中国地方

2019年09月24日

第2回全国ヨーグルトサミットが岡山県真庭市で開催されます♪

第2回全国ヨーグルトサミットin真庭

今週末の9月29日(日)、
岡山県真庭市の蒜山高原で
「第2回全国ヨーグルトサミット」が開催されます〜♪

 ※第2回ヨーグルトサミットin真庭
  公式サイトは → コチラ
  フェイスブックページは → コチラ
  参加するヨーグルト一覧は → コチラ

全国ヨーグルトサミットは昨年初めて開催されたイベント。
茨城県小美玉市で開催された第1回サミットは大盛況でした。



で、第2回サミットが開催される岡山県真庭市の蒜山(ひるぜん)高原は、
ジャージー牛が全国で一番飼われているところ。
ジャージー牛乳で作ったヨーグルトも美味しいんですよね。

 ※真庭市の公式サイトは → コチラ

 ※ひるぜんジャージーランドの公式サイトは → コチラ

9月29日(日)に特設会場で行われるヨーグルトマーケットには、
全国から19種類の個性的なヨーグルトが登場。
最北は北海道河東郡士幌町、北海道士幌高等学校の「ヌプカの雪解け」、
最南は熊本県球磨郡相良村、球磨酪農農業協同組合の「球磨の恵みヨーグルト」。
どんなヨーグルトなのか、もうワクワクするでしょ♪

中国・関西地域にお住まいの皆さん、
今週末、「ヨーグルト三昧のお出かけ」はいかがですか?


 第2回ヨーグルトサミットin真庭
  〇シンポジウム
   開催日時/令和元年9月28日(土)13時〜17時30分
   会場/休暇村蒜山高原
      (真庭市蒜山上福田1250−281:地図
  〇ヨーグルトマーケット
   開催日時/令和元年9月29日(日)9時30分〜15時
   会場/蒜山高原三木ヶ原特設会場
      ※駐車場:上蒜山登山口駐車場、ひるぜんジャージーランド駐車場
      ※駐車場から会場まで無料シャトルバスあり
  公式サイトは → コチラ
  お問い合わせ/真庭市産業観光部農業振興課
         電話 0867−42−1031





NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2019年02月16日

広島大学で公開シンポジウムが開催されます♪

広島大学で公開シンポジウムが開催されます♪

まだちょっと先のことなんだけど、
3月25日(月)、広島大学生物生産学部において、公開シンポジウム
「放牧・酪農による中山間地活性化の可能性を探る」が開催されます。

<開催趣旨>
 中山間地域は、総農家数の約4割を占めるなど、
 日本農業において依然として重要な位置を占めているにも拘らず、
 人口減少や少子高齢化による集落機能の低下がますます進んでいる。
 一方、ヨーロッパでは、中山間地域にこそ放牧酪農の拠点があり、
 草地利用による環境・景観保全、乳製品加工による収益性向上、
 ツーリズムなど他分野と連携した複合的経済活動、
 政府からの補助金支援により、
 酪農家が伝統的な形式を継承しながら力強く存続している。
 この企画シンポジウムでは、ヨーロッパの移牧民の事例、乳文化の魅力、
 日本の放牧・酪農の事例、草地・林地輪換システム、持続可能な開発目標、
 地域資源のブランド化などを検討し、
 放牧・酪農による中山間地の活性化の可能性やその課題について考える。

<プログラム> 
 1.牧畜・乳文化から日本中山間地の地活性化を考える
   平田 昌弘(帯広畜産大学)
 2.放牧酪農の可能性−その魅力と罠
   栂村 恭子(農研機構畜産研究部門)
 3.放牧畜産の可能性ー島根県邑南町の事例から−
   渡辺 也恭(農研機構西日本農業研究センター)
 4.放牧草地確保のための「草地・林地輪換システム」
   大久保 忠旦(宇都宮共和大学 名誉教授)
 5.酪農のSDGsへの貢献
   木村 純子(法政大学)
 6.一次産業を念頭に置いた地域活性化の考え方
   上田隆穂(学習院大学)

このシンポジウム、企画責任者は帯広畜産大学の平田昌弘先生。
平田先生も次のように仰って、多数の参加を呼びかけておられます。

 世界の多くの地域で、牧畜が人々の暮らしを支えてきました。
 酪農こそ、日本の中山間地を支える生業であるはず。
 ヨーロッパで移牧や酪農が地方を支える基盤になるには、
 幾つかポイントがあります。
 放牧技術、乳文化、地域連携、異分野融合、ライフスタイル、
 ツーリズム、ブランド化—。
 放牧、乳文化、マーケティングの専門家化を交え、
 地方での放牧・酪農の可能性について考えます。

