山崎製パン「牛乳甘食」06年7月イオン「牛乳」06年7月

2006年07月23日

キャップ付きビン牛乳のお得情報w

キャップ付きビン牛乳ビン牛乳が変わり始めてます。紙製フタが減り、ポリエチレン製キャップが増えています。

紙製のフタはデザインがいろいろあって集める人続出って感じでしたが、ポリエチレン製キャップは味も素っ気もなくて面白くありません。ですがある場面でものすごく役に立つことが判明しました。それは
      「懐かしのミルメークを溶かしやすい」
ということです。給食の牛乳が紙パックでミルメークが出なかっただった私は懐かしくも何ともないのですが、経験者によるとスゴイ便利なんだそうです。(すんません、ここまで読んであきれた方は飛ばしてください)



ポリエチレン製キャップのいいところは何といってもきっちり閉まるところ。紙製フタでキチンと閉まらない頃はミルメークを入れてストローでかき混ぜるだけで、どうしても溶けきらない粉が底に溜まってました。キチンと閉まるキャップになったことで激しく振ることが可能となり、理想的なミルメーク牛乳をつくれるようになりました。
というわけでポリエチレン製キャップ付きビン牛乳でミルメークを作る方法のご紹介です。

ミルメーク投入キャップをあけてミルメークを投入し、スバヤク閉じます。

 

 

 


ミルメークをシェイクする怪しいバーテンダーキャップを押さえながら、バーテンダーになったつもりでよく振りましょう。シェイクシェイク!

 

 



とけたかな〜?底を見てミルメークの粉がなければできあがりです。

 

 

 


ミルメーク牛乳を飲む怪しい牛男腰に手を当ててごくごく飲もう!



ftmember at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) 愛しの牛乳パック 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
山崎製パン「牛乳甘食」06年7月イオン「牛乳」06年7月