ニシラク乳業(福岡)

2018年12月14日

南日本酪農協同「デーリィふくおか牛乳」18年07月

南日本酪農協同「デーリィふくおか牛乳」18年07月

福岡県北九州市にあるニシラク乳業が製造し、
宮崎県宮崎市にある南日本酪農協同(通称 デーリィ)が販売する、
福岡県産生乳100%の地産地消牛乳。

 ※ニシラク乳業の公式サイトは → コチラ

 ※南日本酪農協同の公式サイトは → コチラ

以前、「デーリィ福岡牛乳」から「デーリィふくおか牛乳」にご紹介したんですが、
その際のパックは広告欄にキャンペーンの告知が掲載されてました。
で、今回のものは広告欄なしver.。
側面には福岡県のシルエットとともに、
福岡県産である旨の説明が書かれています。

福岡県産

ふくおか県酪農協の空飛ぶ牛さんマーク、かわいいでしょ♪


南日本酪農協同「デーリィふくおか牛乳」18年07月種類別名称  牛乳
商品名    デーリィふくおか牛乳
無脂乳固形分 8.3%以上
乳脂肪分   3.5%以上
原材料名   生乳100%
殺菌     130℃2秒間
内容量    1000ml
製造者    ニシラク乳業
販売者    南日本酪農協同








NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(2)

2017年09月11日

南日本酪農協同「デーリィ宅配専用ふくおか牛乳」17年09月

南日本酪農協同「デーリィ宅配専用ふくおか牛乳」17年09月

福岡県北九州市にあるニシラク乳業が製造し、
宮崎県宮崎市にある南日本酪農協同(通称 デーリィ)が販売する、
福岡県産生乳100%の地産地消牛乳の500mlパックです

 ※ニシラク乳業の公式サイトは → コチラ

 ※南日本酪農協同の公式サイトは → コチラ

通常の「デーリィふくおか牛乳」は白ベースの明るいパックなんですが、
宅配専用版は緑ベースにビン牛乳を描いたもの。
乳脂肪分などの乳成分は全く同じなのに、
同じ商品とは思えないほどデザインが異なります。

 ※デーリィふくおか牛乳のブランドサイトは → コチラ

さらにこの牛乳、南日本酪農協同の公式サイトには掲載されていないナゾのアイテム。
「商品情報」の「牛乳・低脂肪牛乳」「宅配商品」にも載ってませんし、
商品情報のページで商品名で検索しても
「一致する結果は見つかりませんでした。」と出てしまいます。

もしかしたらこの商品、
南日本酪農協同が秘密にしたい超レアものなのかもしれません。
とすると、そんなパックを入手してしまった朝倉2号の身に危険が迫ってるかも〜w

このパックは、同僚のKさんからのいただきものです。


南日本酪農協同「デーリィ宅配専用ふくおか牛乳」17年09月種類別名称  牛乳
商品名    デーリィ宅配専用ふくおか牛乳
無脂乳固形分 8.3%以上
乳脂肪分   3.5%以上
原材料名   生乳100%
殺菌     130℃2秒間
内容量    500ml
製造者    ニシラク乳業
販売者    南日本酪農協同








NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年07月29日

ニシラクの牛乳ポスト♪

鉄つながりなお友だち、
GIOさんから画像付きのメールをいただきました。

 ※GIOさんのブログ「Go-Go庵撮り鉄日記」は → コチラ

ニシラク

 こんにちは、GIOです。
 古いニシラクの牛乳ポスト発見。
 嬉しいな。

お〜、年季が入ってる木製の牛乳箱ですね〜。
お花にNのマークは、いまのニシラクのマークとは違うもの。
けっこう年代物なんじゃないでしょうか。
GIOさん、ありがとうございます〜♪

ニシラク乳業は北九州市小倉北区にある乳業。
いまは「愛のスコール」で有名なデイリー、南日本酪農協同の子会社なんだけど、
そちら名義の牛乳製造が増えたりして、じわじわデイリー化が進んでる状況。
ニシラクの牛乳箱を懐かしく思う日が来るような気がしてなりません。

