ふたば+

悪いことをすれば、必ず自分に帰ってくるからね。

アニメ

【ヤマカン】1,000万円と丸1年使って動画3秒……山本寛氏のアニメPVクラウドファンディング企画がもはや詐欺レベルな件


初回のクラウドファンディングで700万円、その後のおかわりで300万円、計1,000万円を集めた山本氏のアニメPV企画が、2020年9月末のリターン履行期限を過ぎ、結局完成しませんでした。

9月中にはツイッターのエゴサーチやアンケート等で遊び耽っていただけに、アニメPVは既に完成していて月末に公開されるという見方もありましたが、月末に送られたメールマガジンに約3秒のアニメ素材(バストアップでキャラが少々動くだけの動画)を添付するのみに終わり、当方の予想通り、9月末完成及び公開の約束を破ったことになります。

8月末時点に送付されたメールマガジンでは、「セルもBGも音も仕上がり、最終的な工程を残すのみとなりました」と記載していますが、なぜその状況から1ヵ月もかけておいて完成していないのでしょうか?

山本氏は延期をさも当然のように嘯いていますが、金だけを要求しておいて自分で設定した同人アニメPVの期限すら守れないのは、プロ失格どころか「素人の域にも達していない」と言わざるを得ません。

クラウドファンディングのおかわりで金を集めるときは「完成目前」などと調子の良い事を言っておきながら、案の定こういった結果となりました。

メルマガにも目を通しましたが誠意の欠片も無く、批判が出ないように保身に走った実に山本氏らしい内容になっています。

おそらく山本氏の中では「謝ったら負け」とでも思っているのでしょう。

こういう場合は、まずは期限を守れなかったことをお詫びして、なぜそうなってしまったかの経緯を説明して改善策を提示、最後に今度こそは必ず守ることのできる期限を、曖昧な表現ではなく具体的な数字で何月何日と書き記すこと。

これが最低限の常識であり礼儀です。

仮にアニメPVが出来たとしてもこういった最低限のことさえ出来ずに延期を繰り返し、金だけを要求するような人間に劇場版アニメの数千万円以上もの巨額となる制作資金を支援してくれる人は絶対にいません。

そもそもUSPから1億円超を借り逃げするも捕まって債権者破産し、アニメ業界を追放された人間が、最後のチャンスとばかりに立ち上げたクラウドファンディング企画で、自分自身が設定した期限の約束さえ守れない時点で終わっているのです。

何度も書いていますが、その企画自体も金集めのために「京都アニメーション」の名前を無断で使用している非常に不義理不誠実なものです。

これについては最終的な当方の見解を後述いたします。



■アニメPVの制作状況

アニメPV『魔法少女たち』の制作監督は、アニメーターやキャラクターデザインで活躍中の平松氏に振る予定でしたがアッサリと断られました。

おそらく山本氏は自分自身は企画と大まかな設定だけをやって、実際の制作は他人に任せて左団扇のつもりだったのでしょう。

クラウドファンディングで得た支援金700万円を使って他のアニメ関係者に打診するも断られたとの噂も出回っており、USPを解任され債権者破産してからはアニメ業界で山本氏の話をするのは完全なアンタッチャブルになっているため、誰も引き受けないのは当然のことなのです。

1601892208998

山本氏の手口をこれまでの情報から考えると、断り辛い環境や状況をセッティングしておき、軽く話を振って同意を得ておき、後になって「あの時アイツがやるって言った!」と強要してくるのでしょう。

平松氏の時はヤマライブというYoutubeでのライブ配信中に突然平松氏に決まったかのように指名したのですが、流石に立場が上なので平松氏がうまく断りました。

ライブ配信の書き起こし】
1601509294798

しかしながら、あのようなハラスメント染みた振り方を平然とやっているのをリアルで見ると気分が悪くなります。

ミルパンセ板垣監督のコラムにあった、酒の席での軽い話からタツノコプロ経由で「板垣さんが(絵コンテを)1本やってくれるって山本監督がおっしゃってるんですが」というのも事実としてあります。

1602151429467

山本氏はこういった卑劣なやり方を賢いと勘違いしているのかもしれません。

こういった人間は皆様の身の回りにもいる、またはいたのではないでしょうか。

私自身の周りにもいましたが、当然その様な輩は時間と共に信用を無くして縁を切られることになります。

そんな状況で人が集まっていないのか、3月頃には中国に発注していたと言っておいて色々とおかしなことだらけですが、実際の状況はどうなのでしょうか。

上記の通り、相手が「発注を受けた」と思ってもいないのに、山本氏が勝手に「アイツに発注した!」と虚言を吐いている可能性もあります。

8月には「全行程の発注が完了した」と書いていますが、それなのに9月末に完成せず、陳腐なバストアップ動画が3秒だけというのはあまりにお粗末すぎます。

ちなみにアニメでのバストアップシーンは比較的楽な方です。

動きを抑えられますし、線も少ないし、作画崩壊しないなど利点がありますし、キャラを大きく映せるので視聴者の感触も割と良いとは思います。

ただ、今回の3秒を陳腐と書いたのは定番の構図と動きだったので、正面じゃないだけマシというレベルです。

そんなモノを繋ぎに使う時点で実際の制作状況はほとんど進んでないのでしょう。

おかわり300万円は支払いに使うと言っていたのにおかしな話です。

基本的に、9月末の支払い=納品&確認受領済ということですから、素材は全て上がってるはずなのになぜ完成していないのでしょう?

