庄内

2018年12月27日

一人旅・・・ in クリスマス



20181222_154016



人生は旅




人はみな旅人










20181222_154052



クリスマスだっていうのに



何の予定もなく・・・









12/22~24日(3連休)






貯まったマイルで無料往復航空券を発券












20181222_154040



旅に出ます





探さないで下さい












20181223_093251


そんなわけで東京羽田空港から



フライト時間僅か40分・・・





ホワイトクリスマス





っというより





雪見酒にやってきたのは山形庄内空港





って






雪無いじゃん・・・






orz













20181223_093207



地元の方に聞くと


一時 50センチくらい雪が積もったものの



その後は暖かい日が続き



全部溶けてしまったと・・・・





(-_-;) 雪見酒が・・・・・














20181223_093152



雪が無い代わりに(?)



月がとても綺麗な夜でした・・・




よし、月見酒に変更 ♪ ← コラ!











20181223_093311



鶴岡駅前のホテルにチェックインし



そこから約2㎞ほどてくてく歩く・・・




人影疎らな南銀座商店街の先に



そのお店はあります・・・











20181223_093323



凍てつく夜に優しく灯る明かり



ここが僕がこよなく愛するお店・・・




庄内料理の割烹「いな舟」さんです。











20181222_184631



地産地消の素朴な庄内料理が味わえる店・・・



からとり、あさつきとエゴ、鱈子。





何気ないお通しだけど・・・




完璧なお通し・・・











20181222_190722



庄内浜の地魚のお造り












20181222_190814



鶴岡の12月といえば・・・



ハタハタの田楽です!






驚くほど粘りの強い卵・・・



これは東京では、まずお目にかかれません。













20181222_202049



〆は



納豆汁 弁慶めし 温海カブと柿大根





素朴でシンプル



でも、心から美味しいと言える料理












20181222_203825



冬至なので・・・



っと、南瓜と小豆を出して頂けるあたり



東北出身者として、ちょいと泣ける・・・











20181222_204104

20181222_204444



切山椒と庄内柿を最後に出してくれて・・・




鶴岡の素晴らしい食文化を堪能!




温かい接客と、心地よい空間・・・





ほんと、この街に住みたいくらい・・・






素敵な晩酌を、ありがとう!











20181222_220217






・・・・・・・・・・・・







20181223_115146



翌朝(23日)は、とっても寒い朝でした・・・











20181223_115333


き、君・・・



首長いけど



マフラーしなくて寒くないの・・・












20181223_133919



とり(鳥)あえず




寒くないかも(鴨)・・・・













20181223_121125



そんなわけで2日目のお昼は・・・



これまた僕が愛して止まないお店



鶴岡・千葉寿司さんへ・・・





もちろん飲みます・・・昼から。





それが、旅ってやつです。





なんで、それが旅ってやつなの?






「・・・」







(´▽`) ← ボーっと生きてんじゃねーよ!













20181223_121814



庄内浜の白身オールスター登場!



上真ん中から時計回りに




イシナギ、ノドグロ、ヒラメ、ヤリイカ、ハタ







全て白身だけに




夫々の食感、香り、味が異彩を放ち





(´▽`)/ めっちゃ美味い!














20181223_124936



続いては



ゲソとホッキ貝の炙り・・・




こいうちょっとした肴に



底知れぬ癒しを感じるのが庄内・・・





これまた炙り具合が絶品!





(´▽`)













20181223_124043



ここで新発売(?)の



すしやのガリサワーを注文。












20181223_125623



ガリが・・・これでもかっ!



ってくらい入ったサワーなのですが・・・





(´▽`)/ これは美味い!







でもなんで



生姜を薄く切って甘酢に漬けたものを



ガリって言うの?






「・・・」





(-_-;) ← ボーっと生きてんじゃねーよ!













20181223_130951

20181223_131149

20181223_131344

20181223_131700

20181223_132046




それにしても



鶴岡・千葉寿司さんの握りは





何度食べても最高です!





鯵、鮑、赤貝、ノドグロ、エンガワ








地産地消の極上のネタ




包丁の入れ方から握りまで芸術的で







それでいて、雰囲気気さくで




なにより安い!









あ~ 鶴岡に移住したい・・・






(´▽`)/ ← 










その後は・・・



観光に行くつもりが




ホテルの部屋に戻りベッドに横になったら




爆睡・・・ 





(=_=) ← ボーっと生きてんじゃねーよ!












起きたら窓の外は真っ暗でした・・・













20181223_183708



そんなわけで・・・




再び 独り晩酌へ・・・








日曜日は「いな舟」さん休みだし




「千葉寿司」さんは昼に行ったし








意を決して、新規開拓・・・














20181223_183708



このお店に偶然入ったのは・・・



店の前に「店内禁煙」って貼ってあったからです。









メニューの品数は少なかったけど





「お任せ5品 2,000円」
とあり




迷わずそれを注文・・・











ご年配の店主が一人で




一品一品丁寧に作っていく・・・







それが凄く丁寧な仕事っぷりで





時間がかかるけど、期待も高まる・・・












20181223_184019

20181223_185926

20181223_190558

20181223_191107

20181223_192044




お造り 炊き合わせ 汁もの 焼きもの





そして しめ鯖とカブの和え物






ちょっとびっくりです!







全て完璧に美味しい!






