2016年02月

2016年02月29日

心に残る維新劇場 レノファ山口J2初陣観戦記



IMG_8791


こんにちは。


先日の土曜日 J1開幕戦

フロンターレの応援に広島へ行きました。


フロンターレの勝利に歓喜を叫び

試合後は例によって祝勝会に突入・・・



IMG_8799


そして勝利の美酒と広島焼きを堪能した後


僕は新幹線で新山口へ移動しました。



IMG_8807


翌日曜日に行われるJ2開幕戦。


レノファ山口 vs ファジアーノ岡山 を観るためです。


新山口駅はサポーター歓迎ムードに溢れていました。



IMG_8808


土曜日は午後はずっと雨で

霧に煙る新山口の街が 少し幻想的でした。


駅の近くにあったこの表示・・・


IMG_8811


答え分かりますか?


結構難問ですよね・・・・ (^_^)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



さて翌朝 レノファ山口のホームスタジアム

維新百年記念公園陸上競技場(←長い)へ。


新山口駅からJR山口線で向かいます。


IMG_8813


10:15 発の列車は2両編成のディーゼル車。



IMG_8814


う~ん・・・ 渋い!



そんな車内はスタジアムへ向かうサポーターで超満員!


そしてその大半はファジアーノサポでした。


ちょうど岡山から

新幹線で来たサポの皆さんが乗ってきたようです。



IMG_8816


JR山口線の車窓は 本当にのどかでしたね~


サッカーを観に行くというより 

古刹や旧跡を訪ねる趣です・・・・



IMG_8819


そんなわけで 新山口から13分ほどで大歳駅に到着。


こののどかな無人駅が スタジアム最寄り駅です。



IMG_8821


そして列車から一斉に降りるサポーター・・・


きっと 大歳駅開業以来の大賑わいでは???



IMG_8820


この時点で ワクワク感満点でした。


(^_^)



IMG_8822


さて そんなJR大歳駅ですが


この駅は別名 「レノファ応援駅」!



IMG_8826


そしてレノファ山口の公式マスコット「レノ丸」が歓迎。



IMG_8828


歓迎されているのか 


挑発しているのか



よく分からないキャラクターです・・・・


(^_^;)



IMG_8825


駅にも両クラブの幟が掲げられ


友好ムード満点ですね~



さて、駅からスタジアムへの道のりですが


とっても分かりやすいです。


IMG_8831


必要以上に分かりやすい 



オレンジの線・・・



(^_^;)



IMG_8834


はい そんなわけでスタジアムに到着。


開門前だというのに もの凄い人でした。



IMG_8840


メインスタンドからゴール裏まで伸びる開門待ちの列。


J2の経済効果は凄いです!



IMG_8836


レノファのJ2初陣を記念した

新聞社の号外も配られていて

とても華やかな雰囲気でしたね。



そして謎のユルキャラも多数ご来場・・・


IMG_8838


かなり微妙なキャラ達でした・・・・



IMG_8842



そんな中に 明治安田生命のキャラクター


「うさりん」 を発見!


IMG_8843


カメラを向けると 左足を上げてポーズ。


なかなか芸が細かいぞ・・・ うさりん!



IMG_8844


では、スタジアムグルメを堪能しましょう。


スタジアム外の屋台村が美味しそうでしたが

かなり混雑していたので

スタジアム内で調達しました・・・・



IMG_8846


秋吉台高原牛カルビ丼

ビーフコロッケ

ビール


(^_^)


IMG_8867


そして 熱い男!! 鳥養選手プロデュース

「炎の激辛唐揚げ」 を購入。


どれも美味しかったけど


鳥養選手プロデュースの唐揚げが一番かな・・・


(^_^)



20160228_124027


選手紹介では 

昨シーズンまでブラウブリッツ秋田でプレーした

島川選手の画像に胸が熱くなりました。


頑張れ!島川!



IMG_8858


そしていよいよ選手入場です!


す・・・ 凄い!!!


なんだこのレノファサポーターの人数!!!




IMG_8859


ゴール裏も メインスタンドも


オレンジのサポーターで埋め尽くされている!




IMG_8860


このクラブ、3年前は地域リーグですよ!



これぞ維新・・・・


いや山口の奇跡です!