トラブルがあったと考えるより、山本氏の言う「発注」が常識的な「発注」ではなかった可能性が非常に高いと考えられます。

もしそうだった場合は発注者への疎通が取れておらず、肝心のモノは一生上がってこないままでしょう。

それを山本氏が「発注したから待っているんだ」と言うのならそれはただの嘘つきの言い訳になってしまいます。



■山本氏による京アニへの復讐行為

『魔法少女たち』PV企画は、山本氏が京都アニメーションの名前を無断で騙って金を集めた、京アニに対する嫌がらせ行為であると前の記事に書きました。

山本氏は10年以上も前ですが、京アニの子会社であるアニメーションDo在籍時に「監督の域に達していない」と判断されてから、京アニに対して積年の恨みを抱いていたことは間違いありません。

そして京アニ放火事件の後に山本氏が書いたブログでは害意に満ちた私怨が漏れ出しています。

下記は2019年7月29日に投稿されたブログの内容です。

今後消される可能性も考慮してWeb魚拓のURLと、5chに書き込まれていた感想が付いた内容で記載します。

【Web魚拓:僕と京都アニメと、「夢と狂気の12年」と「ぼくたちの失敗」】
http://web.archive.org/web/20191009123449/https://ameblo.jp/kanku0901/entry-12497416248.html
(※読み込みに時間がかかる場合があります)

nenngu

放火により京アニ社員36名が亡くなられ、33名が重軽傷を負った悽惨な事件を指して、「年貢の納め時」「代償」という言葉を使って京都アニを非難しています。

このブログが投稿された当時は私自身、事件のショックが大きく、記事の内容を理解しようとしませんでしたし、ストレスになると思って直視していませんでした。

しかし、先日5chに書き込まれたこのブログの内容を目にして、山本氏の異常すぎるほどに身勝手で非常識な私怨の発露に激しい憤りが湧き上がりました。

無論、山本氏の言う「代償」は、正しくすると「自分(山本氏)を監督から降ろした代償」です。

冒頭に「僕を引きずり降ろしたことへの恨み事ではなく~」と書いていますが詭弁にしか見えません。

何年も恨みを抱え続けて、京アニを訴えるとまで何度も公言していましたし、現在のアニメPV企画では京アニに話を通さず、許可も得ずに「京アニ」の名前を勝手に使ってクラウドファンディングで金を集めてその全てを山本氏が収めていることが何よりの証拠でしょう。

この点については前回の記事にまとめましたので今回は割愛いたします。

そして出資者の大半もしくは全ての人が、そうとは知らず、認識せずに支援金を支払ったものと思われます。

当サイトの役目としては、このことを多くの人に認知してもらうことだと考え、今回の更新を行う原動力となりました。

現在進行形で京アニ代理人の桶田弁護士に対してツイッター上で中傷を続けているという事実もあります。

昨今ではクラウドファンディングによる詐欺が増え続けているため、しっかりと事実を見極め、曖昧な表現や嘘に騙されないように気を付けないといけません。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。



■アニメPVに関わる人々

そしてその『魔法少女たち』に関わる面子をピックアップしたいと思います。

現時点ではキャラクターデザインなど公表されていませんが、ネット上の噂やこれまでの経緯などを踏まえてまとめました。


・監督・脚本:山本寛

・音楽:鹿野草平

・キャラクターデザイン:さゐや(現時点での憶測です)

・アニメーション:おそらく同上

・背景:不明

・ティザーイラスト:平松禎史

・広報協力:宇野常寛


監督と脚本は当然ですが、山本氏が担当。これは確定です。

音楽は『薄暮』同様に鹿野氏であると山本氏が公言したためこれも確定。

鹿野氏は雲隠れして消えた仮想通貨トワイライトコインでも山本氏と関わっていました。

キャラクターデザインについては現在憶測の域を出ていませんが、さゐや氏(ツイッターネーム)@SwyQ6ではないかとの見られています。

なぜこの人がキャラデザだと噂されているかというと、『薄暮』を手伝っていたアニメーターであり、山本氏と相互フォローしている人物だということ、また、「魔法少女たち」のキャラデザのラフと、さゐや氏がツイッター上でアップしていたイラストの色線のRGB値が近似していたことが挙げられます。

