2020年 アウェーの旅早春の一人旅 ~高知編(1)~

2020年02月02日

冬の一人旅2020 ~庄内・鶴岡~




20200123_202739



こんにちは




昨年末から少し重たい仕事を抱え




年が明けてから 仕事に追われる日々に







なんだかちょっと




東京を離れてみたい気持ちになりました














20200124_201000



ビジネスとか数字とか



雑踏とか喧噪から少し離れ






雪の降る静かな街へ




束の間の逃避行をしたいな・・・・と













20200125_110403


そんな先週の土曜日



一人やって来たのは東京羽田空港・・・













20200125_110349



突然思い立ち




ちょっと 北の方へ・・・













20200125_105109



行先は庄内空港・・・



雪降る静かな城下町「鶴岡」を目指します。













20200125_113310


では、行って来ます・・・



(´▽`)/














20200125_113458



東京よ・・・ さらばじゃ!





(´▽`)/ ← 翌日戻るんだろ















20200125_120051


東北の山々は雪化粧していたけど



例年1月はもっと真っ白なはず・・・




今年はやはり暖冬なのか・・・












20200125_120429



羽田空港を発ち30分ほどで飛行機は降下を始め



この雪雲を抜ければ雪降る庄内平野(のはず)












20200125_121039


雪・・・ 全く無し








orz ガーン















20200125_122503


雪のかけらも無い庄内空港に着陸・・・



雪見酒の願望は




無残にも打ち砕かれた・・・




(ノД`)・゜・。 













20200125_122536


(庄内空港にある看板)



米のうまいところに



悪い人はあんまりいません。





(´▽`*) あんまり・・・














20200125_130837



空港からバスに乗って



午後1時頃、鶴岡駅前に到着・・・




お腹が空いたので 早速昼ご飯へ













20200125_132932



じゃ~ん!





庄内牛サーロインステーキ with 庄内野菜










20200125_133036


赤ワインも付けちゃいましょう ♪




庄内牛は肉質がきめ細かく旨味濃く



たっぷり添えられた庄内野菜は滋味深く





\(´▽`)/ これは完璧なステーキプレートだっ!















20200125_140043


続いてやって来たのは



庄内の全ての酒蔵の銘柄が揃う日本酒Bar



「彩鶴」さん







旅といえば昼酒




鶴岡といえば昼地酒です!




(´▽`) ←




※彩鶴さんは土日は午前11:00オープン














20200125_141042


20200125_141522



お酒や肴は店主にお任せ・・・



庄内清酒の素晴らしさ



揃えた希少な銘柄の凄さもさることながら






酒の保存状態や提供温度



粋な酒器や食器



地の旬にこだわった酒肴













20200125_142759


20200125_143205



その全てが完璧で・・・




完璧であるが故に




昼間から飲み過ぎてしまうのです・・・








(@_@。 ← 自業自得や











・・・・・・・・・




20200125_153318



こうして一旦ホテルにチェックイン・・・



どこか観光にでも行こうかと思いながら




一瞬ベッドに横たわった瞬間に寝落ち・・・




(-_-)zzz














気づいたら日が暮れてました・・・






20200125_170224




疲れてるみたいです・・・(笑)







そんなわけで そろそろ晩酌タイム







一人ふらりと出掛けたのは・・・



鶴岡の老舗割烹「いな舟」さん













20200125_184348


凍てつく鶴岡の夜に 



温かく灯る明かりが嬉しい・・・












1579945823192


カウンターに一人座り



素朴ながら洗練された鶴岡料理で晩酌





今の時期の庄内の旬は「寒鱈」




向かって左手はこの時期の鱈子を使った名物料理



「子づけ」です・・・












1579946047413


刺身も寒鰤やホッコクアカエビ(甘海老)など



まさに真冬が旬の素材・・・














20200125_190408


20200125_194714


20200125_200106


20200125_200419



鱈の味噌漬け焼き



鱈の白子ポン酢



鱈汁(どんがら汁)



鱈子醤油漬ごはん





まさに真冬の鱈のオンパレード!