IMG_8865


対するファジアーノ岡山サポーター。


近県ということもあって 


凄まじい人数が山口に集結!


リオ五輪代表選手を擁し

今シーズンはJ1昇格が至上命題。


大迫力の応援でした!


IMG_8863


さて、試合ですが


キックオフ直後は岡山ペース。

球際の激しさと素早いボール回しで山口を翻弄。

山口はかなり混乱している感じでした。


しかし シンプルなボール回しと縦への速さ

全員で走り回るサッカーが身上の山口が


即座に反撃!


前半5分

見事なカウンターから島屋選手がゴールを決める!


IMG_8872


総立ちの維新スタジアムは



もう 本当に鳥肌ものでした!



IMG_8881


しかし悲願のJ1昇格へ向け

絶対に負けられない岡山も怒涛の反撃。


52分に


矢島選手がミドルをぶち込み同点!




IMG_8869


両チームとも気持ちの入った素晴らしい試合でした。



IMG_8884


後半途中で 島川選手も出場。


来た甲斐ありました! (^_^)



IMG_8895


互いに攻め 懸命に守り


譲らない試合は 1-1 のドローに終わりました。



IMG_8894


でも 本当に素晴らしい試合!


溌剌とした 走りきるサッカーを展開した両チーム。


恐れず 手を抜かず 貪欲にゴールへ迫るサッカー。




心から感動しました。



IMG_8887


至誠にして動かざる者は 未だ之れ有らざるなり。



(訳注)

こちらがこの上もない誠の心を尽くしても

感動しなかったという人には

いまだあったためしがない。

※誠を尽くせば、人は必ず心動かされる。



IMG_8890


レノファ山口は 3年前は地域リーグでした。


JFL、J3を各々僅か1年で通過し


その痛快なまでの攻撃サッカーで


今、これだけの支持を地元から受けている。



クラブの高い志が 人の心を動かしている。




サッカーは人を繋げ 街を一つにする


故郷を愛し 故郷を呼び戻す力がある。



この日 ここにいたこと。


目の前の光景に ただ感動すること。


それは試合だけじゃありません。


その全てが サッカーの魅力です。



IMG_8837


(レノファ山口の幟のメッセージ)


夢無きものに 理想無し

理想無きものに 計画無し

計画無きものに 実行無し

実行無きものに 感動無し


(よって)


夢無きものに 感動無し




吉田松陰


IMG_8905


スタジアムには 夢がある。




サッカーのある街 山口。


またいつか 来たいと思います。




にほんブログ村


人気ブログランキングへ

fsuppo at 22:10|PermalinkComments(9)TrackBack(0) Fサポの サッカー場(ば)放浪記 | その他国内観戦記

2016年02月27日

さあ行け、20年目のフロンターレ!vs サンフレッチェ広島



IMG_8687



こんにちは。


今日は いよいよ待ちに待った


Jリーグ開幕の日でしたね!



フロンターレの開幕戦はアウェー広島・・・



IMG_8688


もちろん広島へ応援にいきましたよ!


空港で顔見知りのサポさん達とご挨拶・・・


「今日は絶対に勝ちましょうね!」 っとガッチリ握手!



毎年こうして新しいシーズンが始まります。



IMG_8689


東京羽田空港を飛び立ち 

1時間半で広島空港に到着。




なんだか東京より寒く感じる・・・・



IMG_8691


広島空港からはリムジンバスで広島市街へ向かいます。


そんなバスで乗り合わせたサポさんから

缶ビールのお差し入れを頂く。


(^_^)



IMG_8693


広島空港から凡そ40分


中筋駅でアストラムラインに乗り換え・・・



IMG_8695


アストラムラインの中でも軽く(?)ビールを飲みながら


広域公園駅に到着しました。


ここからエディオンスタジアムへは

ひたすら上り坂の登山(?)となります・・・



IMG_8699


こうしてスタジアムが近づいてくると


期待感がふつふつと沸いてきますね・・・・



IMG_8700


アウェー側入り口に掲示されていた


このインビテーション。



よく見ると・・・・


IMG_8701


「山登り、お疲れ様でした。」 の文言・・・・


確かに疲れました・・・



IMG_8715


そんなわけで決戦前。


ふろん太君も

「カブレラ」のポシェットと共に遥々広島へ来てました。



雨が降り かなり寒い広島・・・


IMG_8706


そんなわけで今日は シーフードパスタを食す。



IMG_8708


ドリンクは黒霧島のお湯割り・・・・



店員さん 「濃い目にしますか?」


Fサポ 「はい!」



IMG_8709


それ、ちょっと濃すぎでは・・・・・


(^_^;) 「・・・・・・」




IMG_8710


これは体が温まる・・・・・



そして異様に酔いが回る・・・・



IMG_8712


その頃 コンコースでは決起集会!


