、一年半ぶりだね。

…かなり久しぶりだ!

さっきID忘れてログインできなくてヘルプ機能でなんとか知ったくらいw


さてと、最近のぼくはというとですね・・・

毎日遊んでいます。

四月からついに社会人になるわけで、きっと毎日仕事に追われて忙しくなるんだと思う。

だから今のうちにたくさん遊んどけって社会人の先輩にいつも言われるので遊んでいるのです。

今日が何曜日なのかもさっぱり。

もう、毎日がパラダイスです。


ただ、ひまな時になるとやっぱり卒業という現実が頭をよぎります。

小学校・中学校・高校・大学と来て、一番自分が成長したのは大学を通してだと思う。

多くのことに新しく挑戦したし、学ぶことが多かった。

何かに挑んだり、時には堕落した日々を送ったり・・・今振り返るとなかなか楽しんだ大学生活を送っていたように思います。

大学卒業したらもう学生になることはないんだし、そういう意味で今までとは違う卒業だなと考えると、最近涙もろくなった僕はちょっと寂しくなります。

いきものがかりのYELLが心に響くわけです。





と、なんかまじめに書こうと思いましたが、いかんせん最近は遊んでばっかいるのでやっぱ深い内容は書けないっすわ!!w

とりま、これから北京旅行の準備→飲み会→早朝に北京へGO!!

なんだもんね。

また落ち着いたらまじめに書こうっと。


遊べる大人を目指す旅はまだまだこれから。







fshun820 at 15:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月14日

引退



ついにテニス部引退を迎えました。一回目の。

今思うことはとてもとても早かったという事。

見学してから入部した当日にループを走った事

はじめての練習後にお腹すきすぎて

すき家に行って食いすぎて死にそうになった事

一発芸の練習でY井とめっちゃ練習しながら二人で笑い転げてた事

ある日宿舎に帰ってきたらH谷川が僕の家でゲームをしてた事

K藤が辞めそうだからってみんなで励ましに行った事

O澤とゼビオまでチャリで行って近くで魚食った事

リーグ入れ替えでMきとのボーラーやって勝利に泣きそうになった事

I川と納会後にマック行って解放感で幸せだった事

Nしむが立川で何回も財布忘れてた事

二人とも初心者だったけどMついしと出たダブルスの大会で何回か勝った事


全部一年生の頃の思い出だけどホントちょっと前の様な気がします。

みんなとめっちゃ仲良くていつも遊んでいる連中なのかと言われたら

それは全員がいや、と否定するでしょう。

友達とか親友とかという言葉のくくりは適切ではないです。







仲間







この言葉が僕はあっていると思います。

辛い仕事も、部活も、共に努力し、切磋琢磨しあって、みんなで頑張ってきました
から。


友達の関係よりも時には深いつながりがそこにはあって

切っても切れない関係を作れるのが部活だと思います。



同期がみんな引退してしまったことは少し寂しいけど

最後までやりきるという自分自身の目標のために

僕はあと一年がんばろうと思います。




まぁ同期をたまにテニスに誘いながら。


fshun820 at 16:43|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2008年08月02日

テニス部

なんか久しぶりにブログを書いてみようと思ったので書いてみます。

小学校四年生から大学入るまでバレーボール部で、今はテニス部。

種類は違うけれど、少年団から部活と、ずっと学生スポーツに関わってきて遂に最後の部活、大学の体育会を後少しで引退します。。。






予定でした。

去年一年休学したので卒業も延びたし、もう一年やることにしました。

でも大学一年から共にテニスに勉学に大学生活のほとんどを一緒に過ごした同期12人は引退してしまいます。
大学の体育会の引退とは高校までのそれとはわけが違うと思います。だってもうこの後一生学生としてスポーツに取り組む事がほぼないからね。コーチや選手として、または趣味としてテニスに関わることはいくらでも出来ますが、やっぱり学生として、体育会としてのテニスとは全く違うモノでしょう。仲間と一緒にひたむきにボールを追う今はやっぱり違うと思う。


僕は引退まで後一年以上あるし、ぶっちゃけ引退に対して思う事はそんなにありません。





と、思っていました。けど、同期12人が引退する事、みんなで最後のリーグに向ってまとまっていく姿を見て僕もなんか色々思う様になりました。
高校までは自分の代ではいつもレギュラーだったし、一個上の代でもレギュラーとして選ばれたことは多々ありました。だから同期が引退する姿をコート外から見るのは初めてなんです。だけど、気持は今まで経験した引退と同じ、いやもっと強い気持ちかもしれません。
本当に、心の底からみんなに勝って欲しいと思えるんですね。
日本中からこの部活に偶然集まった13人で、辛い仕事や部活を乗り越え、遊んだり、色々した仲間が去って行くのに、「まだ俺は来年もあるし」なんて言葉は死んでも言えません。そんな気持ちになってきました。

団体行動があんま好きじゃない奴、部活辞めかけた奴、サッカーの方が好きな奴、個性がとにかく強くて色々もめた代だけど、みんなと会えたのは僕にとって、とてもとても幸せな事なんだったと思う。そう思ってない奴がいても、僕はこの大学のこの部活のこの代に入れて本当に良かったなぁと思う。
じゃなきゃやっぱこんな気持ちになれないっしょ。


僕にとっては一回目の引退が後二か月でやってきます。
選手としてチームに貢献することは出来ないだろうけど、裏方として勝利に貢献したい。
それまで悔いなく共にがんばっていこうと思った、そんな今日。

まずは夏関がんばろーっと。

しゅん







ではここで一曲聞いてください。
ケツメイシで、

「トモダチ」

http://jp.youtube.com/watch?v=vpAeAqUYYFk&feature=related


ずっと友だちだが時は経ち
変わりゆく街の中で共に育ち
この街から力溜め一からの
スタートを切った君に幸あれ

ずっと友だちだが時は経ち
離れた街と町で別々の道
選んだりRandomされた人生を
共に生きてる君に幸あれ







fshun820 at 21:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月19日

おじさん

お久しぶりです。

もう日本に帰国してからはや二ヶ月。

本当にNZ行ったんだろうか?なんてたまに思うしゅんです。

最近はまたつくば独特のゆる〜い時間の流れに呑まれています。

よくないですね〜。

自分からアクション起こさないと。

将来の事を見据えて生活しないとだめですね。


ただ自分の中で変わったかもしれない事、この前ひとつ気がつきました。

夜中、一人で部屋にいるとなんかむしょ〜にイライラしてきて

部屋を何回も往復してる意味不明な自分に気づいたときです。

なんか夜ひとりでいることがつまらなくなったんですね。

NZではフラットで生活することが多く、居間に行けば常にだれかいて

一緒に料理したり遊んだり、一人で過ごすことが少なかったんです。

昔は夜中一人でネットしたりテレビ見たりだらだらするのが好きだったのに

今はちょっと話し相手を求めちゃってる自分がいます。変な感じ。

こーゆー時はやっぱパートナーかなぁ。。。なんて。



最後に、今日は湯楽の里に○本さんと○澤と行ってきました。

久しぶりの銭湯気持ちよかったです。

昔は長湯が大嫌いだったんですけど、最近はしゃべりながら何時間でもいれる気がします。

浴衣着て、のんびりと温泉旅行にでも行きたいもんです。

もうおじさんになったのかな。





fshun820 at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)