2017年03月07日

久留米市草野町の新名物“つばきジェラート”登場!

久留米市草野の新名物“つばきジェラート”

本日、久留米市草野町にある久留米市世界のつばき館で、
新名物“久留米つばきジェラート”のお披露目会が開催されました。
じつはこのジェラート、
森光牧場のジャージー牛乳と草野町のつばき油の
コラボで生まれたものなのです。

 ※久留米市世界のつばき館の公式サイトは → コチラ

久留米市草野町には樹齢100年をこえる古木が点在。
500品種2000本を誇る久留米つばき園、
つばきを見ながら散策できるつばき小径、
そして世界からつばきの原種などを集めた世界のつばき館などが整備されています。

久留米市つばきの世界館2久留米市世界のつばき館

椿製品売り場椿せっけん

いまはつばきの花の盛り。
世界のつばき館の温室やその周辺にたくさん咲いてました。
ひとくちに「つばき」といっても、
色や形、はなびらの数などほんとに様々です。

つばきつばき

つばきつばきつばき

つばきつばき5

つばきつばきつばき

久留米つばきジェラートに使用しているのは
高級化粧品の原料として知られる「椿油」。
草野町産の椿の実に圧力をかけて油を搾り、
さらに精製した「里のしずく」を
森光牧場のジャージー牛乳にまぜて製品化しているのです。

つばきの実椿油しぼり

椿油しぼり里のしずく

久留米つばきジェラート久留米つばきジェラート

で、お披露目会は草野町の皆さん、
つばきジェラートを開発した森光さん、
製造を担当したKURUMEジェラートの原田さん、
地元保育園の子どもたちに報道各社等々が集まり、
にぎにぎしく開催されました。

森光さんから
「商品化できるまで様々な方にお世話になった。」
「草野町のここでしか食べられない、旅をしないスイーツにしたい。」
原田さんから
「脂肪分が少なくさっぱりしたジェラートに椿油を加え、さらにヘルシーに。」
「久留米産あまおうで、久留米の椿「正義(まさよし)」のイメージにしあげた。」
とご挨拶があったあとは待望の試食です♪

森光さん原田さん

正義嬉しそうな地元の方々

報道各社がくぎ付けw美味しそうに食べてますw

本日初お披露目のつばきジェラートを手にした皆さん、
草野町の皆さんは「正義」を模したジェラートに感無量で、
子どもたちは「おいし〜♪」って大喜び。
椿油を加えることで口あたりがまろやかになり、
「ちょっとリッチな」味わいになってましたよ。

みんなありがと〜♪

牛さ〜ん♪この久留米つばきジェラートは1個350円。
3月11日から開催される
第8回久留米つばきフェア期間中、
久留米市世界のつばき館で販売されます。
ただ限定200個なんで初日にも売り切れる可能性あり。
どうしても食べたい方はお早めにね〜。
※5月あたりから改めて販売開始だそうです。








NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 21:36│Comments(2)TrackBack(0) 森光牧場(福岡) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はまっこ   2017年03月07日 22:03
椿を食べるという発想はなかったです興味津々。

死んだ婆さんが髪に椿油使っていました。
2. Posted by 朝倉2号   2017年03月07日 22:26
地元の方によると「椿油は万能」だそうですよw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字