新加入選手達のチャント練習が始まりました。


期待と気合を込めて歌います。



IMG_8720


そんなわけで いよいよ臨戦態勢・・・


開幕戦勝利へ向けて

サポーターのボルテージは上がりっぱなしです!



IMG_8736


冷たい雨が降り続く 生憎の天候でしたが


ホーム広島のサポーターの熱気も凄い!



IMG_8745


昨季のJリーグ王者と開幕戦で戦える幸せ。


この試合に勝って 勢いに乗りたいフロンターレ。



IMG_8766


遠方アウェーながら

これだけ多くのフロサポが駆けつけた・・・・



IMG_8773


今シーズンに賭ける想いは

クラブも 選手達も そしてサポーターも一緒。



一進一退の攻防に声を枯らし


歌って 叫んで 悴む手で拍手して




フロンターレ



勝ちました!



 




IMG_8776



その瞬間


回りの皆が 誰彼構わず


皆で抱き合って喜びました・・・・




IMG_8783


遠く広島まで来て

雨の中凍えながら応援した甲斐ありました。



ここ(ビッグアーチ)ではずっと勝てなかった・・・


相手は昨季王者の広島です。



IMG_8787



だからこその 嬉しさです!



IMG_8789



この瞬間を味わうために


僕らはここに来て 声の限り応援したのです。



この

「やりきった」感が サポーターの自己満足・・・



好きな人やものを

とことん応援する恍惚と不安。



IMG_8793



この気持ち・・・


言葉で表現するのは難しいです。



IMG_8790


サッカーの試合って


一期一会の最たるものなんですよ。



ここに来て 応援できた一日に感謝。



IMG_8794


試合後は広島の市街地へ・・・・・



IMG_8799


ささやかな祝勝会です・・・・



IMG_8802


広島といえば 牡蠣




そして 広島といえば・・・・



IMG_8805


お好み焼きだす!





こうして始まりました・・・・



フロンターレを追う新しいシーズンが。



IMG_8776



20年前 ほんの数人しかいなかったフロンターレサポーター。



でも今 遠い広島アウェーに


これだけの人が来て 声を枯らすのです・・・




夢見れば現(うつつ)。





IMG_8759


今年こそ皆で


最高の夢を見ましょう!






にほんブログ村

fsuppo at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月25日

フロンターレの2016シーズンが 始まります!



IMG_8680


こんにちは。


今朝は・・・ というか昨日の夜から


随分と寒かったですね~


昨夜は東京にも雪が舞い 

自宅への帰路は体の芯から冷え 震えました。



IMG_8681


それでも季節は 着実に春に向かっていると感じます。


そして明後日 いよいよJリーグが開幕しますね!



IMG_8683


去年の最終節が終わった時には

気の遠くなるような長い長いオフだと思いましたが

過ぎてしまえば あっという間・・・・・



そんなわけで Jリーグ開幕に備え

選手名鑑を買いました!

(^_^)



IMG_8684


自宅の学習用(?)には エルゴラ版を・・・・



そしてスタジアム携帯用に


IMG_8685


日刊スポーツ版を買いました。


両方とも J1 J2 J3 を確り網羅してます。



そしてまずはフロンターレのページを熟読・・・・


エルゴラ版の選手のキャッチフレーズが面白過ぎる・・・・


(^_^)



死角なしの最恐ストライカー  大久保嘉人


ポジション疑う得点力  エウシーニョ(一応DFです)


このフレーズはいいとして・・・


IMG_7610



開花を待つ最高傑作  三好康児(18才)


開花を待つ天才  狩野健太(29才)



狩野の開花・・・ 遅すぎ・・・???




「三好の同期」とは言わせない  板倉滉(19才)



板倉のキャッチフレーズ・・・ そこかよ!