他の理由としては、絵のタッチが似ていることや、さゐや氏が比較的若い人物であるため、前に述べた京アニと山本氏の関係を正しく理解していない可能性があることなども憶測の要素となっています。

繰り返しになりますが、これはあくまで憶測であり、実際とは異なる場合がありますのでその際はご了承ください。

また、
キャラクターデザイン及びアニメーションの担当について正確な情報をお持ちの方はメッセージを頂けるとありがたいです。

背景は現在2点上がっているようですが誰かは不明です。

私の推察では本職の背景スタッフであることは間違いないと思います。

クラウドファンディングサイトなどで使われている初期のティザーイラストは平松氏によるものです。

また、ツイッターやネット上での広報の協力者としてネット評論家の宇野氏が関わっているようです。

彼らが山本氏による京アニに対する逆恨みの復讐行為に賛同して関わっているのかは分かりませんが、『薄暮』の頃から関わっているのであればおおよそのことを理解して請けているのでしょう。



■山本氏によるネカマ工作アカウントの行方

前の記事で取り上げた山本氏によるネカマ工作アカウントの浜辺エリザベートことErriy=Hamabeですが、前回の記事初稿をアップして数日で消していた浜辺エリザベートを復活させました。

前回の記事では「山本氏のネカマ工作アカウントの特徴として必ず最後にアカウントを消して逃げる」と指摘したため、その特徴をどうしても払拭したかったのでしょう。

しかしながら、消すつもりだったものを無理やり復活させたためか完全に持て余しているようで、無為なツイートをポツリポツリ呟くだけになっています。

ネカマアカウントの流れを追ってみると、やはりどう見ても同一IDで転生前の「漣 綺羅莉」とは別人設定のようですし、破綻しているのは分かっていても続けざるを得ないのでしょう。

「漣 綺羅莉」と同一IDなのは何故かと訊いてみたいものですが、あいにくツイッターはやっていませんし、訊いたところでブロックされておしまいでしょう。

1601780611319

前回の記事でツイッターのIDとスクリーンネームについて山本氏にも分かるように書きましたので、今後同一IDのスクリーンネームだけを変更して使いまわしてネカマ工作をするといった杜撰な失敗はしないことと思います。

これからしばらくはこの調子でゆるく続けて最終的にはフェードアウトしていく可能性が高いでしょう。



■今後の予想

これまで同様に「完成目前」「完成間近」といった虚言を吐きながら、これからあと数ヵ月は延期を繰り返す可能性が高いと思われます。

なお、延期を繰り返した後は下記3パターンに分岐します。

分岐するタイミングはクラウドファンディング元であるキャンプファイヤからの調査が入った場合や資金が尽きてしまった場合などです。


1.想定より短い尺、想定以下のクオリティでPVを公開した後に別のクラウドファンディングをやりだす

当初は3~5分程度と言っておいて700万円を集め、その後に300万円を上乗せできたので計1,000万円。

これならどう考えても4~5分は余裕でしょう。

ちなみにテレビ版『エヴァンゲリオン』制作費が1話当たり600万だったという話は有名ですね。

・参考:アニメ日記さん
http://bdek3712.hatenablog.com/entry/2014/05/01/130846

また、『魔法少女たち』はBlu-rayではなく今のご時世にDVDということです。

DVD画質での作成であれば解像度が必然と下がるのでビジュアル面の費用もかなり抑えられます。

・Blu-ray→1920×1080
・DVD→720×480

なお、新海誠監督の『ほしのこえ』25分の製作費は200万円です。

その5倍もの支援金を得た『魔法少女たち』PVのクオリティ&尺に注目したいと思います。



2.聞き苦しい言い訳を重ねつつPVを反故にして逃亡

最近山本氏のツイッターで増えている「アンチ」というワード。

彼にとって免罪符のような役割のようで、ことあるごとに「アンチがアンチが」と繰り返しています。

出資者から「ツイッターばかりやってないで制作に集中してくれ」と言われても、「それは作家性の否定なのでそれは出来ない」と意味不明なことを言って煙に巻くほどツイッター中毒の山本氏。