 ※ニシラク乳業の公式サイトは → コチラ

 ※デイリー(南日本酪農協同)の公式サイトは → コチラ

っていうか、木製の牛乳箱自体がすでに懐かしいんだけどねw






NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年07月12日

南日本酪農協同「デーリィ宅配専用ふくおか牛乳」17年05月

南日本酪農協同「デーリィ宅配専用ふくおか牛乳」17年05月3D

福岡県北九州市にあるニシラク乳業が製造し、
宮崎県宮崎市にある南日本酪農協同(通称 デーリィ)が販売する、
福岡県産生乳100%の地産地消牛乳

 ※ニシラク乳業の公式サイトは → コチラ

 ※南日本酪農協同の公式サイトは → コチラ

通常の「デーリィふくおか牛乳」は白ベースの明るいパックなんですが、
宅配専用版は緑ベースにビン牛乳を描いたもの。
乳脂肪分などの乳成分は全く同じなんですが、
同じ商品とは思えないほどデザインが異なります。
パックのデザインだけ見ると「森永のおいしい牛乳」の仲間っぽいですw

比較の図w

宅配専用で、このデザイン、
やっぱりポイントは「宅配専用」というところに
あるように思います。

牛乳を宅配するのには手間がかかり、
その手間が価格に上乗せされます。
「デーリィふくおか牛乳」をそのまま宅配に使用すると
どうしてもスーパーの店頭価格と比較してしまい、
お客さんは「宅配は高いなぁ」と感じてしまいますし、
売る側もそこらへんの配慮をせざるを得ません。
そのため、わざわざ宅配専用の商品を作っているんでしょう。

手間だけじゃなくって専用商品づくりもあったりして、
牛乳の宅配もたいへんですねぇ。

このパックは同僚のKさんからいただきました。


南日本酪農協同「デーリィ宅配専用ふくおか牛乳」17年05月種類別名称  牛乳
商品名    デーリィ宅配専用ふくおか牛乳
無脂乳固形分 8.3%以上
乳脂肪分   3.5%以上
原材料名   生乳100%
殺菌     130℃2秒間
内容量    1000ml
製造者    ニシラク乳業
販売者    南日本酪農協同








NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年09月08日

南日本酪農協同「デーリィふくおか牛乳」16年04月

南日本酪農協同「デーリィふくおか牛乳」16年04月

福岡県北九州市にあるニシラク乳業が製造し、
宮崎県宮崎市にある南日本酪農協同(通称 デーリィ)が販売する、
福岡県産生乳100%の地産地消牛乳、
「デーリィ福岡牛乳」がこの4月にリニューアルしました。

 ※ニシラク乳業の公式サイトは → コチラ

 ※南日本酪農協同の公式サイトは → コチラ

南日本酪農協同「デーリィ福岡牛乳」15年01月←これがリニューアル前のもの。
商品名が「デーリィ福岡牛乳」で、パックは白地でした。
リニューアルで商品名は「デーリィふくおか牛乳」になり、
パックにはピンク色の福岡県の県花「うめ」が入りました。

福岡県産牛乳マーク福岡県産生乳100%を使用している証、
「福岡県産牛乳マーク」は継続。


で、リニューアルを記念して実施されたのが、
「ふくおかLOVEならふくおか牛乳キャンペーン」。
クイズに答えてホークス戦観戦チケットが当たる
嬉しいキャンペーンです。

ふくおか牛乳キャンペーン(〇〇〇〇牛乳)

しばらく超低調だった打線が復調し、
パリーグ優勝も見えてきました福岡ソフトバンクホークス。
地元のチームを応援するみたいに、
地元の牛乳も応援してほしいなぁ。


南日本酪農協同「デーリィふくおか牛乳」16年08月種類別名称  牛乳
商品名    デーリィふくおか牛乳
無脂乳固形分 8.3%以上
乳脂肪分   3.5%以上
原材料名   生乳100%
殺菌     130℃2秒間
内容量    1000ml
製造者    ニシラク乳業
販売者    南日本酪農協同








NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月04日

買いだめしてみましたw

台風対策。

台風12号が近づいてきてるので、
牛乳をいつもより多めに買ってみました。 
3本増しですw





NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月15日

太宰府天満宮で福岡牛乳を撮ってみた。

太宰府天満宮で福岡牛乳を撮ってみた。

人口500万人、政令指定都市をふたつも抱える福岡県でも
約230戸の酪農家が牛乳を生産しています。
というわけで、「福岡」の名を冠するデーリィ福岡牛乳を、
菅原道真公をお祀りする太宰府天満宮で撮ってまいりました〜〜。

 ※デーリィ福岡牛乳の公式サイトは → コチラ(南日本酪農協同HP)