ダークな仕事人  車屋紳太郎




いつの間にかダークサイド認定・・・?



IMG_8137


はい、そんなわけで


2016年のフロンターレが始まります!




僕が今シーズン


個人的に一番期待する選手は・・・・



IMG_7041



槇原敬之



チョン・ソンリョン選手です!



IMG_7088



宮崎&沖縄キャンプで観た感じでは


そうとうやってくれそうです!



IMG_7095


♪ どんな時も~ どんな時も~


♪ 迷い探し続ける日々が~


♪ 答えになること 僕は知ってるから~





IMG_7185



そんなわけで 


いよいよですね!



IMG_7213



明後日 


エディオンスタジアム広島でお会い致しましょう!



IMG_1023




さぁ~ 行け! フロンターレ!



IMG_1011



にほんブログ村


人気ブログランキングへ

fsuppo at 21:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0) フロンターレ 

2016年02月23日

奇跡の旅 (後編)



20160221_081225


日曜日の朝 強い風の音で目が覚めた。


ホテルの窓から外を眺めると

鶴岡の空には低い不穏な雲がたちこめ

その雲がもの凄い勢いで風に流されていた。


どうやら今日は大荒れの天気になる模様・・・



IMG_8595


今回の旅で泊まった宿は 東京第一ホテル鶴岡さん。


このホテルには2つの魅力があります。



20160221_095424


一つは 最上階に展望大浴場があること。


しかも天然温泉で、サウナや露天風呂も完備。


さらに・・・


いつも空いている。


この日も大きな浴槽に一人浸かり

流れゆく雲を眺めていた・・・・


仕事があるウィークデーなら

慌ただしくシャワーを浴びるだけなので

ゆっくり温泉に浸かりながら 流れる雲を眺めるなんて


ささやかながら 極上のひと時です。


(;´∀`)




そして もう一つは・・・・


20160221_082542


とっても美味しい朝食バイキングです。


一見 何の変哲も無いバイキングですが


ご飯の炊き加減

味噌汁の出汁

地元の本物の漬物

シャキシャキの新鮮野菜

ヘタが取り除かれたプチトマト

おろし玉ねぎの絶妙なドレッシング


そしておそらく

日本一美味しいスクランブルエッグ!


その細やかな気遣いが素晴らしいバイキングなのです。


20160221_082949


そして 庄内名物 「しょうゆの実」 (右側)


これが美味い!


ご飯の上に乗っけても良し。

お粥に混ぜても良し。

キュウリにつけても良し。



温泉に入って 美味しい朝食を摂って


外は風雨が激しいし・・・・


このまま 一人でホテルで寝ていたい・・・


(-_-) (← コラ!)



20160221_110028


でも チェックアウトの時間を迎え

この日もまた一人 鶴岡の街を歩きました。



IMG_8600


強い風に傘は吹き飛ばされそうで


時折霙(みぞれ)が地面を叩く荒天・・・・



少し 寂しさが募ります・・・・


IMG_8607


こうしてやって来たのは

鶴岡カトリック教会天主堂。


IMG_8613


この教会は1903年の創建。

東北地方最古のロマネスク様式の教会建築物です。



IMG_8621


日曜日のミサは既に終わっていて

館内に人影無し。



IMG_8627


僕は父親がカトリックの敬虔なクリスチャンで

子供の頃 毎週土曜日は教会へ行っていました。


そして今でも強く印象に残っているのは

夏休みに教会で寝泊まりする サマースクール。


小学生の頃 夏に10日間くらい

神父さんや伝道師さんと教会で過ごしました。


そうして10日経つと 

子供ながらに全く別の人間になります。



神の存在を明確に感じ 信じ 

神=良心 を絶対に裏切れなくなるのです。



IMG_8624


この世に怖いものが無くなる一方


絶対に悪いことが出来なくなる・・・


「天の父(イエスキリスト)は

 いつもあなたのことを見ているのです。」



っという教えを頑なに信じるようになるからです。



IMG_8601


子供の頃の原体験は

大人になった今でも 心の奥底に残っている。



良心に従え という意味で


自分のバックボーンであり続けている。



IMG_8629



さて すっかり体が冷え切ってしまったので


温めに行きましょう♪


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1456026298677


栄光富士の熱燗で! (← コラ!)



