楽しい牛乳パック工作ジャスコ「北海道牛乳」99年5月

2005年11月25日

工作専用牛乳のご提案

昨日もお知らせしたとおり、県内各地で行われた牛乳パック工作コーナーはどこも盛況で、牛乳パック工作の潜在的な需要は大きいのではないか?と感じさせました。ただ、工作するときに一番やっかいなのが牛乳パックに線を引く作業です。設計書を見ながらひとつひとつ測ってボールペンで線を引く、ここで多くの人があきらめてしまうのではないでしょうか?
牛乳パックとヒコーキ
そこで、あらかじめ切取線が書いてある牛乳パックはどうでしょうか?これならばいちいち測る必要もなく、切り取って組み立てるだけです。世の中の「牛乳パックは洗って、開いて、乾かしてリサイクルへ」という流れに逆らいまくってますが、楽しんだあとにリサイクルにまわすということでご勘弁ください。

せっかく最初から線が引いてあるなら、ということで作ってみました「ANA−MEGMILK」。線のとおりに切って組み立てるとナント!ANAの紙ヒコーキのできあがりです〜。
紙ヒコーキなら牛乳パック1本分で済むので取り組みやすいし、ANAとのコラボで広告費もらえるかもしれないし、新北九州空港開港記念の九州限定品ということでどうでしょ。日本ミルクコミュニティさん、いっちょ作ってみませんか?
ANA−MEGMILK


←ペイントで作ったANA−MEGMILK
  プリンタで打ち出してカラーコピーで
  大きさ調整して、牛乳パックに貼り付けて
  から切り抜いて組み立てました。
  タイヘンだったんだぞ〜w



ftmember at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) 愛しの牛乳パック 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
楽しい牛乳パック工作ジャスコ「北海道牛乳」99年5月