前からツイッターの文句を言いながらツイッターを使っているのを見ていると、実は山本氏の中に低学年の小学生が入っているのではないかと考えてしまうこともあります。

そんな人物ですから、いよいよとなったら理解不能なことを喚き散らしてPVを反故にする可能性も僅かながら考えられます。

但し、これをやってしまうと高確率で詐欺事件として立件されますし、そのくらいのことは分かっているでしょう。



3.「クオリティアップのため」と言いながらPVの再おかわりを要求

ゲームなどでよく延期の理由に使われる「クオリティアップのため」という言葉ですが、実際は制作が間に合ってないだけです。

自慢ではありませんが、私が前職でディレクションを務めた作品は一度も延期したことがありませんでした。

マイルストーンなどのツールでしっかり細かく進捗管理していけば予想外のトラブルが起こらない限りは延期はしません。

延期するとその分人件費が嵩んで損益分岐が歪んでしまいますし、そこを挽回するのは非常に困難でもあります。

逆に言うと早く出せればそれだけ利益を出しやすくなるのですが、クオリティを保てなければユーザーから見放されてしまいます。

そこのバランスをコントロールしてユーザーとの約束を守るのがディレクターだったり監督という役の職務なのです。

時間をかければ誰だって良いものはつくれます。

限られた時間で良いものをつくるのがその道のプロなのです。

なので自分で設けた期限さえ守れない山本氏をプロとは呼べません。素人です。

ツイッターでの発言を見ていると「いくらでも時間をかけていい」と思っている節があり、このまま資金が尽きそうになってから恥知らずに再度おかわりを要求しても妄信しているファンの方以外は見向きもしないでしょう。



■アンケートで希望通りの結果にならず癇癪をおこしPV制作をせずアンケート乱発

山本氏は9月13日からツイッター上で、とある24時間アンケートを開始しました。

「『Wake Up, Girls!』を山本氏が買い戻してほしいか?」という内容のアンケートです。

さらに『「絶対嫌です」が25%超えるようなら、もう一切手出ししません。』とまで言及したため、ふたばや5chで注目を集めます。

アンケートの詳細についてはTogetterに詳しくまとまっていますので下記をご確認下さい。

【Togetter:ヤマカン「WUGを買い戻して欲しい?」→「絶対嫌」が過半数→ヤマカン悔し涙のアンケ連発】
https://togetter.com/li/1593032


実情を分かっている人であれば「1億円以上もの負債を作った上に借り逃げして『WUG』コンテンツを殺した張本人が何を言ってるんだ?」と思うのですが、山本氏は何を考えてこんなアンケートをしようと思ったのでしょうか。

これまでの山本氏の行動を見ていれば簡単な問題でしょう。

はい、『WUG』を使った新たなクラウドファンディングで金を集めることが目的です。

これをやれば確実にUSPが法的措置をとることくらい分かっていると思ったのですが、おかわりの300万円を使い切ったらいよいよ飯のタネがないのでしょうか。

免責というのは法的な返済の責任を免れるというだけで「借金それ自体が消滅する」ということではありません。

山本氏が1億円超もの借金をして返さなかったという事実や、それによってUSPが巨大な負債を抱えてしまったという現実は変わらず残り続けるのです。

そこから『WUG』の権利を買いたいとなれば「まずは借金1億円超+法的に認められる利子を全部支払ってから言ってね」となります。

法的には免責されても、債務者が債権者に対して免責された借金を返済することは自然債務として認められているため、当然債権者であるUSPから買い取るのは非現実的すぎる話なのです。

山本氏は債権者破産したこと自体、「自分は悪くない」という子供のような虚勢を貫いているためこういったことを理解できていないのかもしれません。

また、山本氏が『WUG』の制作において借金を負った経緯や、その実情について多数のリークがありますので、いくつかキャプチャを掲載します。

WUG』の制作実情リークその1】
a2


やたらとアニメ業界や山本氏に詳しい謎の人である躾のいい狂犬にゃんだ氏のmastdonより。

机の引き出しにカギをかけてカットを溜め込んだまま山本氏が遊んでばかりで制作現場に現れず、仕方なく引き出しをぶっ壊したというのはこの時でしたでしょうか?

おまけで氏の投稿から『らき☆すた』降板の真相リークもどうぞ。

sasasasasa

かなり詳しい方のようですが一体何者なのかは分かっていません。

……アイコンの可愛い黒猫ちゃんは「にゃーん」と鳴くのでしょうか?


WUG』の制作実情リークその2】
(瓦礫の中のゴールデンリング様:2017年投稿の削除された記事)

d2

『WUG』助っ人演出家のmitahiroshi氏によるブログ記事です。

山本氏は上記の記事に対して「根拠と言質を示してください」とコメントして記事を削除させました。

しかし今なら
債権者破産決定という完璧な証拠がしっかりあります。

また、山本氏が書いた『こうしてWUGは壊れた』が嘘だらけの誹謗中傷文であることは前回の記事に書いた通りです。

しかもその誹謗中傷文に対してUSPが名誉棄損で山本氏を訴えたという事実もあります。

破産に関しては他の記事にて詳しくまとめていますので、ご興味のある方はご一読ください。


さて、少し話が逸れましたが、山本氏が行ったアンケートは当人の予想とは真逆とも言える結果となってしまいました。

「25%を超えたら一切手出ししない」と言った「絶対嫌です」最終的に50%を超えたのです。

しかも開始時点で「是非お願いします!」に400票の業者ブーストが入っていたと指摘され、それについてのキャプチャもしっかり撮られており、実際に私自身もリアルタイムでその流れを確認していましたが、明らかに最初の得票がおかしいのです。