(*゚∀゚)












20181223_202700




この街の魅力を



また一つ発見した・・・





(´▽`)














20181223_203255



そんなこの夜は




土砂降りの冷たい雨・・・













20181223_204027



そんな中を一人歩き続け・・・




やって来たのは「一日市通り」








道行く人影は皆無です・・・













20181223_210421



そんな路地裏に



ポツンと灯る Barの看板・・・














20181223_213916



御年83才の婆ちゃんが



たった一人で、年中無休でやってる






奇跡の Bar




「89(やぐ)」
さんです・・・















20181223_215011



昨日も来たし、今日も来た。




僕は鶴岡に来たら必ずこのお店に来る。






お店の存在自体



奇跡のような場所・・・









温かさと 切なさと 




微かに流れる緊張感








正統派のBarの系譜と




老いてなお凛とした佇まい・・・













20181223_214944



「来てくれてありがとう」



「また来てくださいね・・・」







最後にいつも握手して別れるのだけど・・・





その握手に、力が無くなっている・・・







その力の無さに



とてつもない寂しさを感じる・・・








でも思うのは





いつか来る別れの辛さじゃなく





貴女に会えた喜びです。






人生は、出会いこそ全て。













20181223_215011



自分の人生の中で





このお店に出会えて





本当によかったです。









とても良い時間に






心から、メリークリスマス!










・・・・・・・・・・・・・








20181224_090834



翌日はクリスマスイブ




朝起きると、窓の外は雪・・・・













20181224_091206



そんな雪が



瞬く間に、街を白く染めていく・・・











20181224_085035



ホテルのバイキングで朝ごはん。



「目玉焼き」+「ご飯」







=「目玉焼きご飯」











20181224_085110



半熟の黄身を破って醤油をたらせば・・・



これが何気に至福の朝ごはん・・・




\(´▽`)/













20181224_085005



そして庄内米(はえぬき)のご飯と



鶴岡なめこ、温海かぶ、羽黒の柿大根








お米が美味しいと



おかずはシンプルなほど引き立ちます!




(´▽`)/ 幸せ~









さて、今回の旅・・・





クリスマスということで





僕は実家が敬虔な



カトリックのクリスチャンでもあり・・・







どうしても行きたい場所があったのです・・・















20181224_114518



鶴岡カトリック教会天主堂・・・です。





この日はとても寒く




空には雪が舞っていました・・・













20181223_113044



教会は、誰でも、無料で入れます。













20181224_114608



堂内には、誰もいません・・・





子供の頃に憶えたお祈りの作法







希望や願望を伝えるのではなく



今、そして今年1年の感謝を伝える








誰かのために尽くすことを約束する














20181223_113348



それが、僕の知る



クリスマスという日です。















20181224_114839


雑踏と喧噪の中にいると



そんな気持ち、つい忘れてしまうから





この日、ここにこれて




本当に幸せでした。













20181223_113104



帰り際、献金箱に



千円札をそっと入れます・・・









まあ・・・僕も




独身で、全くモテないって意味では・・・





「恵まれない人」ですがね・・・





orz ← 













20181224_144844



クリスマスのお祈りを終え






東京へ帰る最終の飛行機まで・・・




鶴岡駅前のFOODEVER(飲食街)で







あとは



ひたすら飲んで食うべし! ← コラ











20181224_132726


まずは「庄内牛のサーロインステーキ」



with 月山ワイン







サシの少ない赤身の肉が


たまらなく美味い!












20181224_141442



庄内野菜のヴァーニャカウダ




with 白ワイン






地の冬野菜に、絶妙のヴァーニャが最高です!













20181224_142208


庄内小松菜と庄内豚ベーコンのペペロンチーノ





生でも食べれる庄内小松菜の爽やかさ



庄内豚ベーコンのコクが絶妙にマッチ!





(´▽`) 美味~い












20181224_150927


そして最後は


庄内清酒が全て揃う究極の日本酒Bar



「彩鶴」さんへ!













20181224_151634



このお店は本当に素晴らしいです。




庄内の酒蔵なら全て揃っているし



限定品などレアなお酒も堪能できます。




若い唎酒師さんの



落ち着いた接客が心地いい・・・













20181224_152142


この日は燗酒のお薦め欄に



濁り酒の銘柄があったので早速注文・・・













20181224_152139


庄内の漬物を肴に飲めば・・・



まさに至福の時・・・











20181224_154823

20181224_160304



希少な庄内清酒を飲み比べ



気持ち良く酔いました。




それは



この上無く幸せなひと時で・・・











20181224_161136



でた~



くらげボトル!













20181224_165029

20181224_170119



こうして



誠に名残惜しいですが・・・




そろそろ東京羽田行最終便の時刻・・・








旅する時間は、矢のように過ぎる。












20181224_185851



飛行機に乗った瞬間に眠りに落ち




気がつけば、東京羽田に帰着・・・













20181224_170414


そんな



僕の今年のクリスマスでした・・・













20181224_201822



東京に帰ってくれば



明日からまた、辛いことの繰り返し・・・













20181224_201751


そんな日常も、人生もまた旅だとすれば



どんな時も明るく、前向きに、楽しむ




良き旅人であり続けたいと思います・・・














20181223_112937



今年も1年、意味も無く



だらだら書きなぐってきたこのブログの旅も




今年はこの旅が最後となります。









そして また来年




週末はきっとどこかを旅してるはず・・・










こんな拙いブログにお付き合い頂き




ありがとうございました。





皆様にとって




来る新年が、良い年でありますように・・・





m(__)m









僕も




来年は




来年こそ





来年こそはきっと








結婚するぞ~!(※)






(※)あくまで個人の願望です。


 結果・効果を保証するものではありません。









fsuppo at 21:43|PermalinkComments(0)

2018年10月10日

見たことの無い空・・・ 庄内鶴岡一人旅 2018秋編




20181004_202029



こんにちは。




人生は旅



人はみな旅人






今日もまた一人ドアを開け




旅という非日常へ足を踏み出す・・・














20181006_060935



旅に出ます





探さないで下さい













20181006_061032


え~ そんなわけで(どんなわけで?)



