“みるくぽけっと”はおかげさまで5周年KUMAさんからの贈りもの Part14

2011年05月04日

鳥栖市酪、もしかして・・・。

鳥栖市酪農業協同組合

市酪牛乳と仲間たち鳥栖市神辺町町に牛乳工場がある鳥栖市酪農業協同組合。
おいしい市酪牛乳や、コーヒー・フルーツなどで、
地元を中心に親しまれています。

 ※鳥栖市酪のご紹介は → コチラ

ところがこのところ、何かおかしいんです。

販売店に鳥栖市酪の牛乳が見当たらない。
 最初に異変に気がついたのはスーパー大栄大刀洗店でした。
 いつもは赤いパックの市酪牛乳が山ほど置いてあるのに、
 その日は1本もありません。
 売り切れた感じでもないんです。
 気になって、まちの駅とすや、農産物直売所うちの畑をまわりましたが、
 どこも市酪牛乳が姿を消していました。

PB牛乳の製造者が他社になった
ジョイント牛乳 久留米の地場スーパーマーケット「ジョイント」のPB牛乳が、
 鳥栖市酪製造から九州乳業製造に変わってました。
 鳥栖市酪製造になる前は九州乳業製造だったので、
 もとに戻っただけかもしれません。
 でも、市酪牛乳が店頭から姿を消すのと同時ってのが、
 タイミングが良すぎます。



土曜日に工場が操業していない
 以前、鳥栖市酪でビン牛乳を購入したのは土曜日でした。
 酪農家の皆さんは毎日乳しぼりをするので、
 牛乳工場は週休2日というわけにはいかないのです。
 ところが、こないだの土曜日は工場の門が閉じられ、
 なかにはどなたもおられませんでした。
 工場が操業している様子もありません。

以上のことから導かれるのは、
「鳥栖市酪が廃業したのではないか?」ということ。
組合に確かめたわけでもないし、直接的な証拠を握ったわけでもありません。
でもどこにも市酪牛乳がないんです。
私の杞憂に終われば、それがいちばんいいんですが・・・。
どなたかご存じありませんか?







NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00│Comments(6)TrackBack(0)  鳥栖市酪(佐賀) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジャンボフェニックス   2011年05月09日 11:27
5 朝倉2号様はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
岡山のジャンボフェニックスと申します。九州新幹線開通を機に訪問を考えていた鳥栖市酪が3月いっぱいで廃業とは残念至極でなりません〜(T_T)これからもHPを楽しみに待っております!
2. Posted by 朝倉2号   2011年05月09日 23:32
ジャンボフェニックスさま
コメントいただき、また、弊ブログを御覧いただき、ありがとうございます。

「3月いっぱいで廃業」ってことは、何らかの確認をされたということですね。酪農協といいつつ、酪農家が1戸しか残っていないと聞いていたので心配していたのですが残念です。

ところで、下津井電鉄、柵原鉄道、親戚が瀬戸町にいるんで、廃業前に上から下まで乗りました。いい感じの鉄道だったですよね。機会があれば水島臨海鉄道に乗りに行きたいです。仕事が忙しくてなかなか難しいんですが。
3. Posted by ジャンボフェニックス   2011年05月10日 12:00
3 鳥栖市酪は訪問しようと思い先日電話すると、3月いっぱいで廃業したとのお返事でした…(T_T)水島臨海鉄道は路線の高架化が進み、以前のような味わいが少し損なわれました…
乗車される際は、キハ20がお薦めです!!
4. Posted by 朝倉2号   2011年05月11日 21:30
貴重な情報をご提供いただき、ありがとうございます。
このままさら地になってしまうのか、それともどこかが牛乳製造を引き継ぐのか、その動向を注視して参ります。

ところでキハ20、いいですね。島原鉄道での引退以降、乗ってないんで、久しぶりに乗りたいです。岡山で新種の牛乳がいっぱい手に入りそうだしw
5. Posted by K。   2011年05月13日 10:19
5 初めまして。
私の聞いた鳥栖市酪牛乳の情報は…“社長が亡くなり、工場も閉鎖した”というものです。自身で確認した情報ではないので、なんともいえませんが…。とても残念です。
今は似た味の牛乳を探してます。
6. Posted by 朝倉2号   2011年05月14日 17:50
K。さま
貴重な情報をご提供いただき、ありがとうございます。
社長とは最後に残った酪農家(組合長)のことではないかと思います。酪農組合の工場ですから、組合員が居なくなれば廃業せざるを得ません。ほんとに残念です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
“みるくぽけっと”はおかげさまで5周年KUMAさんからの贈りもの Part14