(´▽`) 心から、しみじみ美味い・・・









静かなカウンターで一人




鱈を肴に 燗酒が沁みる・・・




東京には無い寛ぎの時間と空間です・・・












20200125_203000


こうして心とお腹を満たし



凍てつく夜の人影無い道を一人歩く・・・









今宵も、あのお店へ・・・















20200125_203022



気温0度の寒々とした路地裏に




今宵もポツンと灯るBarの看板・・・














1579951985995



ここは鶴岡の老舗オーセンティックBar



「89(やぐ)」さんです。






鳥の巣箱のような小さな店




80才を超える女性が一人で営む店







ピカピカに磨かれたグラスとシェイカーが



正統派のBarであることを物語る・・・














20200125_220738



名物カクテル「スカイボール」




静かに流れるジャズ




路地に吹く風の音






この空間だけ、時間が止まっているみたいだ。






♪ It seems to me  you lived your life



   Like a candle in the wind






♪ And your footsteps will always fall here














20200125_220720



スカイボールを2杯飲み



長居はせずに帰る・・・





「寒い中、来てくれてありがとう。」




「また来て下さいね・・・。」

















20200125_214500



派手なものなど、何一つ無いけれど



しみじみ良い夜でした・・・














そんな夜の最後に・・・






20200125_212941



思わずラーメンを食べてしまったのは




内緒の方向で・・・






このラーメン屋さんは夜遅くだけ営業している


不思議なお店だけど・・・




化学調味料不使用の煮干し出汁のスープが旨く



その匂いに釣られて つい入店してしまうのです。





日本で唯一のユネスコ食文化創造都市「鶴岡」





さすがです・・・  m(__)m













20200125_214951


道行く人もいない 気温0度の帰り道・・・




ホテルに戻り、泥のように眠りました・・・









・・・・・・・・・・・





20200126_074512


翌朝起きると やはり雪は降っておらず



寒いけど 穏やかな天候です・・・











20200126_080912



ホテルの食堂で軽めの朝食。



庄内産の米「はえぬき」がめっちゃ美味しく



おかずは、納豆、漬物、味噌汁があれば十分。





シンプルなおかずで



白米をワシワシ食べる快感・・・





それだけでただ幸せです。





(´▽`)










朝食を済ませホテルをチェックアウト




鶴岡駅前から路線バスに乗ります・・・













20200126_105638



やって来たのは修験の山「羽黒山」



朱塗りの「随神門」をくぐれば



その先は出羽三山の神域です・・・














20200126_102814


冬のこの時期は 訪れる観光客も無く




水か流れる音以外は



何も聴こえない静寂が包む・・・














20200126_102923


例年ならば豪雪に埋まる羽黒山も



今年は暖冬ゆえ 雪は無く 少し残念・・・














20200126_103016


しばらく歩くと見えてくるのは



樹齢1,000年の天然記念物「爺杉」





そしてその向こうに見える「国宝 五重塔」














20200126_104220


平安期建立の「五重塔」



こんな厳しい自然の中 何百年も・・・




凛として立つその姿は優美極まりなく












20200126_103915



訪れる人がいないこの時期こそ



厳かな修験の山の真髄が味わえる気がします・・・













20200126_103348



都会の喧騒を忘れ 一人静寂に浸る旅・・・



ここにしか無い空気に触れる旅・・・













20200126_114358


羽黒山から路線バスで鶴岡市街へ戻り












20200126_114622



やって来たのは鶴岡カトリック教会天主堂



僕は一応・・・キリシタンなので













20200126_114745


誰もいない堂内で 一人静かに祈ります・・・



祈るのは




日々健康に暮らせていることへの感謝です。













20200126_114734


20200126_114657


教会は無料です・・・











20200126_114719


入口にある「献金箱」




僕はいつも 千円札をそっと入れます・・・



恵まれない人々の為に















僕も、嫁に恵まれてませんが・・・




orz ←













その後は行きつけの「千葉寿司」さんで



庄内地魚で熱燗といきたかったのですが・・・




千葉寿司さんは「本日貸切」でした・・・




orz












そんなわけで鶴岡駅前の地産地消のパスタ店



「Farinamore」さんへ・・・













20200126_125403


前菜は「庄内地野菜のヴァーニャソース」



これが抜群に美味い!





ソースつけずに、野菜だけでも十分に美味い!




