父の日に牛乳を贈ろう!続・矢澤好幸先生の酪農乳業史探訪記「九州歴史資料館の驛名入り牛乳瓶」

2018年06月18日

続・矢澤好幸先生の酪農乳業史探訪記「筑前内野宿にお礼詣で」

続・矢澤好幸先生の酪農乳業史探訪記

酪農家や乳業、牛乳屋さんなどの団体で組織されている全国団体、(一社)Jミルクでは、
今年4月から2年間の予定で、明治150年関連施策
「酪農乳業産業史を活用した競争力強化事業」を実施中。
各都道府県で酪農や乳業、乳利用の近代化と変遷について調査し、
デジタル化してインターネット上に公開するとともに、
収集した資料については牛乳博物館で展示するんだそうです。

福岡県ではちょっとフライングの今年3月、
日本酪農乳業史研究会の矢澤先生による調査が行われたんですが、
掘れば掘るほどいろいろ出てきて、とても1回では終わりませ〜ん。
というわけで、6月あたまの週末、
前回と同じ、矢澤先生、元オーム乳業の平田さん、朝倉2号の3人組で、
2回目の調査を行いました〜♪

 ※(一社)Jミルク
  公式サイトは → コチラ
  フェイスブックページは → コチラ

 ※牛乳博物館の公式サイトは → コチラ((公財)中田俊男記念財団)

 ※日本酪農乳業史研究会の公式サイトは → コチラ

今回、まず訪ねたのは飯塚市の内野宿。
♪酒は飲め飲め、飲むならば〜
黒田節で有名な母里太兵衛が建設した長崎街道の宿場町です。

 ※内野宿の公式サイトは → コチラ

内野宿に残る歴史ある建物のひとつ、
鍋島藩のお殿様もお泊りになったという長崎屋で、
大庭牛乳の大庭さん、内野宿の歴史に詳しい武藤さんにお会いしました。
大庭さんに、ビン牛乳のラインを譲っていただいたお礼を申し上げ、
武藤さんとは、内野宿と牛乳の関係について意見交換です。

内野宿長崎屋を訪ねました。

凝った作りです大庭さんと打ち合わせ

すてきなお庭

この日は夕方からほたる祭りが開催されるとのことで、
ホタルカゴづくりを見せていただきました。
おばあちゃんが湿らせた麦わらを組み合わせ編んでいきます。
これはいいですね〜。

ホタルカゴをつくるおばあちゃん

手づくりのホタルカゴ手づくりしてます



最後に大庭さんと記念写真。
大庭さん、ほんとにお世話になりました〜。

左から、平田さん、大庭さん、矢澤先生


次に向かったのは、桂川町の武智運送。
大庭牛乳のビン詰めラインを、
埼玉県の牛乳博物館まで運んでくれた運送屋さんです。

 ※愛しの牛乳パック
  「大庭牛乳のビン詰めラインが牛乳博物館に向け出発!」は → コチラ

ビン詰めラインをきっちり運ぶことができたのは、
武智さんのお力があったからこそ。
武智さんにも、丁寧にお礼申し上げました。

武智運送武智運送の社長さんにお礼申し上げました。


というわけで、酪農乳業史調査隊3人組は、
武智運送の皆さんに見送られながら、
次の目的地に向けて走り始めたのでした。






今月は牛乳月間

運動と牛乳で暑さに強い体へ!

詳しくはコチラ→牛乳は「熱中症」を防いでくれる強い味方です!

愛してミルク?




ftmember at 00:00│Comments(0)  大庭牛乳(福岡) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
父の日に牛乳を贈ろう!続・矢澤好幸先生の酪農乳業史探訪記「九州歴史資料館の驛名入り牛乳瓶」