先日の土曜日もまた



性懲りも無く 一人旅に出ました・・・












20181006_061226


仕事で疲れ果てているのに・・・



早朝の上越新幹線に乗る・・・






そして・・・ 座った瞬間に寝落ち。←













20181006_081247


東京上野から約2時間・・・



気がついたら新潟に着いてました・・・













20181006_081625


新潟駅から在来線特急「いなほ」に乗換え。




この列車で日本海沿岸を北上します・・・













20181006_082557


新潟駅での乗り換え時間が短く



健康麦芽飲料と越後名物柿の種は買えましたが




駅弁がどこで売ってるか分からず




買えず・・・




(´Д`) 朝から何も食べてないのに・・・












20181006_083138


この週末は大型で勢力の強い



台風25号が東北を縦断する予報でしたが・・・




土曜日の時点で、新潟は爽やかな秋晴れ。














20181006_090619


そこへっ!



車内販売のワゴン登場!




特急いなほって、車内販売無かったはずだが?






さっそく、新潟名物「鮭の焼漬弁当」を購入!





\(´▽`)/ わーい












20181006_090654


左上にあるのが「鮭の焼漬」です・・・




これ・・・本当に美味しいんです!




焼漬は味が濃いから




もう少しご飯の量が多ければな~




(´▽`) ←











20181006_091355


日本海に手が届きそうな場所を走る


JR羽越線・・・




青い空 青い海




これぞまさに・・・非日常












20181006_093211



ビール片手に駅弁食べつつ



こんな車窓を観れば・・・




日頃の仕事の疲れも吹き飛びます。




(*´▽`*)












20181006_100752


新潟を出て約2時間・・・



窓の外に庄内平野が広がる・・・












20181006_102802


そんなわけで、この日の目的地



山形県庄内鶴岡に到着です。





駅を出て第一声・・・




(@_@。「暑っち~・・・」





稲刈りが終わった10月だというのに




この日の鶴岡は真夏日(気温30℃超)











20181006_110416


しーんと静まり返る鶴岡市街を歩き




あるところを目指しました・・・












20181006_110950


やって来たのは



鶴岡カトリック教会天主堂です。







僕は一応・・・キリシタンなので。












20181006_111035


とても立派な天主堂ですが・・・



入場は無料(自由)












20181006_111318


誰もいない天主堂で



一人静かにお祈りする・・・






キリスト教の祈りは、願掛けではありません。




今生きていることに対する感謝です。












20181006_111502



愛と寛容の宗教が、キリスト教です。




何かをくれ ではなく




誰に何がしてあげれるか





そう考え、静かに祈る・・・












20181006_111545



清く 正しく 美しく




ここに来ると、少し背筋が伸びる気持ちになる。












20181006_111403



えぇぇぇっ!



ここで結婚式できるのっ!






急募「花嫁」!




m(__)m ← コラ














20181006_112345


銅像の前に、なぜか柿が一つ・・・




「柿を・・・どうぞ(う)」(?)












20181006_113310


緑豊かな城下町



鶴岡をしばし散策・・・











20181006_113442


内川に架かる赤い三雪橋



その背後に聳える鳥海山












20181006_120810



街の東に聳える霊峰「月山」




そして果てしなく澄んだ鶴岡の秋の空・・・




なんか、街歩いてるだけで




めっちゃ癒されてる・・・気がする











では、そろそろ昼ご飯へ・・・




いつもの千葉寿司さんへ行くも




この日は残念ながら「貸切」で入れず・・・
















20181006_122354


なので、鶴岡駅前の「肉バル」で昼食とします。




ここ・・・ とても美味しいお店なのです!







頼んだのは




庄内牛サーロインステーキ with 赤ワイン












20181006_122245


庄内牛は肥育期間が長く



柔らかいのに 柔らかすぎず



柔らかいのに 脂っぽく無く






旨味が濃いのに 



爽やかで清らかな肉質が最高!





個人的に、今まで食べた中で




一番美味い牛肉かもしれない・・・














20181006_131616


続いては庄内産に拘ったパスタ専門店で



庄内野菜のバーニャカウダを頂く・・・




こういうシンプルな一皿に



庄内鶴岡の良さが凝縮されているね・・・













20181006_132131


お店お薦めの季節のパスタは・・・



庄内豚ベーコンと藤沢カブのペペロンチーノ







こ、このパスタ・・・





僕の人生史上最高峰のパスタに認定致します!




\(´▽`)/ 美味い!












20181006_135138


続いては同じ建物の中にある



庄内清酒の日本酒バー「彩鶴」さんへ・・・








この日本酒バーは



土日は午前11時からやっていて



昼間っから極上の庄内清酒が飲めるのです!




(´▽`) ←












20181006_135736


先ずはお店のお薦め



羽前白梅 純米吟醸「俵雪」秋あがり













20181006_140445



飲み方は50℃の燗・・・




庄内清酒独特の酸味に豊潤な香りが加わり




(´▽`) 五臓六腑に沁みわたる











20181006_135944



この日本酒バーは酒肴も逸品揃い・・・



この日は秋の山形の定番「芋煮」を注文。





庄内の芋煮は村山と違い



あっさりした味噌仕立てで、具は豚肉。






これがまた、しみじみ美味い・・・












20181006_142500


続いては鶴岡羽黒の亀の井酒造



純米大吟醸「スーパーくどき上手」!




超希少銘柄だそうです・・・






こんな美味い酒飲ませたら



僕でも女性を口説けるかも・・・





(*´▽`*) ← スーパーくどき下手













20181006_144053



こうしてちょっと、ほろ酔い加減・・・



澄み渡る庄内鶴岡の空を眺めていたら




何故か、海を観に行きたくなった・・・













20181006_153231


そんなわけで鶴岡駅から路線バスで40分・・・



鶴岡市立加茂水族館に来ました。




大量の海鳥たちが歓迎のお出迎え(?)









