どうまいのんほい牛乳@豊橋鉄道渥美線豊橋名物とのんほい牛乳

2013年11月02日

“一円融合” 地産地消に努める中央製乳株式会社を訪問しました

 “一円融合” 地産地消に努める中央製乳を訪問しました

中央製乳株式会社の本社工場「こないだの土曜日、
 愛知県豊橋市に行ってきました。」
って何回もお伝えしてきましたが、
その理由がコレ。
豊橋市植田町にある乳業
中央製乳株式会社を訪問して参りました〜。

 ※中央製乳の公式サイトは → コチラ

牛乳を買いに行ったのはもちろんですが、
もうひとつ、目的がありました。
「どうまい牛乳」や「のんほい牛乳」といった地域限定牛乳を、
どうして作っているのか、どんなきっかけがあったのか、
それが聞きたかったのです。

というわけで、同社の奥村さんにお話を伺いました。

同社は昭和12年に会社を設立。
酪農家、乳業、地域の皆さんが一体となって繁栄するよう願いを込め
「一円融合」を社是に頑張っておられます。
そのため、牛乳の地産地消にもこだわっているのです。

社是「一円融合」地産地消を進める「のんほい牛乳」と「どうまい牛乳」

どうまい牛乳で、まず生まれたのは、
赤いパックと男の子のイラストが印象的な「どうまい牛乳」。
旧田原町の酪農家の奥様たちの
「私たちのブランド牛乳が欲しい」という声に応え、
田原地区の酪農家の生乳のみを使った牛乳として、
平成19年6月に商品化されました。
発売以来たくさんのお客さんに支持され、
どうまい牛乳を使ったヨーグルトや食パンが商品化。
給食週間には学校から要望があり、
特別にビン入りどうまい牛乳が作られるほどなんだそうです。

のんほい牛乳これに刺激されて「自分たちも」という声が上がり、
平成21年12月に誕生したのが、
豊橋市の酪農家の生乳のみを使った「のんほい牛乳」です。
こちらも市内の保育園や給食センターで使用されるなど
人気の牛乳となり、
のんほい牛乳のプリンが商品化できないか検討中とのこと。
豊橋駅の売店にも置いてあったところをみても、
地産地消牛乳として確実に支持されているようです。

じつは10月1日から、乳業が酪農家に支払う生乳代が値上げされました。
乳業としてはその分を卸値に転嫁したいところですが、
牛乳の売れ行き次第ではキビシイ場面もあるようです。
ただ、「どうまい牛乳」「のんほい牛乳」はそんな心配は無用。
お客さんが支持してくれている商品だからということで、
値上げもスムーズにいったんだとか。

小さな乳業を合併して大きな工場をつくる「乳業再編」が進められてます。
図体が大きくなると小回りがきかなくなり、
「どうまい牛乳」や「のんほい牛乳」のような
地産地消牛乳がなくなってしまうのではないか。
それが結局は、牛乳の個性を無くし、
日本の牛乳の商品力を落としてしまうのではないか。
奥村さんの話を聞きながら、そんなことを感じた今回の訪問でした。


最寄り駅は豊橋鉄道渥美線植田駅です。訪問を終え、
最寄りの植田駅まで送ってもらった朝倉2号は、
豊橋鉄道渥美線の電車に乗り、
「どうまい牛乳」の生まれ故郷
田原市を目指したのです〜。








NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)  中央製乳(愛知) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
どうまいのんほい牛乳@豊橋鉄道渥美線豊橋名物とのんほい牛乳