豊田乳業「牧場(まきば)の四季牛乳」07年6月名古屋牛乳「酪農牛乳」07年6月

2007年08月23日

牛乳パックの「乳成分表示」

暑いぞ〜(中央酪農会議の素材集より)

日本の多くの酪農家で飼われている白黒模様のホルスタイン種は涼しいオランダ原産の乳牛です。そのうえ草食動物である牛は、常に発酵熱が発生する第1胃(ルーメン)をお腹の中に抱えています。というわけで、「乳牛は日本の夏に弱い」のです。暑いと食欲が落ちるのは牛も人間も一緒。ですから夏には牛乳が出る量が減ったり、乳成分と呼ばれる乳脂肪分や無脂乳固形分(主にタンパク質と乳糖)が落ち込んだりするのです。

生乳成分の推移で、昨日からの続きです。豊田乳業の「牧場の四季牛乳」は牛乳の成分が季節によって変動することをそのまま素直に商品名にした牛乳です。パックの側面には乳脂肪分と無脂乳固形分のグラフが載せられていました。やはり暑い夏になると減っています。まあ、暑い夏にはサッパリしたものを飲みたくなりますので、それはそれでいいのかもしれません。でも「減る」ってのはなんだかマイナスイメージですよね〜。

明治乳業「明治北海道十勝牛乳」99年2月の乳成分グラフ

ここに、明治北海道十勝牛乳のパックに載っていた乳成分のグラフをもってきました。上が99年2月のもの、下が05年11月のものです。ひとめみて皆さんが受ける印象はいかがですか。
上は「夏になると成分が薄くなっちゃうんだね
下は「冬になると成分が濃くなるんだね
というものではないでしょうか?

明治乳業「明治 北海道十勝牛乳」05年11月の乳成分グラフ2つのグラフの乳成分を見てみます。
 乳脂肪分
  99年3.7〜4.1%、05年3.8〜4.1%
 無脂乳固形分
  99年8.5〜8.8%、05年8.6〜8.9%
約6年のあいだに酪農家の方々が努力されたのか、乳脂肪分、無脂乳固形分ともに0.1%ほど濃くなってはいますが大きな差はありません。変わっているのは月のとりかた、99年が3月〜2月なの夏を中心にした1年間なのに対し、05年は8月〜7月と冬を中心に置いた1年間です。つまり乳成分のデータは変わりませんが、「見せ方」が変わったため受けるイメージが大きく変わったのです。

私の知る限りですが、以前はほとんどの牛乳パックで上の「夏減る型」のグラフを載せてました。最近は下の「冬増える型」のグラフを載せる牛乳パックが増えています。消費者は「減る」にマイナスイメージを感じ、「増える」にプラスイメージを感じます。そのことに気づいた乳業メーカーが、ひそかに(笑)乳成分のグラフを変更してたんです。皆さんはお気づきでした?



ftmember at 00:00│Comments(4)TrackBack(0) 愛しの牛乳パック 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kazagasira   2007年08月23日 11:40
変動表をつけている手持ちのパックを取り急ぎ確認したところ、夏減り型(1〜4月が左端に位置するもの)も結構健在でした。明治乳業方式に追随する動きはこれからといった所でしょうか(笑)。当方の知る限り瓶牛乳の方では変動表はせいぜいタグに付される程度だと思いますが、夏と冬で成分数値の違う牛乳キャップを採用しているメーカーがいくつかあります。

らくれん北海道牛乳(四国乳業)・1〜12月
みどりの国牛乳(森永乳業)・3〜翌2月
コープ牛乳(淡路島酪農淡路島工場)・3〜翌3月
北海道函館3,7牛乳(北海道乳業函館工場)・4〜翌4月
北海道牛乳(明治乳業)7〜翌7月
北海道牛乳(いかるが乳業)12月〜翌11月
2. Posted by 朝倉2号   2007年08月23日 21:16
わざわざ私の戯れ言におつき合いいただきましてありがとうごあいます。それにしてもビン牛乳のキャップを季節でわざわざ変えているところがあるなんて驚きました。私もまだまだ知らないことばっかりです。
3. Posted by だぎん   2007年08月24日 12:41
すごいマニアックな内容の記事に対して、こちらもすごーいマニアックなコメント。
勉強になります。
グラフを提供側の趣旨に沿って見せ方を工夫するやり方は、プレゼンの席では、よく使われる古典的な方法です。ただし、それを見るひとにとって、分かりやすくする為の手段なら可ですが、情報の操作ならやり過ぎではないでしょうか。
普通に「成分無調整」では、ダメなんですかね。
4. Posted by 朝倉2号   2007年08月24日 22:57
普通に「成分無調整」でいいと思います。ただ、いまの多くの消費者には「牛乳の成分が季節により変動する」という意識がないんじゃないでしょうか。なんか差があるんだろうけどそのまま商品化=成分無調整くらいしか思っていないような気がします。ですからグラフできちんと示すことは、牛乳を知ってもらうために、よいことだと思います。
グラフの見せ方の是非はよくわかりませんw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
豊田乳業「牧場(まきば)の四季牛乳」07年6月名古屋牛乳「酪農牛乳」07年6月