20181006_153439


ここから観る鳥海山は



まるで海に浮かんでいるようです・・・












20181006_153339


加茂水族館の近くの岩場に登れば



目の前に広がる日本海・・・




嵐の前の静けさか



鏡のような海と



エキゾチックな雲の光景・・・












20181006_153739


何故か少し、胸がドキドキするような



美しくも不穏な雲の情景でした・・・










20181006_154355



この後はしばし・・・



加茂水族館名物の海月(クラゲ)鑑賞・・・













20181006_154844



何を目的に 何のために生きているのか



全く分からないクラゲの生態・・・






ただ水の中を漂い 揺らめき



生きている・・・












20181006_163526


この不思議な生物を観ていると・・・



人だって、生きているだけで素晴らしい




なんて思えてくる・・・





生まれて 生きて やがて死ぬ





その単純な一生の営みは



人もクラゲも一緒で





別に悩んだり、怒ったり



憎んだりする必要なんか無く





一度しかない人生を



ゆっくり漂いながら 楽しめばいい・・・






な~んて思えてくるんですよね・・・













20181006_182452



お土産に




海月せんべいを買う・・・(笑)














20181006_165826


17時に水族館は閉館。



そしてこの日の鶴岡の日没は17時16分・・・




岩場に登って



一人ぼんやりと夕陽を眺めていた・・・












20181006_171129


こうして海に沈む夕日を眺めるなんて



いつ以来だろう・・・








秋田で過ごした子供の頃は



いつも観ていた光景だったけど・・・











20181006_171449



こうして夕日を眺めていると



太陽が動いている(地球が回っている)ことが



よく分かる・・・











20181006_171542



やがて、水平線の彼方に 陽が沈む・・・




その瞬間、辺りが真っ暗になると思ってましたが











20181006_171816


沈んだ太陽が



上空の雲を照らし出した!











20181006_171823


それはまるで・・・



空が炎に包まれているようでした・・・











20181006_171859


空の模様は常に変わりゆく・・・



だから、今目の前に広がっている光景は



もう一生、二度と観れない光景です・・・






人と人との出会いも一緒で




これからも、一期一会を胸に刻んで



生きていきたいと思う・・・












20181006_191751


鶴岡市街へ戻る頃には



街にはすっかり夜の帳が降りてました。












20181006_192448


では・・・ 独り晩酌へ・・・










20181006_192521


やって来たのは僕がこよなく愛するお店



庄内料理の割烹「いな舟」さんです・・・











20181006_193505


もってのほか(食用菊)


秋刀魚の煮付け



鶴岡清酒「栄光富士」の燗





(*´▽`*) この雰囲気・・・堪りません!











20181006_193611


お造りは今が旬のワラサとタラバ海老。



刺身の旨味と甘みに


栄光富士の酸味が相まって・・・



(´▽`) 最高です!












20181006_201829


だだちゃ豆は終わりましたが



季節を後継する枝豆「味ゆたか」




だだちゃ豆ほど甘味が濃く無い一方



仄かなコクが素敵です・・・









20181006_195514


秋鮭の味噌漬け



これは酒の肴にもピッタリだけど



これをおかずにご飯食べたら美味いだろうね~




(;´∀`)












20181006_200521


雄(白子)のハタハタの湯上げ



ハタハタをこうして食べるのは庄内ならでは。



中骨を残して綺麗に身が剥がれる食べやすさ



繊細なハタハタの旨味が味わえる逸品です!












20181006_202329


走りの紅ズワイガニ



身は細いけど旨味は濃い・・・






日本酒が進んで困る・・・





(´▽`) ← 困ってるように見えないが











20181006_205104


食事は



鮭はらこ飯 庄内芋煮 ナス浅漬




いや~ これ・・・




ノーベル賞級の美味さ!











20181006_210812


最後に名物の「庄内柿」を頂き〆・・・





鶴岡の食文化は、本当に素晴らしいです。




四季折々に優れた旬の食材があり



その食材は旬の時期だけ供される・・・




夫々の旬の時期は3週間程で終わってしまう。





食材に、これほど季節感がある土地を



僕は他に知らない・・・






それが日本で唯一、鶴岡市が




ユネスコ食文化創造都市に選ばれている理由か。












20181006_192521



あともう一つ



このお店では



カウンター越しに料理を供することは無く



一品一品、給仕の女性が



丁寧に料理を運んできてくれるのです・・・








お酒は、最初の一杯目をお酌してくれます。




その瞬間こそ




僕にとっての最高の非日常です・・・












20181006_211843


「いな舟」さんを出て



人っ子一人歩いてない道を行く・・・








その先にある




一軒のお店を目指して・・・












20181006_212001


寂しい路地裏に



ぽつんと灯るBarの看板・・・












20181006_222431



ここが、僕の心の止り木・・・




御年83才の婆ちゃんが一人でやってるBar












1535114890420



いつまでも続いて欲しいけど




ここで名物「スカイボール」を飲み続けたいけど






今は一期一会を感じ



「カクテル3口」の法則を守り





振り子時計が22時を告げたら店を出る。













20181006_221203



名残惜しさを感じるくらいが



そんな距離関係が





交わした言葉と記憶を




共に過ごした僅かな時間に刻んでいく。












20181006_171717



不思議な場所です・・・





鶴岡は・・・












今まで見たことが無い空を見たこの日








何となく、自分の決心が






固まった気がした・・・










fsuppo at 22:36|PermalinkComments(2)

2018年06月14日

美味し麗し初夏の庄内・・・ 鶴岡一人旅



20180609_053059


人生は旅 人はみな旅人



今日も一人ドアを開け



風に吹かれ あても無く旅に出る








行先は 風任せ・・・














20180609_061622


旅に出ます






探さないで下さい

















20180609_063332


え~と


行先は山形県



庄内・鶴岡です。






(´▽`)/ 













20180609_064154


庄内へ行くのは今年初・・・



天気もいいし、気分爽快・・・












20180609_072615




では(出羽)、





行って来ます!

















20180609_072858


東京よ・・・ さらばじゃ!