\(´▽`)/












20200126_124742


月山ワインを頂きます・・・













20200126_130525



そして季節のパスタ



庄内寒鱈と寒中キャベツのカラスミパスタ






こ、これ・・・





(*゚∀゚) 美味いっ!







旬の寒鱈に甘味の濃い寒中キャベツがベストマッチ




カラスミのみのシンプルな味付けがベリーグッド





(´▽`) 久々に心から美味いパスタを食べた!














20200126_142136



この後は予定も無いので


空港行きバスの時間まで庄内清酒を飲みます ←














20200126_140217


このお店で教わった「にごり酒の燗」




冬なれば 冬なればこその至福の飲み方・・・














20200126_154138


店主お任せの「飲み比べ」













20200126_141522


20200126_170726


20200126_170719


20200126_170736



その後は希少な山形ワインを延々と・・・






日本酒Barなのに



ワインもチーズも完璧という驚き・・・











・・・・・・・・・・






20200126_190742



庄内空港行のバスの中でグッスリ眠って




飛行機の中でまたグッスリ眠って






気が付いたら東京羽田空港でした・・・















20200201_184727


20200126_204003



夜、東京の自宅に戻る・・・




旅はいつも 終わってしまえばあっという間です














20200123_190528



翌日からまた厳しい仕事・・・





重圧とやり甲斐とストレスと達成感




その全てが混在する場所へ戻ります・・・










鶴岡滞在30時間




ほんの束の間の逃避行でした・・・













20200125_140043


20200125_184348


20200125_203022


20200202_211945



それでも 心から癒される時間が



この街にはありました









静けさと素朴さ



美味しさと温かさ




凛とした空気と ゆっくり流れる時










大好きな街 鶴岡






また夏頃に行ければと思います・・・







fsuppo at 21:53│Comments(10) 街歩き、食べ歩き、飲み歩き・・・・・ 

この記事へのコメント

1. Posted by mari   2020年02月03日 10:20
5 素敵です
2. Posted by ももこ   2020年02月03日 11:28
5 鶴岡旅、素敵に語って頂き、市民として嬉しいです。また、お待ちしています。
3. Posted by YUKI   2020年02月03日 12:59
5 いつも楽しく拝見しております。忙しそうなので、お身体御自愛下さい。今年も等々力で、お逢いしましょう!
4. Posted by たがすくん   2020年02月03日 15:56
5 まだこばえっちゃ!つるおがさ!
のっ‼️
5. Posted by Yoshi   2020年02月03日 16:49
5 私は地元の人間ですが、
わぁー素敵行ってみたいと思える一人旅でした。庄内は美味しい物が沢山あります。またお越しいただいて開拓して下さい☺️
6. Posted by J   2020年02月03日 20:47
また来て下さい。
7. Posted by マエダリツ   2020年02月03日 22:16
5 私の故郷へどうも有り難う御座います、最後までお写真、コメントに大変感激致しました。雪の有る、雪の降る街、を見て頂きたかったです が残念ながら鶴岡も暖冬で田舎も困っております。次回は、鶴岡の奥座敷湯田川温泉でごゆっくりなさって下さいませ、古い古い温泉場です。有り難う御座いました。
8. Posted by 残月 永遠   2020年02月04日 05:50
ようこそ鶴岡へ。
9. Posted by さ   2020年02月04日 06:48
5 地元民です。地元が好きな私からするて地元の良さをうまく表現力して頂き、自分自身もう少し鶴岡に詳しくなりたいなと思うし
なにより地元がすきなのでこう上手く記事にしていただきとっても嬉しいです。
10. Posted by Fサポ   2020年02月04日 22:48

>コメント下さった皆さんへ

たくさんのコメント、本当にありがとうございました。

何気ない記事に5,000件くらいのアクセスがあって、少し驚いています。

拙い文章でお恥ずかしい限りですが、僕は鶴岡という街が心から好きで、その魅力をほんの少しでもお伝えしたくて記事を書きました。

地産地消、旬の時期に旬のものを、素材の持ち味を活かし作られる素朴にして洗練された庄内料理。スッキリした酸味と旨味の庄内清酒。海と平野と山々が美しく共存する格別の風景・・・

四季折々に通いたい、そんな街です、鶴岡は。

(´▽`)/

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2020年 アウェーの旅早春の一人旅 ~高知編(1)~