ツイッターのフォロワーを金で買える業者があるのは知っていたのですが、アンケートの投票数まで金で買えるとは知らなかったためすぐに調べると実際にそういった業者が実在しました。

なぜ400票かというと、このアンケート以前にも別のアンケートをやっており、そこでの総票数が数百止まりだったため、費用も考慮してこのアンケートもそれくらいで収まると考えて400票にしたのでしょう。

当初は「是非お願いします!」が優勢だったのですが、開始から数時間して「絶対嫌です」が逆転して、そこからじわじわと突き放していく流れで、ネカマ工作アカウントの山本エリザベートも混ざってきたりと、ふたばの該当スレはお祭り状態になっていました。

そこから山本氏ファンと思われる大学生の通称インコくんが大暴走して、票を買うための金を集めようと呼びかけたりと色々ありつつ、山本氏が想定していたダブルスコア50%で決着。

【インコの乱まとめ(おそらくふたば発?)】
1601801462566

これで一件落着かと思ったのも束の間、山本氏が癇癪をおこして類似するアンケートを乱発し始めました。

これにはネット上の全員がドン引き。

山本氏はどうにかして自分の思い通りにならないどころか、工作までしてもダブルスコアで惨敗したという事実を受け入れられなかったのでしょう。

その記憶を新しいアンケート上書きするかのように数日に渡って何度も何度も意味不明なアンケートを繰り返したのです。

その数、記録されているだけでもなんと26回。これは票数ではなく、アンケートを行った回数です。

とにかくゴネまくって最初のアンケート結果を無かったことにしたかったのでしょう。

ナニワ金融道から分かりやすい2ページを抜粋。
zzz

更にはアンケートで負けたのをファンのせいにして発狂したりと、自らの非常に醜い人間性を惜しげもなく晒し続けました。

また、自分でアンケートのことを「遊び」だとツイートした後に、その発言がまずいと思ったのか、「遊び」「研究だった」と言い換えようとしたり、随所でも山本氏の醜態が散見されました。

ここまで遊んでいるとなると「これだけ遊んでるならもしかしてPVが完成したんじゃないか?」という話になるほどでしたし、私も完成したものだと思ったのです。

ところが9月末になったらどうでしょう。

前述の3秒バストアップ動画でお茶を濁して、新たな期限すら公表しないという不誠実極まりない結果となりました。

これだけふざけて遊んでおいて悪びれもせずに保身に走った言い訳を繰り返す山本氏が一体どういった人間なのかかよく分かると思います。


余談になりますが、京アニ放火事件の青葉容疑者が過去に5ch上で行ったと思われる書き込みの中に、山本氏に関するワードがあったためそれを記事にしてもらいたいというメッセージを頂きました。

書き込みが確実に青葉容疑者のものであるという確証が得られないため記事にすることは難しいかと存じますが、今後何か分かり次第調査を行い、記事に認めたいと思います。

以上。

【ヤマカン】未完成版『薄暮』試写会&アニメ業界廃業宣言


---------------

再三に渡って延期していた山本寛監督(通称:ヤマカン、1620号など)による自主制作アニメ『薄暮』の試写会が、5月24日~26日に福島県、東京、大阪で行われました。

この試写会はクラウドファンディングの支援者や関係者などへ限定された公開でしたが、ツイッターなどで感想コメントがありましたので紹介したいと思います。


・試写会で釈明する山本監督と遠くを見つめる和田プロデューサー
i.imgur.com_V6ftNIQ


なお、作品は結局完成できず、24日の福島公開では全52分から14分だけのダイジェスト版を公開、25日と26日の東京、大阪公開ではフル尺の52分でしたが半分以上が彩色なしや原画のみという未完成品でした。

そして公開と同時に山本氏がブログで未完成の詫びとアニメ監督の廃業を宣言。

これまでにSNSなどでアニメ関係者や他作品をこき下ろしてビッグマウスを連発していただけに、ネット上では様々な意見が飛び交っています。

ちなみに山本氏は過去の監督作『フラクタル』でも引退を宣言しましたが、1ヵ月弱もせずに撤回した前科があるため引退発言は信用されていません。

そして、2年半という長期間と被災地支援を騙ったクラウドファンディングによる調達金約2600万円&パトロンである和田氏の資金を贅沢に使って、ようやく完成したものが14分のアニメもどきだったということで、予算の使い道も問題視されています。

結果として、待ち続けた氏のファンはもちろん、舞台となったいわき市の方々をはじめとした関係者及び協力者の期待を裏切る結末となりました。

更に『薄暮』内で、これまでに山本氏が制作に携わった『ハルヒ』(角川)や『WUG』(エイベックス)のメインキャラクターが描かれていたとのコメントが散見され、無断盗用による著作権侵害の疑いがもたれています。