(^^ゞ ← 明日帰ってくるくせに・・・












20180609_072945


東京の街を眼下に


遠くに富士山が見えました・・・



綺麗・・・












20180609_075605


しかし、東北地方に入ると


分厚い雲が立ちふさがり



楽しみにしていた月山の雄大な姿は拝めず・・・










20180609_075901


そして雲に突入!



なにも見えなくて・・・初夏







♪ 綺麗な指してた~んだね~






(´▽`) ← それは「なにも言えなくて・・・夏」














20180609_080600


実は・・・


分厚い雲を抜ける時



飛行機がものすごく揺れて




久々に怖かったのは






内緒の方向で・・・














20180609_080701


東京は穏やかな晴天で


蒸し暑いくらいだったのに



庄内は曇っていて風が強く



ちょっと寒そうな景色・・・













20180609_081753


こうして無事庄内空港に到着。



ウサギのマークは


庄内空港のマスコット「まめうさ」。



口の横にだだちゃ豆がくっついてるのが特徴(笑)










え~、ここから路線バスを乗り継いで・・・










20180609_092138


やって来ました




日本海!








朝、東京で目覚め






午前9時過ぎに岩礁に立ち



日本海を眺めている不思議・・・







まさに、週末は「職業:旅人」







(;´∀`) そだねー















20180609_092237


ここに何があるかと言いますと・・・






鶴岡市立加茂水族館







通称「クラゲドリーム館」です!













20180609_094124


ここは一見特徴の無い小さな水族館ですが



実は「クラゲの種類数世界一」の水族館なのです!










20180609_093643
20180609_093727
20180609_093902
20180609_094441


泳いでいるというより・・・



漂ってるだけ








そんなクラゲの姿、形、色、動きを観てるだけで



不思議と癒される・・・












20180609_101910
20180609_093735
20180609_101934


何を考え



何を目的に生きているのか




分からない生物ですが







そんな生物を「ぼ~っと眺める時間」は



何気に素敵・・・










20180609_093829



能動的な動きは皆無で



水中にただ漂うのみ・・・







日々、何かに急かされるように生きている



ビジネスパーソン的には









そんなクラゲの生き方が



どこか羨ましくもある・・・













20180609_101109


ここは小さいながらも一応水族館なので


クラゲ以外の生き物も、もちろんいます。











20180609_095358


トラフグ



(´▽`) 美味そう・・・









20180609_095423


真鯛



(´▽`) 美味そう・・・










20180609_094703


紅ズワイ蟹




(´▽`) 美味そう・・・









20180609_094714


ホッコク赤エビ(甘エビ)



(´▽`) 美味そう・・・





 ← それ以外の感想は無いのかよ!













20180609_104929


そんなわけで、お腹も空いたので


水族館の中の食堂で



「クラゲの刺身」を頂く・・・







これ・・・



全く味が無い・・・





(*´Д`) なんか、ゴム食べてるみたい。













20180609_104856


気を取り直して


名物「クラゲラーメン」を食す・・・




麺にクラゲが練り込まれ


具もクラゲが満載・・・




キクラゲも満載 ← それクラゲじゃ無いだろ!













20180609_140612


そんなわけで鶴岡市街へ移動・・・



市街といっても緑濃く



ゆったりとした時間が流れる街・・・













20180609_120606(0)


やって来たのは僕が大好きなお店


鶴岡山王町の「千葉寿司」さんです。







自家製の漬けもの、塩辛、南蛮漬けに




鶴岡の地酒「栄光富士」の燗・・・









(´▽`) はぁぁぁぁぁ~ 美味い!














20180609_120455


ご店主曰く



「今日は飛び切りの魚を仕入れた」と・・・




そう言って出てきたのは



ノドグロとガサ海老の刺身。





(´▽`) 美味~い














20180609_120901


続いてはウマヅラの刺身と肝・・・


刺身と肝を同時に口に入れると・・・




( ゚Д゚) これは至高の美味!












20180609_122711


庄内浜のヒラメのエンガワは


銀河系で一番美味しいと再確認!












20180609_121214


山形の県魚「桜鱒」の卵の醤油漬けは・・・



旨味とコクと苦みが・・・






(´▽`) 日本酒との相性抜群!












20180609_125738


月山竹(筍)の天ぷらは



澄み渡るような爽快な甘味が特徴。












そして庄内浜の地魚の握りへ・・・









20180609_130759
20180609_131327
20180609_132421
20180609_132641


桜鱒、鯵、鮃エンガワ、ノドグロ・・・






細身でスタイリッシュな寿司は



シャリとネタのバランスが最高です。







そしてネタの「色の美しさ」こそ庄内浜!












yjimage3VLLZW31




まさに、至高の美味!












20180609_131438


そして本日の究極のお薦め



「ソイ」登場!













20180609_132216


魚の外見からは想像もつかない



美しい白身の魚・・・







そして爽やかにして豊潤な旨味・・・










yjimage




寿司好きの僕が言うから間違いありません。




このお店のお寿司は



全てにおいて最高です!









\(´▽`)/ 嫁に食わせたい!







orz ← 婚活は既に絶望的・・・















20180609_154400


え~ その後は・・・


路線バスに揺られ



修験の山「羽黒山」を訪ねました。






新緑が目に眩しく




静寂と霊気包む素晴らしい場所・・・













20180609_154320


ここに来ると、背筋が伸び



凛とした気持ちになります・・・













20180609_152549



心の中の



わだかまりが無くなり・・・




目の前の風景に 心洗われていく・・・













20180609_154014


欲望、願望、煩悩・・・




それら全て




取り払われていくのです・・・













20180609_153927


色即是空



空即是色







合掌











20180609_152012



えっ! 縁結びですって!




(´゚д゚`)



どこっ! それどこにあんのっ!