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1456026796650


今が旬の ヤリイカ ホッコクアカエビ(甘海老)

そして日本海の寒ブリ。



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1456029149653


盃を傾け 地元の旬を楽しむ

ゆったりとした時間・・・


この街にしか無い時間が ここにあります。



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1456029413010


縁もゆかりも無いけれど


僕はこの街(鶴岡)が 心から好きです。



IMG_8641


いつかこの街に住みたいな・・・・


ってくらい 鶴岡が好きです。



IMG_8643


では そろそろ 東京へ帰ります・・・・



IMG_8645


(-_-;) 「・・・・」



でもいいんです。


別に急ぐ旅でも無し・・・・・




IMG_8648


新潟行きの 特急いなほ は

凡そ45分遅れで鶴岡を発車・・・・



IMG_8665


車窓には 大荒れの日本海・・・・・


東京への帰路は 何故か長く長く感じる・・・・



IMG_8676


「奇跡の旅」なんてタイトルを付けましたが


ただ飲んで 歩いただけの 何も無い旅です・・・・




IMG_8631


でも 僕にとっては


今回の旅は やっぱり奇跡の旅でした・・・・



仕事に身を捧げ 人生と格闘する時はもう過ぎました。


全て 自分がリードしようという責任感より


もう少し 今を楽しんでみてはと囁かれた旅。



IMG_8585


思い切って 扉を開けてみるのが旅。


その扉の向こうにこそ


本当の旅が キットある・・・





fsuppo at 22:20|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 個人的なこと | 街歩き、食べ歩き、飲み歩き・・・・・

2016年02月21日

奇跡の旅 (前編)




IMG_5878


こんにちは。


昨今は株価も為替相場も不安定な乱高下を繰り返し


こう見えて 一応忙しいFサポです。


日々プレッシャーとストレスにまみれながら働いてます。



もちろん明るく 日々前向きに働いてます。




でも時に 心折れそうになる時もあるのです・・・・



IMG_8474


そんな時 週末に一人ふらりと 出かけたくなるのです。




旅に出ます


探さないで下さい・・・・




IMG_8475


っと言う訳で

今週末はJR東日本が発売しているとってもお得な切符

「週末パス」を利用して旅に出ました。


この「週末パス」は 8,730円で

関東甲信越&南東北の列車が週末乗り放題なのです。

※特急券は別途必要。



IMG_8477


そんなわけで しばし現実逃避の旅へ・・・


東京上野を出て1時間余り


トンネルを抜けると そこは雪国だった・・・



IMG_8481


上越新幹線の車窓に広がる南魚沼の山々・・・


気分はすっかり旅人です。



IMG_8484


やがて広がる 見渡す限りの越後平野・・・・



IMG_8487


そして巨大なビッグスワン!



IMG_8488


東京上野を出て僅か2時間・・・・


新潟駅に到着です。



IMG_8489


新潟駅で こんな珍しい場面に遭遇・・・・


恋する新幹線(?) 

Kissする 新幹線・・・



IMG_8490


さて、この日は

サッカーの応援で新潟へ来たわけではありません。


ここで在来線特急に乗り換え

日本海を北上するのです。



IMG_8491


特急いなほ 


なんだか以前と比べ 雰囲気が変わりましたね・・・



IMG_8493


新潟駅で買ったビールと「アルビレックス勝ちの種」。


ほろ酔い気分で いざ!



IMG_8499


新潟県の村上駅を過ぎると 列車は日本海へ・・・


本当に海に手が届きそうな沿岸を走ります。



IMG_8506


これは旅情をそそりますね~



IMG_8514


鉛色の冬の日本海もまた

秋田の港町出身の僕にとっては原風景の一つ・・・


そんな車窓の風景を ぼーっと眺めていると


心の疲れが すーっと抜けていく感じがします・・・



IMG_8516


そんなわけで 今回の目的地 庄内鶴岡に到着。


山形県の沿岸部 庄内平野に佇む静かな城下町・・・


個人的にこの街 大好きなんです。


(*'▽')



20160220_125445


薄曇りで 風も無く

意外に寒くなかったです・・・・


駅前に人影は疎らで


とっても静かな街です・・・・



IMG_8519


時刻は13時・・・・


先ずは昼ごはん(昼飲み)に

個人的に大好きなお店

「千葉寿司」さんへ行きました。


もう何度もお邪魔しているお店なので

お店に入ると


「どうも、いらっしゃい。お酒、燗ですね。」


と、庄内の地酒「栄光富士」の燗を出してくれます。


IMG_8520


そしていつものように 庄内浜の地魚を頂く・・・


美味い!  (*^_^*)



このお店のお刺身は 本当に美味しいんです!