 ※太宰具天満宮の公式サイトは → コチラ

太宰府の2月といえば梅の見ごろ。
さらに受験シーズンなのでさぞかし親子連れが・・・、
と思ってましたが、いちばん目立ってたのは外国からの観光客。
まぁ道真公は学問の神様ですから、
中国語や韓国語のお願いでもぜんぜんOKなんでしょうねw

太宰府天満宮

太宰府天満宮で撮ってみた。飛梅と撮ってみた。

太宰府天満宮境内には、
神様の使いとして牛さんが12頭祀られているとのこと。
牛乳は牛さんのおっぱいですからねぇ、
と〜ぜんいっしょに記念写真ですよw

白梅御神牛

参道梅ヶ枝餅

で、お参りした帰り道、
参道のお店で太宰府名物「梅ヶ枝餅」を食べました〜。
「すぐ食べます」って言うとその場で渡してくれる焼きたてがうま〜い。
表面がカリッと香ばしくてね〜。
こいつを食べただけでも太宰府に来たかいがあったってもんです。
いっしょに牛乳があったら、もっとよかったのに〜〜w











NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月29日

地島で福岡牛乳を撮ってみた。

地島で福岡牛乳を撮ってみた。

人口500万人、政令指定都市をふたつも抱える福岡県でも
約230戸の酪農家が牛乳を生産しています。
というわけで、「福岡」の名を冠するデーリィ福岡牛乳を、
玄界灘に浮かぶ地島(じのしま)で撮ってまいりました〜〜。

 ※デーリィ福岡牛乳の公式サイトは → コチラ(南日本酪農協同HP)

 ※地島ドットネットは → コチラ

前回のあらすじ
 シルバーウイークに嫁とふたりで地島に渡った朝倉2号。
 日頃の運動不足がたたって上り坂に苦労しながらも
 道端の花や椿を愛でながら倉瀬展望台へ。
 素晴らしい景色とともに「福岡牛乳」を撮影し、
 お昼ごはんを求めて山を下ったのでした。


山を下った朝倉2号が向かったのは、
おそらく地島唯一の飲食店「御食事処なごみ」です。
今回の地島訪問の目的は、じつはココの「おまかせ定食」。
1年前にイベントでチラシをもらって以来、
ず〜〜〜〜っと食べたかったのです。

 ※御食事処なごみのフェイスブックページは → コチラ

御食事処なごみお品書き

で、これが「おまかせ定食」です〜〜〜〜。

めかぶの佃煮、ひじき、とろろめかぶ、ところてん、ゲソ煮付け、
アジとイカのフライ、アジとイカの刺身、サザエのつぼ焼き、
クッゾコの煮付け、カワハギの味噌汁、ごはんはお代わりOK!
もうたまんないっしょ〜〜〜。

その日に獲れた魚を使うとのことなので、
何が出てくるかはお楽しみ。
地島に行ったら御食事処なごみの「おまかせ定食」、オススメです。
※前日までに要予約なのでご注意ください。

おまかせ定食

わかめの佃煮刺身とサザエのつぼ焼きメカブ

クツゾコの煮付けカワハギの味噌汁

御食事処なごみでおなかいっぱいになったので、
島の真ん中あたりにある豊岡地区から南端にある泊地区まで
腹ごなしに歩いていくことにしました。
っていうか、バスなんかないので歩いていくしかないんですけどね。

白浜港椿ロードは通行止?地島小学校

で、はぁはぁ言いながら坂をのぼり、
地島小学校の横をとおり抜けてしばらくいくと、泊地区に到着。
宗像三女神が祀ってあるという厳島神社にお参りしました。
やっぱり地元の神様にはご挨拶しとかなきゃねw

厳島神社の長い階段厳島神社

黒田長政公の命により築かれたといわれている「殿様波止」を見たり、
集落のなかで猫を探したりしてると連絡船が到着。
島中の手紙を運んでいる郵便屋さんと一緒に乗り込み、
地島をあとにしたのでした。

地島の海と撮ってみたw殿様波止

泊港には蛸壺が。郵便屋さんも乗り込みます。

さよなら地島

次は椿の花が満開になる2〜3月ごろに行きたいですねぇ。
御食事処なごみでは違った魚が出るだろうし〜、楽しみw

地島土産は神湊ターミナル観光売店でどうぞ。なお、地島で買えたお土産は
御食事処なごみの「めかぶの佃煮」のみ。
神湊ターミナルの売店で
「天然とろろめかぶ」「塩もずく」などの
地島産海産物が売ってますので、
お土産はこちらでぜひどうぞ〜〜。