・・・・・・・・・・・・・・・











20180609_191332


再び鶴岡市街へ戻り


陽も暮れて・・・





そろそろ晩酌タイムです・・・









20180609_191405


やって来たのは


僕がこよなく愛するお店


割烹「いな舟」さんです・・・









1528539675398


静かで落ち着ける雰囲気と


素朴で、それでいてどこか気品を感じる肴



少し冷えた体に「栄光富士」の燗が沁みる・・・








1528540039608


このお店のお料理は


鶴岡の四季そのもの・・・









1528541507111


この時期、この場所で獲れるものだけが


肴として供される・・・








1528541260064



それは口細鰈であったり


月山竹であったり・・・









20180609_225042


天口(メバル)の煮付けであったり・・・




「地産地消」という言葉が


これほど似合うお店は他に無い・・・










1528544853375


〆は庄内漬物と



独特な香りのお茶漬け・・・








20180609_210158


さらに最後に頂いた山形名物のサクランボ


これ等全て完璧でした・・・





(´▽`)







でも、実はこの日




一番驚いたのは・・・





給仕の女の子が




黒髪ベリーショートに





髪形を変えてたことです!









や・・・やばい 




惚れてしまう・・・







(*´▽`*) ← コラ!













20180609_211153


そんなわけで



今宵の鶴岡最後のお店へ・・・













20180609_211626


道行く人影も無い通りを



一人歩く・・・











20180609_211700



その先の小さな小路に



街外れの人通りの無い場所に



ぽつんと灯るバーの看板・・・






ここが鶴岡の老舗Bar




「89(やぐ)」さんです。













1528547231742


ぎぃぃぃぃ~っと軋むドアを開け



「こんにちは」



「あら、いらっしゃい・・・」











1528547650345


「お兄さん、いつもので?」




「はい、いつもので・・・」




供されるカクテルは


このお店の名物 スカイボール











1528547482440


迎えてくれるのは御年81才の老バーテンダー




客は、僕一人・・・











20180609_214337


カクテルは三口で飲め



の格言通り



決して長居はしないけど






この日交わした会話のこと




決して忘れない・・・













20180609_215111


人影無い道を



30分くらいかけて宿へと歩く・・・








そう、いつも歩いて帰る・・・




夜のこの街を。









桜舞い散る春の夜もあれば





真夏の土砂降りの雨の夜も






粉雪が降る寒い冬の夜も・・・













20180609_222022



僕は、日本で一番




この街(鶴岡)が好きです。









それは多分に感覚的なもので





その理由を述べるのは野暮ですが















20180609_135521



この街の文化と気風




ゆっくりと流れる時間と




温かくおっとりした人々の気質













20180609_140208



偶然の出会いが





いつか必然に変わる日を夢見て









20180610_100726



そんな展開・・・






無いかな~







fsuppo at 22:07|PermalinkComments(2)

2016年12月11日

鶴岡一人旅 再び・・・(後編)



20161210_191905


(庄内鶴岡一人旅の続き・・・)




土曜日は雪が断続的に降り 風も強かった・・・


風が強い日は雪が積もらないと


地元の人が言ってたけど


街は薄らと雪化粧。



20161210_191940



そんな凍てつく夜を 


暖かな灯りで照らす一軒のお店


ここが僕の大好きなお店 「いな舟」さんです。



1481365556921


静かな店内


おっとりとした柔らかい庄内弁の接客


素朴で洗練された庄内の郷土料理


まるで 田舎の実家に里帰りしたような雰囲気です。



僕はいつも 料理は「お任せ」にしてます。



20161210_200243


お造りは庄内浜の寒鮃と水蛸。


このお店は全てのメニューが地の食材です。




20161210_200301


鰆の粕焼き。


鰆は魚に春と書きますが


庄内では寒い時期が旬。



1481368401223


鰈の煮つけ。


庄内料理の味付けは薄味で 


魚そのものの味を活かします。



1481368896400


そしてこの日は 


前日(12/9日)に鶴岡の各家庭で祝う


「大黒様のお歳夜」 の献立を再現して頂きました。



ハタハタ田楽 豆腐田楽


豆なます ハリハリ漬け


そして納豆汁。



女将さんは 「そんな美味しいものじゃないけどの・・・」


っと言うが


全て しみじみと美味しかったです。


(^_^)



1481372304585


最後は弁慶飯と自家製の白菜漬物。


こんな素朴でシンプルな料理が


抜群に美味い!




1481373245103



僕は このお店の料理を食べるためだけに


庄内鶴岡を訪ねる価値あると思います。



それぐらい 貴重なお店です。



20161210_214338



こうして 「いな舟」 さんを出る頃には


外は氷の破片のような霰(あられ)が


激しく降ってました・・・・



瞬く間に体が凍りつく冬の庄内・・・



20161210_214351


道行く人もいない 


寂しい路地に


お店の看板の明かりが ぽつんと灯る。



古びたドアを開ける・・・



1481373984575



ここは 御年80才の婆ちゃんが


一人で営んでいる老舗の小さなBar。




「あら、お兄さん、


 こんな天気の悪い中来て頂いて・・・」




1481374018224


店主の婆ちゃんが


珍しく飲み物を勧めてきた。



「寒い今日はホットバタードラムがいいと思います。」



「今、急いでお湯沸かしますからね・・・」



1481374268051


ラムベースのホットカクテル。


普通はラムにバターと角砂糖を入れて


熱湯を注ぐカクテルだけど


このお店はナツメグやシナモン等々


香辛料を複数バターに練り込む。



この日は婆ちゃんがとても饒舌で


ホットバタードラムの当店のレシピを


詳細に語ってくれた。



1481375241722


2杯目に 当店自慢のスカイボールを頼んだら


婆ちゃん手作りの折紙細工をくれた。


これはとっておきの品だそうで


タバコの内紙を集めて折られている。


タバコの内紙を折るのは とっても難しいんだって。



そしてその中に さらに素敵なものが・・・


(^_^)