なんて言うか・・・

客に本当に美味しいものを 美味しく食べさせたい

そんな心意気と 優しさを感じるのです。



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455943168597


もちろん 寿司も絶品です!



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455943347138


絶妙な酢加減の庄内米のシャリがほどける食感・・・


朝東京で起き 昼庄内で寿司をつまむ・・・


そんな非日常に浸る昼下がりです。



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455943342821


こちらのお店では 「鱈汁」 はお終いだそうで

春の鶴岡の名物 「孟宗汁」 を頂きました。


鶴岡の地の孟宗筍は未だ先だそうですが

この走りの孟宗汁・・・・


めっちゃ美味しかったです!



世界一の孟宗汁に認定致します! (認定者:Fサポ)


この孟宗汁・・・ 全世界の人に食べて頂きたいです・・・



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455945044099


こうして心とお腹を満たし

しばし静かな鶴岡の街を一人歩く・・・・



IMG_8523


静か というか 少し寂しい感じの街なのですが


普段絶対に出会えない なんとも言えない味があるのです。



IMG_8526


さて、そんな鶴岡の中心部から路線バスに乗って


僕はあるところを目指しました。



古びた路線バスに揺られること30分・・・


IMG_8533


着いたのは霊峰羽黒山の入り口 「随神門」です。


鶴岡市街には雪は殆どありませんでしたが


羽黒山は根雪の中にありました・・・・



IMG_8535


随神門から下る石段は雪に覆われ

降りるのは ちょっと怖かったです・・・・



IMG_8537


この季節 すれ違う人も無く


聴こえるのは 川の音と滝の音のみ・・・



IMG_8538
IMG_8543


この頃には シトシトと雨が降り出し


辺り全てが静寂に包まれていきました・・・



IMG_8546


そんな寂しさというか


心洗われるような静けさが 羽黒山の魅力です。



IMG_8548


ここは 一人で来るに限ります・・・


耳を澄ます なんて行為


都会では忘れてしまっている。



IMG_8549


心を解き放つようでいて


心を研ぎ澄ますような時間と空間なのです・・・



IMG_8553


そして出会う 国宝 「羽黒山五重塔」



IMG_8558


雪の中に建つ 凛とした姿に背筋が伸びる想い・・・



IMG_8555


こんな山の中に


こんな厳しい環境に


何百年と立ち続ける五重塔・・・



IMG_8564


自分の悩みなんて ちっぽけなものに思える・・・



それが


そう思えることが ここに来る意味



ここに来た意味です。



IMG_8565


・・・・・・・・・・・・・・・・・



IMG_8568


さて、鶴岡市街に戻り 陽も暮れ・・・・


そろそろ一献行きましょうか。



IMG_8569


鶴岡駅前から路線バスに乗り


南銀座へやって来ました。



まあ、銀座と言っても・・・・


IMG_8570


こんな寂しい界隈ですが・・・・


(^_^;)



IMG_8571


ここに Fサポいち推しの

素晴らしい居酒屋さんがあるのです!



IMG_8572


それがここ!


いな舟 さんです。



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455958826748


庄内地酒の「大山」の燗に


山菜とエゴ酢味噌のお通しが嬉しい・・・



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455959696004


この時期旬の 鮃と槍烏賊のお刺身・・・


静かな店内で 一人銚子を傾ける至福の時。



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455960617930


お料理は 女将のお任せにします。


今の時分の庄内の旬を

心のこもった調理で 適度な間隔で供してくれます。



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455962659824


このお店は お料理の美味しさ 

雰囲気の良さもさることながら


お店の方の柔らかい庄内弁が素敵です。


僕がこのお店に来るのは1年ぶり3回目ですが


お店の方が


「お客さん、1年ぶりかの~」


女将さんも 給仕の女性も 

その話し方 接客が

とても物腰柔らかい・・・・・


「よく来てけだの~」



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455964318062


いな舟さんの 鱈汁・・・・



これ、世界一の 「鱈汁」 に認定致します!


