今回は特殊なコースとして、いわき市から相馬駅までご案内。

時間の都合上、いわき市富岡町までは車中からで。富岡町からは車を降りての説明をさせていただきました。
今日は大学OB会の皆様という事で、震災後まだ富岡駅も壊れている頃にも来ていただいたそうです。IMG_0731

富岡町の夜の森なの桜もすっかり落葉してました。来春まで寂しくなる並木になりますね。
色々と変わった景色を見て、ため息をつかれる方もいらっしゃいました。まだまだ復興してると言えないねぇとか、大きく深呼吸して放射線量下がるように俺が吸い込んで持ち帰ると言ってくれてる方、皆さま真剣に考えてくれていました。
浪江町は請戸地区へ。
大平山の慰霊碑のあるとこから見える黄色い草原。一見綺麗にも見れますが、セイダカアワダチソウな原っぱと化してました。

ここからは以北の南相馬や相馬が分からないので、ほぼガイドは出来ずでした。
IMG_0735
IMG_0736
IMG_0737

経由友会の皆様ありがとうございました。


Fスタディツアー
坂本雅彦


このたびの西日本豪雨や北海道の地震、そして全国各地での台風により被害に遭われた地域の皆様におかれましては、心よりお見舞い申しあげますとともに、一日も早い復旧をお祈り申しあげます。

9月のスタディツアーへ、たくさんのご参加ありがとうございました。
13件のスタディツアー開催、参加人数は95人でした。1ヶ月での件数、参加人数ともに記録更新となりました。福島にたくさんのご関心をお持ちくださり、足を運んでいただきまして誠にありがとうございます。

参加されたのは、個人から団体まで、団体様においては、会社研修の一環や企業としてやれる事などを視察といった目的で来られていました。また、大学生も夏休みを利用し、個人からゼミの学びの場として、現地を直接見に来てくださいました。
IMG_8855
IMG_9850


また、多いのは関東圏からですが、九州や静岡、仙台など各方面から足を運んでいただけました。

現在目立つところでは、高速道路を走行中に大型ダンプが何台も連なっているのが遭遇します。こちらは、中間貯蔵施設へ向けて除染除去土を運搬しています。毎日たくさんの運搬作業が行われています。
それもあり、田んぼに山積みとされていた除染除去土を入れていた黒い袋のフレコンバックはかなり減りはじめています。これは、単純に喜べるのか、どうなのか見えるところ、身近な所からは無くなりましたが…中間貯蔵施設とは仮置き場なだけで、その先は?そこの土地はどうなるの?いつまで?色々と考えてしまいますね。未来へ丸投げされないでしっかりした処理方法など明確にしてほしいですね。
IMG_9864


富岡町の避難指示解除されているエリアで、お家は解体されて何もない敷地、除染されたお庭の一角で小さな畑をされているおばあちゃんを良く見かけて、一言のご挨拶をさせていただきます。
どこから通っているのでしょう。
今度、声かけさせていただきます。
IMG_9865


春は桜の満開が待ち遠しい、夜ノ森の桜の並木も紅葉が始まってました。これから落葉の時期になりますね。
IMG_0201
IMG_0200




6月にIBC岩手放送のアナウンサーで防災士で気象予報士でもある神山アナウンサーがFスタディツアーをご利用いただき福島の様子を取材してくれました。
その模様が放送されたようです。
日本各地で自然災害が続いてしまっています。
防災意識を高めていきたいですね。

Fスタディツアー
IMG_8251
IMG_8119
IMG_8020
IMG_7583



↑このページのトップヘ