この日は 色んな話をしてくれた。


過去 現在 明日・・・




天気が悪かったこの日


お店に来た客は僕一人だそうで・・・



1481376836056


「お兄さん来てくれたから、


 店を開けてた甲斐ありました。」



「そんな急いで飲まなくても・・・ 


 いいんですよ。」







ずっと話していたいけど・・・



1481377126636


開店50周年となる


来年6月まではお店を続けると言っていた婆ちゃん。




1481377143304



この灯り



永遠に消えて欲しくない。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




20161211_094741


そんな翌朝


ホテルの窓にパチパチと当たる


霰の音で目が覚める。




泊まったホテルは


最上階に天然温泉の大浴場があるので


目覚めに1時間くらい風呂で寛ぎました。


(´▽`*)





そして・・・



20161211_084139


軽めの朝食・・・




のはずが・・・


庄内産はえぬき のご飯があまりに美味しく



大盛りで3杯おかわりしたのは



内緒の方向で・・・




20161211_120408


今日も風強く 雪が降り


軟弱な都会人には堪える寒さでしたが


鶴岡カトリック教会天主堂へ行く・・・




20161211_120523


僕は一応 キリシタンなので


鶴岡に来たら 必ずここに来ます。




20161211_120248


カトリックの祈りとは 


願い事や 厄払いではありません。



日々生き 生かされていることへの感謝です。




どうか叶えて下さい ではなく


今日という日に感謝します なのです(たぶん)。



20161211_120428



そう思えば


心はふっと 軽くなります・・・








そんな軽くなった心で


1481427137389


昼から軽く燗酒を・・・



(*^_^*) (← コラ!)



1481429126073


鰆の刺身やら・・・



1481430154782


究極の寒鮃の握りやら・・・



1481430529838


今シーズン最後の 「キノコ汁」 やら・・・



いつも最高の雰囲気でもてなしてくれる



鶴岡 千葉寿司さんに感謝!



(´▽`*)




20161211_135731


外は 相変わらず激しい霰・・・




20161211_135613


バス停のベンチは 座れない・・・


(+_+)




20161211_143631


でも 旅の最後にもう一軒


バスに乗って 


羽前大山の 「いろは食堂」 へ!




このお店・・・ 



秋田サポさんからメールでお勧め頂きまして・・・




20161211_144549



お勧め通りに


中華そば大盛を注文したら・・・



これが 凄まじい麺の量でして・・・




多分 普通の中華そばの



3倍くらいの量・・・




1481436106159



とはいえ


帰りの路線バスの時刻も迫っているので



5分で完食!





(^_^) 魚介系のスープが最高でした♪




20161211_162146



こんな感じで 



再訪の鶴岡冬紀行もそろそろ終わり・・・




20161211_170118


庄内空港の最終便で東京羽田へ帰る・・・




20161211_171258



10年以上前に 偶然出会ったこの街(鶴岡)。





この土地は 何故か自分の五感に響く・・・



20161210_152420



そんなこの街を



いつか 誰かを連れ 案内したい!




本当に そう思うんです。



20161210_153107



自分が旅した街へ 食へ 感動へ



ご案内したい。




気ままな一人旅もいいけれど



この時間と空間を誰かと共有できたら


それこそがキット 人生の喜び。






そんな儚い想いを抱きつつ



今年最後の旅を終えます。



20161210_153546



来年こそ!



(^_^)




20161210_093244






fsuppo at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

鶴岡一人旅 再び・・・(前編)



20161210_054446
 

2016年のJリーグも閉幕し


寂しさ募る今日この頃・・・



仕事がキツくて 少し疲れ気味でも


週末になると どこか遠くへ行きたくなる・・・




20161210_062639


シーズン中に貯まった飛行機のマイル。


それを消化しながら気ままな旅に出るのが


シーズンオフの密かな楽しみなのです。


(^_^)




20161210_063405


そんな今週末は 今年最後の飛行機旅へ・・・




20161210_063327


向かうは庄内鶴岡です。



あれ、先週も鶴岡に行ってなかったっけ・・・?


っとお気づきの方もいらっしゃるでしょうが


羽田空港 ⇔ 庄内空港 は


マイルの消費が少なくて済むし


片道1時間なので、


僕にとっては散歩みたいなものです。




20161210_070112


では、行ってきます!




20161210_070213


早朝の東京は快晴!


こんな日のフライトは気分爽快です。 (^_^)




20161210_070257


空から見下ろす東京スカイツリー。


僕の自宅のマンションもみ~つけた・・・




1481321070532


飛行機が旋回すると 


遠くに富士山が見えました。




20161210_070502


こうして見ると


富士山って東京を見下ろしているんですね~




20161210_070449


朝からちょっと感動しました・・・




20161210_070841


我ながら・・・ いい写真だ。


(´▽`) (← 自画自賛)




1481322356146


しかし、東北地方上空に来ると


眼下に分厚い冬の雲が広がる・・・・




1481322698770


降下を始めた飛行は 雪雲に突入・・・



何も見えなくて・・・ 冬




1481323344549


そんな雪雲を揺れながら突き抜けると


そこは吹雪の庄内平野・・・




20161210_075235


強風にあおられ 左右に大きく揺れながら


無事庄内空港に到着。


(^_^;) ほっ





20161210_082847


空港からリムジンバスに乗り


JR鶴岡駅に 8:30 に到着。


ここから、


1日5本しか走らない路線バスに乗り換えです。





20161210_091248


鶴岡駅から凡そ30分・・・


バス停を降りると そこは荒ぶる冬の日本海!




20161210_091523


うなりを上げ打ち寄せる怒涛の荒波


体が吹き飛ばされそうなほどの強風




20161210_091831


強い向かい風は 息ができないほどで・・・



生命の危険を感じましたよ・・・ マジで



((+_+))






さて、こうしてバスに乗ってやって来たのは・・・




20161210_100208


鶴岡市立加茂水族館


くらげドリーム館です!  (^^)/






20161210_100517


ここはくらげの飼育・展示数世界一!