■『薄暮』試写会感想

面倒なので他サイトのまとめをご覧ください(手抜き)。



・山本氏のファンによるツイート
k1


・仮想通貨トワイライトコイン関係者による絶賛ふわふわツイート
1558838390144

試写会に参加したCF支援者≒山本氏のファンや、仮想通貨に参加していた関係者による感想なので、かなりポジティブ思考というか未完成であることさえプラスに捉えているので内容の評価として参考するのは難しいと思われます。



■山本氏に関する情報

・アニメ業界からの廃業について

1558876718973

5月26日に投稿された自身のブログにて比較的まともなお詫びがありましたが……。

同日ツイッターでは下記のツイートをしています。

1558877586899

「頭を下げながら舌を出す」とは正にこのこと。

自他ともにアニメを作れないと認める人間が現場に3人もいたら、お金だけ掛かってしょうがないのではないでしょうか?

山本氏は「監督業のほかにもシナリオや脚本など様々な業務にも携わるので相応の報酬をもらって当たり前」と以前に書いていましたが、もっと早く自身がアニメを作れず資金だけを吸い上げる人間だと気付けていれば、少なくとも『薄暮』は完成はしていたように思います。

CFで集めた2000万の半分を持って行ったのかという質問に対して否定しない山本氏。
1558886830121

ちなみに試写会の3ヵ月前ですら全く現実を直視できていないブログを書いています。
1558880658941
「協力していただける人にはちゃんと説明する」と書いていますが、それは事実でしょうか?

1558880344713

上記はクラウドファンディングの支援者(出資者)によるツイートですが、全くその通りだと思います。

完成を心待ちにしていたにも関わらず、時間をかけ、交通費を割いて、期待が募るなか試写会に行ったら14分しかない未完成なダイジェスト版を観せられた支援者の苦痛は如何ほどでしょう。

企業としては、試写会よりも前に、未完成であるという事実報告を詫び、その原因の解明、そして今後の対策を出資者や関係者にしっかりと説明するのが筋ではないでしょうか。

7月に行われる山本氏個人による破産の債権者集会に向け、反省アピールとして体裁を整えようとしただけにしか見えません。

また、『フラクタル』大爆死(DVD売り上げ883枚)の際にも引退を宣言していましたが、結局は約束を守らず反故にしたため信用性を著しく欠いています。

なお、『フラクタル』にて引退宣言→撤回したときの不誠実極まる開き直りは下記の画像をご参照ください。

intai



・日本フィルアニマチオン解散について

D7X7_p6UIAAkykE

日本フィルアニマチオンとは、山本氏個人が代表を務めるネット乞食活動のこと。

コース内容は下記の通り。

・月額1,000円コース:フェイスブックの非公開グループ招待
・月額2,000円コース:上記+月一回更新の読み物コンテンツ閲覧可能
・月額3,000円コース:上記+山本寛主催のイベントの永久無料参加権付与

山本氏はこれによって月に50,000円程度の収入を得ていたとみられる。
この報酬が破産の財産管理に引っ掛かり債権者への配当になるため解散した模様。


・アレオレ詐欺について
(※アレオレ:「アレはオレがやった」と何も知らない第三者に経歴や業績を詐称する行為)

『薄暮』制作において、全く関係の無い有名作品『君の名は。』を勝手に使用していわき市関係者に支援を募っていたことが判明。

本来はタイトルは著作物としてみられませんが、商用利用かつ顧客吸引力を有する目的なので、尚且つ同じ土俵のアニメ映画作品を挙げているため、かなりグレーゾーンな行いです。

・いわき商工会議所会報誌に全く無関係な『君の名は。』を使用してタイアップ案内
TOJBE9764

1b


ちなみにラーメン屋でも『君の名は。』を騙って店主を欺いたことが判明しており、過去のツイッターやブログを見る限りこのような行為が常習化しています。

2]