あぁ、なんだか楽しそうな公開シンポジウム。
年度末でまだどうなるかわかんないんだけど、
広島なら東京より近いし、参加しようかなぁ♪

 公開シンポジウム
  放牧・酪農による中山間地活性化の可能性を探る
  主催/日本学術会議食料科学委員会畜産分科会・日本草地学会
  日時/平成31年3月25日(月)15時〜18時
  会場/広島大学・生物生産学部C206教室
     (東広島市鏡山1−4−4:地図
  お問い合わせ/シンポジウム事務局 平田昌弘 masa@obihiro.ac.jp
  参加費・登録/不要
  詳細は → コチラ(日本草地学会HP)





NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 21:00|PermalinkComments(0)

2018年09月21日

山口県防府市の牛乳寒天。

山口県防府市の牛乳寒天。

こないだ山口県に行ったときに買ってきた牛乳寒天。
うちの近くじゃ見かけないので、ついつい買ってしまいましたw
牛乳たっぷりの寒天のなかに缶詰のみかんが入ってて、
なかなか美味しいです。

紙キャップ風のシール♪製造者を見ると、
山口県防府市の株式会社四季彩
お弁当やオードブルを製造している
会社のようです。
お弁当のデザート用に
作ってるってことなんでしょうけど、
なぜ牛乳寒天?


もしかして、防府市では牛乳寒天がメジャーなの?
とか思って市役所の公式サイトで探してみると・・・、ありました。
地産地消レシピのなかに「牛乳かん」。
材料にちゃんとフルーツ缶詰を使ってます♪

 〇地産地消レシピ「牛乳」(防府市役所農林水産振興課
  ・牛乳もち
  ・酪豆腐
  ・牛乳かん
  ・モォーちゃんのカッテージチーズ入りいきいきミルク鍋
  ・カッテージチーズ入りハンバーグ

市役所のサイト以外では検索しても牛乳寒天の生地はでてこないので、
どうやらメジャーなスイーツというわけではなさそうです。
市内には防府酪農農業協同組合があるので、
地産地消促進のため「牛乳かん」を載せてるんでしょうね。

とりあえず、次回、山口に行ったら、また買お。
美味しかったし〜♪




NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(2)

2017年07月10日

“「牛乳が好き。」MILK・JAPAN中国四国フォトコンテスト”作品募集中!

“MILK・JAPAN中国四国フォトコンテスト”作品募集中!

ただいま農林水産省中国四国農政局が牛乳フォトコンテストを開催中です♪

 ※「牛乳が好き。」MILK・JAPAN中国四国フォトコンテストの公式サイトは → コチラ

 ※農林水産省中国四国農政局の公式サイトは → コチラ

このフォトコンテストは中国・四国地方にお住いの方を対象に
牛乳・乳製品の消費拡大を目的に開催されているもの。
「牛乳・乳製品の部」「乳牛とのふれあいの部」の2部門で
テーマに沿った写真を募集しています。


〇牛乳・乳製品の部

牛乳・乳製品の部

牛乳を飲んでいる、または乳製品を食べている姿がテーマです。
美味しいものを食べたり飲んだりすると、ついつい笑顔になっちゃいますよね。
そんな笑顔をどしどしご応募ください。
ただ、商品が特定できるものは審査対象外となるとのこと。
上の写真のようにグラスなどで飲んだほうがいいでしょう。
あ、牧場で飲む必要はありませんので念のためw


〇乳牛とのふれあいの部

乳牛とのふれあいの部

牧場での牛さんとの触れ合いがテーマです。
ふだんはなかなかふれあうことのできない牛さん、
実際に出会ってみるとでっかくってビックリしちゃいます。
そんなわくわくどきどきを写真でご応募ください。
ただ牧場にはあぶない場所があったり、
衛生管理上入れない場所があったりするので、
必ず牧場の責任者に許可をもらってから撮影してくださいね。


優秀な作品には「牛乳・乳製品の詰め合わせ」が贈られるとのこと。
もうこいつは応募するしかありませんw
応募期間が9月末までなんで、
夏休み中に気合を入れて撮りまくってくださいね〜♪


 「牛乳が好き。」MILK・JAPAN中国四国フォトコンテスト
  主催/ 中国四国農政局
  募集期間/平成29年6月26日〜9月30日(当日消印有効)
  応募先/〒700−8532
      岡山県岡山市北区下石井1−4−1岡山第2合同庁舎
      中国四国農政局生産部畜産課フォトコンテスト2017係
  表彰式/11月に中国四国農政局で開催
  お問い合わせ/農林水産省中国四国農政局生産部畜産課 浦嶋さん、甲〆さん
  電話/代表086−224−4511(内線2451、2457)
     ダイヤルイン086−224−9412
  応募要領等詳しくは → コチラ


「牛乳が好き。」MILK・JAPAN中国四国フォトコンテスト
応募要領







NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)