20161210_100527


まさにクラゲの館(やかた)なのです!




1481331404886


ではしばし・・・


めくるめく クラゲワールドをご一緒しましょう。




20161210_102932
1481330170812
20161210_093447


いや~


何時間観ても 飽きませんね~




20161210_092953


クラゲは浮遊生物で


水流に身を任せ 漂って生きている生物です。




20161210_093244


自らの意志で泳ぐことはほとんど出来ず


水流の無い水槽では 沈んで死んでしまうそうです。




20161210_093318


世の中を漂うように生きる


週末の自分みたい・・・




そう思うと クラゲに少し親近感が湧く。 ←?


(´▽`)




20161210_093400



それはさておき この水族館は


とにかく一見の価値ありです!





20161210_100457


ちなみに、クラゲ以外の生物もいます・・・


一応 水族館なので・・・





20161210_094443


今が旬の 真鱈


(´▽`) 美味しそう・・・





20161210_094958


刺身によし 焼いてよしの 烏賊(イカ)


(´▽`) 美味しそう・・・





20161210_095156


今が旬の ベニズワイガニ


(´▽`) 美味しそう・・・ 


( ↑ そればっかじゃねえか!)






20161210_095016


君(↑)は 岩にでも頭ぶつけたの・・・?


(・_・)




20161210_095103


水ダコ・・・ 怖すぎ!


(+_+)




20161210_104720


ホテイウオ・・・・


(*´▽`*) めんこい!




20161210_104251


微動だにしないヤツメウナギ・・・


君たち・・・、やる気無さすぎ!


(-_-;)





20161210_094346


あしからず~



20161210_100939





さて、そろそろお腹が減ってきたので・・・



20161210_110509


加茂水族館名物(人気No1)


クラゲラーメンを食べてみますか!



20161210_110459


クラゲを練り込んだ特製麺だと!


( ゚Д゚)




20161210_111212


う~ん・・・・ 


(^_^;)




20161210_111244


確かに クラゲたっぷりですが・・・・




かなり微妙




20161210_111302


ちなみに キクラゲも入ってました~


(´▽`) (← それクラゲちゃう!)





20161210_112938


くらげ入り羊羹



これ、美味いのかな・・・・




20161210_113115


とってもリアルなイカのぬいぐるみ。



これ、小さな子にお土産に買ったら



怖くて泣きだしそうだな・・・・





20161210_112437


はい、ではそろそろ大しけの日本海を背に


鶴岡市街へ戻ります・・・・




20161210_114559


しかし 定刻になってもバスがなかなか来ない・・・


海から吹く風が猛烈に冷たく・・・




20161210_114549


生まれて初めて



バス停で死にかけた・・・




(*´Д`)




20161210_115151




こうして命からがら鶴岡へ戻り


先ずは 行きつけの千葉寿司さんへ




20161210_123022


命を救うには 体を温めねば!




っという訳で 昼間っから庄内地酒の熱燗。



(*´▽`*) (← コラ!)




20161210_134412


お店の方が 「体を温めるならヒレ酒がお勧めです」


と言うので




20161210_134351


仕方ないなぁ・・・



ヒレ酒下さ~い!



(*´▽`*) (← コラコラ!)




1481340780020


庄内浜の地魚の皆さん・・・


右から 黒鯛 水ダコ 槍イカ


水族館では怖かった水ダコも 


刺身にしたらメチャ美味い。





1481341006979


鮃(ヒラメ)は熟成させて旨味を引き出すそう。




1481341520305


そして庄内浜の「アカメ河豚(フグ)」。


フグなのに旨味が濃くて美味い!




1481341524299


イカ肝の塩漬は熱燗にピッタリ!



 (´▽`) (← まだ昼間だぞ~)




最後に 千葉寿司さん渾身の


握り6カンを注文。



1481343367974


鯵(アジ)




20161210_135923


活蛸(タコ)



1481343656292


寒鰤(ブリ)




1481343755116


鮃のエンガワ



1481343843188


のどぐろ



1481343995291


雲丹(ウニ)



ネタも酢飯も握りの具合も 全て完璧です!



このお店 抜群に美味しいのに


とても気さくな雰囲気で お値段は東京の1/2。




20161210_135116


鶴岡・・・ 恐るべし!




1481349833496


さて お腹も一杯になったので


続いては路線バスに乗り 羽黒山へ・・・



1481350441611


夏には多くの参拝客で賑わう霊山も


冬のこの時期は誰もいない・・・



随神門のバス停で降りたのは僕一人だけ・・・




1481350563375


何度来ても ここは素晴らしい場所です。




1481350527053


荘厳な静寂に包まれる場所




1481350693011


聴こえるのは滝の音 川の流れだけ・・・




20161210_151915


すれ違う人も無い 冬の羽黒山




20161210_152303


しばらく歩くと 見えてくるのは・・・




20161210_152405


国宝 羽黒山五重塔です。




20161210_152458


凛として佇むその姿に


思わず背筋が伸びる思い・・・




20161210_153546


冷気と霊気にあふれた修験の山




20161210_152914


ここに来ると 日頃の憂さとか


欲や雑念 煩悩みたいなものが 


全て洗い流されていくような気がする・・・




20161210_153117



泰然自若 明鏡止水






20161210_155742


えっ、縁結びですって!



どこっ! それどこにあるのっ!




(゚∀゚≡゚∀゚) ← コラ!







20161210_164528


はい、そんなわけでホテルにチェックイン。


夜になって 雪がさらに激しく降ってきた・・・



では・・・


1481365556921



夜の部 開始です・・・


(´▽`)




(つづく)





fsuppo at 11:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)