タガヤセキュウシュウ白石さんvs九州生乳販連wフレーベル館編集部著「しぜんキンダーブック」21年01月

2021年01月14日

究極の牛乳専用グラス“ミ器”で牛乳を飲んでみた♪

究極の牛乳専用グラス“ミ器”で牛乳を飲んでみた♪

皆さん、牛乳を美味しく飲むためだけにデザインされた
唯一無二、究極の牛乳専用グラス“ミ器”をご存知でしょうか?

この“ミ器”は牛乳が好きすぎるデザイナー、
ミルクマイスター高砂さんがデザイン。
東京都江戸川区松島は田島硝子熟練の職人が、
江戸硝子の伝統技法で1個1個丁寧に手作りしたものです。

 ※ミルクマイスター高砂さん
  公式サイトは → コチラ
  公式インスタグラムは → コチラ
  公式ツイッターは → コチラ
  オンライショップは → コチラ

 ※田島硝子
  公式サイトは → コチラ



そのデザインの特徴は3つ。

1 牛乳瓶のような丸みのある飲み口
  牛乳瓶で飲む牛乳は格別と感じる方は多いと思います。
  牛乳瓶特有の口に触れる部分が、
  丸みを帯びていることによって、
  飲み心地をまろやかに感じさせてくれます。

2 甘い香りを逃さない細口の胴体
  牛乳の甘い香りを逃さないよう表面積を減らし、
  口に入れた時にふわっと香りが広がるように計算しています。

3 空気を含ませる独特の張り出し
  牛乳を注ぐときに複雑な空気の渦ができるように
  滑らかな形状ではなく、あえてでっぱりをつくることで、
  牛乳に空気を含ませ、味にまるみを出し、甘味をより引き出します。

「びん牛乳は確かに美味しいけど気分じゃないの?」という方、
いやいや、じつは金沢工業大学と明治の共同研究で、
その美味しさは科学的に解明されているのです。
そのポイントは濃厚な香りと、心地よい飲み口とひんやり感。
“ミ器”が目指すところと見事に一致しているのです。

 ※金沢工業大学のプレスリリースは → コチラ

 ※明治「ビンで飲むおいしさ徹底解明!」は → コチラ


というわけで、博多阪急のイベントにおいて、
桐箱に入った究極の牛乳専用グラス“ミ器”をゲット。

木箱入り

底にはKEVINが。

Miki

Miki 

休日、牛乳を注いでゆったりと味わいました♪
あぁ、たしかに牛乳びんで飲んでる感触。
牛乳の香りも濃厚です。

牛乳を注いで飲みました♪

ミルクマイスター高砂さんデザインの牛乳専用グラス“ミ器”。
公式サイトでは販売していないようなのですが、
じつは1月19日(火)まで博多阪急8階で販売中
福岡以外の方は、公式サイトの販売情報をお待ちくださいね。


<1月16日追記>

ミルクマイスター高砂さんのオンラインショップを見つけました。
スペシャリティミルクグラス 牛乳専用グラス ミ器
ひとつ5500円です。

 ※オンラインショップは → コチラ(KEVIN MILLCU)

【田島硝子 製】スペシャリティミルクグラス 牛乳専用グラス ミ器





NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00│Comments(3) 愛しの牛乳パック 

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2021年01月15日 22:01
5 ケビンミルクさんのサイトから買えそうですよ、ミ器。
2. Posted by 通りすがり   2021年01月15日 22:22
もったりとした形が可愛いらしくて良いですね!公式サイト、チェックしてみます♪
3. Posted by 朝倉2号   2021年01月16日 05:51
通りすがり様

情報ありがとうございます。確かにケビンミルクのサイトで通販してますね。さっそく追記しました。


通りすがり様

かわいいでしょ。ぜひお買い求めくださいw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
タガヤセキュウシュウ白石さんvs九州生乳販連wフレーベル館編集部著「しぜんキンダーブック」21年01月