ちなみに山本氏のアレオレやパクリは枚挙に暇がないほどなのでネットにあがっていたのを少しだけ。

・WUG制作の際に勝手に他社名や作品を使って営業
aasa


・いわき市を主語にしてあたかもいわき市が迷惑していると錯覚させる公式ツイート(後に削除)
1557990463069


・以前に自身が立ち上げた会社のロゴは盗用
(1954年公開の名画Ordetから盗用・映画の著作権は70年のため著作権侵害)
3



・LINEブログ停止によるカスタマーサポート恫喝

山本氏の収入源の一つになっていたLINEブログが、利用規則第8条違反により4月に停止され報酬の振り込みがなくなったことで激怒。

具体的な違反項目は不明ですが、おそらくは誹謗中傷などの第三者に不快感を与える過度な表現でアウトになったのではないかと思われます。

それからLINEカスタマーへの電話クレームを繰り返した挙句に、内容証明で抗議するなど悪質クレーマー化。

また、電話での対応スタッフ恫喝動画を自ら撮影し、何を思ったのかトワイライトスタジオのYoutubeアカウントで動画をアップするという奇行に走りネット民は困惑。

動画については恫喝する様子のあまりの気持ち悪さに視聴を断念するネット民が続出しました。

今現在もYoutubeに動画が上がったままなので興味のある方は下記よりどうぞ(閲覧注意)。



・視聴が困難な方のために有志作成テキスト
1556371787559


その後アメブロに移ってLINEブログの文句を書き綴っていましたが、LINE社から内容証明が届いてからは尻尾を巻いたようにおとなしくなりました。

但し、対応されたLINEカスタマースタッフのストレスは尋常ではなかったと思われます。

私利私欲のためこのような行為に及び、向かい合う人ひとりのことさえ考えられない人間が、地震被災地への復興を語っても全く説得力がありません。

また、『薄暮』制作元のトワイライトスタジオは、動画アップロード含め誰一人この行為を止める人間が居ない倫理性を欠いた会社であると断言できます。


・USPへの一億円借金に関する答え合わせ完了

債権者破産した山本氏はブログにて、「制作費用が嵩んだことによる借金はUSPやエイベックスの陰謀で私は悪くない!」と強い論調で公言していましたが、今回の『薄暮』では潤沢な資金と2年半という期間がありながら14分のアニメもどきしか作れなかったということで、彼の言い訳が虚言、または間違っており、借金は現場に大幅遅延を生じさせたなど自身の能力不足(または故意的搾取)によるものだという証明になりました。



■『薄暮』の今後について

・今後の主なスケジュール
 ・5月  - 2回目CF返礼のムビチケ送付 
 ・5/24 - 福島県での先行公開(14分のダイジェスト版)
 ・5/25 - 東京での先行試写会(52分の半分以上彩色などが無い未完成版)
 ・5/26 - 大阪での先行試写会(52分の半分以上彩色などが無い未完成版)
 ・6/21 - 本公開
 ・7/04 - 山本寛氏の債権者破産に関する債権者集会
 ・7/12 - 近畿地方での本公開
 ・11月 - 2回目CF返礼のBlu-ray送付 


・公開情報
 ・福島 ※いわき芸術文化交流館アリオス(6月7日)
 ・福島 ※郡山中央公民館多目的ホール(6月14日)
 ・福島 ※朝日座(6月15日)
 ・福島 ※大熊町役場新庁舎(6月16日)
 ・福島 会津若松市文化センター文化ホール(6月30日)
 ・福島 イオンシネマ福島(6/21より公開)
 ・福島 ポレポレシネマズいわき小名浜(6/21より公開)
 ・福島 まちポレいわき(6/21より公開)
 ・東京 シネ・リーブル池袋(6/21より公開)
 ・京都 T・ジョイ京都(7/12より公開)
 ・大阪 シネ・リーブル梅田(7/12より公開)
 
 ※6/21以前の公開は未完成版の上映
 ※全国公開とありますが北海道・中部・中国・四国・九州地方での公開は無し
 ※本公開に必須となる映倫審査に関する情報は現時点で全く無し
 ※映倫審査は基本的に完成版提出から1ヵ月近く要するため上記の本公開が中止になる可能性あり


・延期発表後から音沙汰無しのCF返礼案件
 ・1泊2日バスツアー
 ・声優4人登壇プレミアムトークイベント
 ・お食事会
 ・お疲れ様本送付
 ・設定資料集送付



■ネットの声

・アニメ業界人さんからの正論指摘抜粋

181 名前:業界人[] 投稿日:2019/05/26(日) 04:30:05.20 ID:XRuThhnd [1/3]
 
業界人だけどいくつか問題点を指摘しておく 
この作品に投資してる人は口出す権利があると思うんで突っ込んでよ 

・完成の目処が立っているかに言及しないでいる点 
まず進行度合いが公開されてない事、 好意的にみて十数分しか公開されなかったのはその尺の範囲で観れる流れを作った結果十数分なのか 
それだけしか上がってないのか分からない 
例えば残り全尺の60%~80%が動画作業に入っているが公開には間に合わなかったのか 

トータルで見て「目処」についてなんの発言もしてないのが問題というかしてないのは全く目処がたってないとしか思えない 


182 名前:業界人[] 投稿日:2019/05/26(日) 04:38:00.46 ID:XRuThhnd [2/3] 