追記

 御食事処なごみでは、
 第20回福岡県農林水産まつりに出店するそうです。
 「地島に渡るのはちょっと・・・」という方、
 手軽に地島の美味しいものをいただけるチャンスですよ〜。

 開催日 平成27年11月14日(土)・15日(日)
 会  場 天神中央公園(福岡市中央区天神1−1)








NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月28日

地島で福岡牛乳を撮ってみた。

地島で福岡牛乳を撮ってみた。


人口500万人、政令指定都市をふたつも抱える福岡県でも
約230戸の酪農家が牛乳を生産しています。
というわけで、「福岡」の名を冠するデーリィ福岡牛乳を、
玄界灘に浮かぶ地島(じのしま)で撮ってまいりました〜〜。

 ※デーリィ福岡牛乳の公式サイトは → コチラ(南日本酪農協同HP)

 ※地島ドットネットは → コチラ

先日のシルバーウイーク、
嫁とふたりで地島に行ってまいりました。
地島には神湊港から連絡船「ニューじのしま」で渡ります。
この日の海は穏やかで、船はたいして揺れもせずばんばん進みます。
軍艦島に行ったときはむちゃくちゃ揺れて
船酔いがひどかったもんなぁ。

神湊ターミナルニューじのしまで出発!

30分たらずで地島の白浜渡船場に到着。
まずは島の北側にある倉瀬展望台をめざして出発です。

地島に着きました。倉瀬展望台をめざします。

紫色の花小さな花クズの花

むべヒガンバナの蜜を吸うアゲハチョウ

展望台に向かう「つばきロード」沿いに咲く
色とりどりの花を楽しみながらゆったり歩きます。
っていうか、日ごろ運動不足なんで
ゆっくりしか歩けないんですよねw

「つばきロード」の名前のとおり、椿の木を見かけました。
それもそのはず、
島内には約6000本のヤブ椿が自生してるとのこと。
9月は実を収穫する時期のようで、
椿の木には丸い大きな実がたくさんなってました。
この実からとれた椿油は地島の特産品になってるんだそうですよ。

椿の実立派な椿の木

椿椿の実

椿の実椿の実

渡船場から40分ほど歩いて倉瀬展望台に到着。
倉瀬灯台や大島を望む素晴らしい景色でした。
はぁはぁ言いながら歩いたかいがあったってもんです♪
普通の方なら30分もかからない距離ですので、
地島に来られたら倉瀬展望台はオススメですよ。

倉瀬展望台からのすばらしい眺め

しばらく休憩してから白浜渡船場のある豊岡地区に戻りました。
帰りは下り道ですから軽いもんです。
お昼ごはんを食べる前に牧神社にお参り。
やっぱ地元の神様にご挨拶しとかないとねぇw

牧神社お地蔵さん

長くなったんで明日につづきます♪




NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月17日

宗像大社で福岡牛乳を撮ってみた。

宗像大社で福岡牛乳を撮ってみた。


人口500万人、政令指定都市をふたつも抱える福岡県でも
約250戸の酪農家が牛乳を生産しています。
というわけで、「福岡」の名を冠するデーリィ福岡牛乳を、
日本書紀にでてくるくらい古い歴史をもつ宗像大社で
撮ってまいりました〜〜。

 ※デーリィ福岡牛乳の公式サイトは → コチラ(南日本酪農協同HP)

 ※宗像大社の公式サイトは → コチラ

参拝客がいっぱい宗像大社は沖の島にある沖津宮、大島にある中津宮、
田島にある辺津宮という3つの神社の総称。
ただ、大島には船で行かなきゃなんないし、
沖ノ島なんか許可がないと上陸すらできません。
というわけで、今回は辺津宮での撮影となりました。

平成27年度の世界文化遺産推薦候補となったためか、
参拝客が多いこと。
外国からのお客さんもたくさんいらっしゃいました。




狛犬神門

お祈りしますおみくじ


ご神木巫女さん

そんななか、おもむろにカバンから牛乳パックを取り出し、
地面に置いて撮影する朝倉2号。
「日本人にもバカなやつがいるんだね」って
思われちゃったかもね〜〜w





NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)