(認定者:Fサポ)



本当に美味しいです。



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455964389781


そしてこの時期のいな舟さんの〆といえばこれ・・・


天然寒鱈の タラコ飯・・・・・


これ、世界一のタラコ飯に認定致します!


(^_^;) (← 世界一が多いね・・・・)



IMG_8572


このお店に来ると 鶴岡に移住したくなる。


それにしても このお店の給仕の女性 


何とも言えない雰囲気があって

本当に大好きです。




さて、いつもなら ここで宿へ帰るのですが・・・・


この日は 土砂降りの雨の中


もう一軒目指してみました。


IMG_8579


昔栄えた鶴岡の歓楽街 「七日町」 です・・・・



IMG_8578


今では ぽつんぽつんと


僅かなネオンが灯る町・・・・・・



IMG_8586


そんな街の一角に佇む 小さなお店・・・・



IMG_8585


南蛮居酒屋89(やぐ)


古びたドアを開ける・・・・・・



IMG_8583


南蛮居酒屋とは 即ち バーのこと。


鳥の巣箱のような小さなお店は

カウンター8席のみ。


マスターは御年79才のご婦人。


気風のいい 白髪の婆ちゃんです。


IMG_8584


年配の男性の二人連れが先客。


僕はカウンターの一番端っこに座ろうとすると


マスターの婆ちゃんが


「お兄さん、真ん中へどうぞ!」



そして


「うちの店、初めてだね。どっから(来た)?」


「東京です。」


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455967603265

 
すかさず隣の先客のご年配が


「お兄さん、なんだってこんな街に東京から来たの?」


「僕は・・・ 鶴岡が、この街が好きなんです。」


「へぇ~ 嬉しいこと言ってくれるね!」



「お兄さん、何飲む?」



「冷っこい(ひゃっこい)のにすれば!」



「では、その冷っこいのをお願いします。」


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455970011259


冷っこいのとは


常連さんに大人気の


スカイ・ボールというカクテル。


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455967537187


銅の冷っこいカップで供されるカクテル。


その横には珍しい「ドライいちじく」が添えられる。


そして 初めて来た客に渡すという 


マスター(婆ちゃん)の折紙細工。



それから 色んな話をした・・・・



やがて先客も帰り


店には僕一人になった。


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455967924917


何杯かカップを空け


「最後に、冷っこいのもう一杯お願いします・・・」



「お兄さん、せっかくだから、

 オリジナルカクテル飲んでってけれ。」


「あたしの自慢は、89オリジナルNo.2!」



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455969990352


「えっ? No.1じゃないんですか?」


「No.1は、好きじゃない。No.2を飲んでおくれ!」


「でもルールがあるのよ。作ってから5分以内に飲む!」




「カクテルは二口で飲め!ですね。知ってます。」



「よし!美味しいの作ってあげるよ!」



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455968052962


そして シェーカーを降り始めた婆ちゃん。


その姿・・・・


本当に格好良かった!



そして飲んだ 89オリジナルNo.2


信じられないくらい美味しかった!



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455967603265


それから 二人でずっと話した・・・・


このお店は婆ちゃんのご主人が始めた店で

ご主人が無くなった後

婆ちゃんが一人で続けている・・・



「店を初めて今年て49年さ。あと1年で50年!」

「うちは大晦日と正月二日以外年中無休。」

「毎日ここで働くのが楽しいのさ。」



「この店の営業時間って何時から何時ですか?」



「18時から23時の5時間さ。」

「でも、あたしゃ5時間きし働いてる訳じゃないよ。」

「開店前から氷をグラスに合わせ切ってるのさ。」

(始めて来たお客さんに渡す)

「折紙も折らなきゃいけないしね!」



_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1455968052962


「お兄さん、今日はありがとね。」



「よかったらまた寄っておくれよ!」





IMG_8587


お店を出て そぼ降る雨の中


一人宿へと歩いた・・・・・



何故か 少し涙が出て来た。




89(やぐ)の婆ちゃんに 



不思議な 勇気をもらった。





(つづく)



IMG_8582


fsuppo at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 個人的なこと | Fサポの 酒場放浪記