続いて資金面 

・資金繰りは計画の範囲内なのか 
氏は「どれだけ犠牲を払おうとも」と発言してますが 彼自身が破産している事実をベースとするともう払う犠牲は持ちえてないはずでそれを払うのがスタジオ(と作業従事者)ではないのかという話
彼が破産したのは彼自身がプロデューサー(に近い立場)として作業を別スタジオに投げて結果代金を支払えなくなってるのが元凶としか考えられずそういった手法を使えないとなると全てをスタジオが被る事になっていうのではないか

全体の資金管理と労務管理が出来ているのか、完成の目処も立たないのにここで辞めずに進行して問題は起きないのか、という話 

同じ業界人としては客観的に彼の熱意だけで続行できる話では到底無いと思う 


183 名前:業界人[] 投稿日:2019/05/26(日) 04:42:37.49 ID:XRuThhnd [3/3] 

彼が臓器売ってそれで作品仕上げるってんなら別に勝手にやりなよとしか思えないけどツケを払うのはアニメーターとか絶対にやっちゃならん事だし、こんな話に「復興」とか付けるのは無理がある 

正直もうやめた方がいいとしか思えんのよね 
もちろん追加でクラウドファインディング立ち上げてそれで納得するバッカーが現れればそれでもいいとは思うけどね



・公式コメントと山本氏ブログの見解乖離指摘

452名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!2019/05/26(日) 11:16:48.95

・2019年4月26日、1620号の公開延期の公式コメント 

本作は、「5月24日(金)より福島県先行公開」を予定しておりましたが、作品の更なるクオリティアップのための時間を担保するため 
公開日を変更させていただき、「6月21日(金)」より全国にて一斉公開させていただく運びとなりました。 
僕の『東北三部作』の完結を飾る作品として、所謂「間に合わせ」では済まないと考え、苦渋の決断に至りました。 
福島の方には「先行版」を観ていただくとして、その時点での万が一のリテイクの可能性を鑑みて、 
約一か月の「保険」をいただいて一般公開します。 
その分完璧なものを目指しますので、どうかご期待いただければ幸いです。 

 ↓

約2時間後に更新された山本氏のブログ 

まー、なんでこんなややこしいことになったかと言えば、まぁ元は制作状況が押しているというのもあるのですが、まず宣伝期間があまりに少ないこと。配給上も、DCPを劇場に納入してチェックする時間が取れないこと。 
そして制作現場から、クオリティコントロールのための期間を設けてほしいという要望があったからです。 
ぶっちゃけ僕としては気の進まない判断ではありましたが、みんなの「やっぱり完璧にやりたい!」という想いを受け止め、責任を持って変更しました



■その他

・プロデューサーの和田浩司氏は5/7からツイッターの更新を止めて沈黙中
・5月時点でも山本氏実家の山本健装登記簿に取締役として山本氏の名前記載確認済
・女性の乳首描写があったとのツイートがあり事実ならば映倫審査レートに影響
・CF返礼については音沙汰無し
・CFで集めた計2600万の用途詳細については一切報告無し
(CF手数料を引いて実際のインは約2,160万円



■最後に

アニメ監督の板垣伸氏が連載しているコラム『板垣伸のいきあたりバッタリ! 』を紹介して締めたいと思います。

・ 第608回 物事の多面性
http://animestyle.jp/2019/04/25/15422/

板垣氏は前記事でも触れた通り山本氏の代役として
『WUG新章』の監督に抜擢された方で、山本氏から目の敵にされている人物です。

内容は
板垣氏がアニメーターだった頃のことを振り返り、そこで実感された「本物の監督」と「ダメ監督」の違いを書かれています。

また、制作進行スタッフが月600時間の労働によって鬱病にかかり過労死自殺した『かんなぎ』においては当時山本氏が監督を務めており、板垣氏のコラムを読んで思うところがありました。

板垣氏は他にも興味深いコラムを色々と書かれてありますので、もしよろしければご一読ください。

・第445回 監督とイベント
http://animestyle.jp/2015/11/19/9531/
・第446回 監督とイベントの続き
http://animestyle.jp/2015/11/26/9554/
・第612回 アニメ監督の仕事、令和元年(2)
http://animestyle.jp/2019/05/30/15566/

余談ですが、板垣氏は今年7月から放送される『COP CRAFT』(キャラ原案:村田蓮爾氏)の監督をされていますので、大変楽しみにしています。

以上、また何か情報がありましたら追記します。


※前記事:【ヤマカン】山本寛氏に関する債権者破産まとめ
※次記事:【ヤマカン】山本寛氏の破産に関する免責を真面目に考えてみた』
記事検索
ジャンル別
月別アーカイブ
プロフィール

Futaba+管理人

元ゲームディレクター。
絵と音楽以外なら大体出来ます。
お仕事等のご依頼からブログのご感想まで何でもお気軽にどうぞ。
【Help】
法律に詳しい方がいらっしゃいましたら是非ご連絡ください

メッセージ

管理人に非公開メールを送信できます(メール欄未記入OK)

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