トモヱ乳業(茨城)

2019年03月05日

トモヱ乳業「酪農牛乳」18年04月

トモヱ乳業「酪農牛乳」18年04月 from 飯田さん

茨城県古河市にあるトモヱ乳業の牛乳がちょこっと変わりました。

 ※トモヱ乳業の公式サイトは → コチラ

この牛乳、以前は「酪農3.6牛乳」だったんですが、
乳脂肪分率を表す「3.6」がなくなり、「酪農牛乳」になりました。

08年06月→18年04月

低脂肪牛乳が売れてるし、
「3.5」「3.6」と0.1%刻みで乳脂肪分率を競い
アピールする時代じゃないのかもしれませんね。

このパックは栄養士で調理師でキッズキッチン協会認定インストラクターな
株式会社WA・ONの飯田さんからのいただきものです。


トモヱ乳業「酪農牛乳」18年04月
種類別名称  牛乳
商品名    酪農牛乳
無脂乳固形分 8.3%以上
乳脂肪分   3.5%以上
原材料名   生乳100%
殺菌     130℃2秒間
内容量    1000ml
製造者    トモヱ乳業








NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2019年01月16日

トモヱ乳業「おいしさ直送便酪農牛乳」18年05月

トモヱ乳業「おいしさ直送便酪農牛乳」18年05月 from 飯田さん


茨城県古河市にあるトモヱ乳業の牛乳。

 ※トモヱ乳業の公式サイトは → コチラ

パックに描かれているのは、なんだかのんびりしちゃう牧場の風景。
赤い屋根の牛舎に緑の牧草地に牛さん、
まぁよくあるパターンですが。

おいしさ直送便それ以上に気になるのがこいつ、
「おいしさ直送便」の赤いマークです。
商品名にも「おいしさ直送便」って入ってるし、
どうしても、どこぞのスーパーの
なんちゃってPB牛乳に見えちゃうんですよね。
ほらよくあるじゃないですか、
「産地から直接お届けする鮮度抜群のブランドです」みたいなw

PB牛乳だと「販売者」が書いてあるのですぐにわかるんだけど、
なんちゃってPB牛乳はよほど情報がないとムリ。
というわけで、この牛乳についてご存知の方、
情報提供いただきますよう、よろしくお願いいたしま〜す。

※平成31年1月21日追記
 いつもコメントをくださる米山雅美さんから情報提供。
 この牛乳は関東中心に100店舗以上の食品スーパーマーケットを展開する
 エコスグループの限られた店舗のみで販売されているものなんだそうです。
 米山さん、ありがとうございます♪

このパックは栄養士で調理師でキッズキッチン協会認定インストラクターな
株式会社WA・ONの飯田さんからのいただきものです。


トモヱ乳業「おいしさ直送便酪農牛乳」18年05月種類別名称  牛乳
商品名    おいしさ直送便酪農牛乳
無脂乳固形分 8.3%以上
乳脂肪分   3.5%以上
原材料名   生乳100%
殺菌     130℃2秒間
内容量    1000ml
製造者    トモヱ乳業






NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(2)

2019年01月07日

トモヱ乳業「成分無調整牛乳」18年04月

トモヱ乳業「成分無調整牛乳」18年04月 from はまっこさん

デイリーヤマザキのなんちゃってPB牛乳と思われる
茨城県
古河市にあるトモヱ乳業の牛乳が商品名等を変更しました。

 ※トモヱ乳業の公式サイトは → コチラ

 ※デイリーヤマザキの公式サイトは → コチラ

 ※なんちゃってPB牛乳
  メーカーブランドでありつつ、特定の販売者にしか売らないもの。
  販売者名は記載されていないのでPB(プライベートブランド)ではない。
  だけど他のお店にはないのである意味PB。
  通称「留型」。

で、変わったのはこちら。
商品名が「3.6牛乳」から「成分無調整牛乳」となり、
その上に「TOMOE MILK」も入りました。
また、乳成分もわずかですが変更になっています。
16年04月→18年04月

消費者の乳脂肪分率へのこだわりも薄れてるし、
「成分無調整」の方が「自然」なイメージなので、
これでよいのではないかと思います。

このパックは、ブログの愛読者はまっこさんからのいただきものです。


トモヱ乳業「成分無調整牛乳」18年04月
種類別名称  牛乳
商品名    成分無調整牛乳
無脂乳固形分 8.3%以上
乳脂肪分   3.5%以上
原材料名   生乳100%
殺菌     130℃2秒間
内容量    500ml
製造者    トモヱ乳業






NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!

続きを読む

ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2019年01月04日

シジシージャパン「断然お得 無調整3.6牛乳」16年02月

シジシージャパン「断然お得 無調整3.6牛乳」 from ver.321さん

茨城県古河市にあるトモヱ乳業が製造しているスーパーの共同仕入れ機構
CGC(Co−operativeGrocerChain)グループのPB牛乳。

 ※シジシージャパンの公式サイトは → コチラ

 ※トモヱ乳業の公式サイトは → コチラ

断然お得で、パックにあるこの「断然お得」のマークは、
CGCのブランドのひとつ。
「集中生産、数量限定で圧倒的な価格差で提供する商品」に
つけられるものなんだそうです。
「圧倒的な価格差」とはそれだけ安いということだと思うんですが、
その割には単色ではなくコストのかかるフルカラー。
それだけこの商品に気合が入ってるということなんでしょうね。

このパックはブログの愛読者ver.321さんからのいただきものです。


シジシージャパン「断然お得 無調整3.6牛乳」16年02月種類別名称  牛乳
商品名    断然お得 無調整3.6牛乳
無脂乳固形分 8.3%以上
乳脂肪分   3.6%以上
原材料名   生乳100%
殺菌     130℃2秒間
内容量    1000ml
製造者    トモヱ乳業
販売者    シジシージャパン







NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!

続きを読む

ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2018年11月30日

牛乳博物館が超充実しました♪

牛乳博物館が超充実しました♪

トモヱ乳業 明治150年シンポジウムに参加し、
 深夜まで牛乳パックを語りまくった翌日の朝8時、
 朝倉2号は茨城県古河市のトモヱ乳業にいました。
 目的は、工場内にある牛乳博物館の見学。

 今年3月下旬に見学したばかりなのですが、
 その後、展示物が増えて超充実したとあっては、
 見ないワケには参りません。
 営業開始時間にあわせて訪問し、
 見学させていただきました。

  ※トモヱ乳業の公式サイトは → コチラ

  ※牛乳博物館の公式サイトは → コチラ

日本でただ1カ所、牛乳をテーマにした牛乳博物館。
国立科学博物館の産業技術史資料共通データベースHITNETに
まっさきに掲載されたというマジメな博物館です。

 ※産業技術史資料共通データベースHITNETは → コチラ

なかでは前日のシンポジウムに出品した資料の片づけ中。
そんなお忙しいなかを増田マネージャーに案内いただきました。
あまりにも展示品が多すぎ、何回見ても新たな発見があります。

牛乳博物館

牛乳博物館1牛乳博物館2

牛乳博物館7

牛乳博物館3牛乳博物館4

牛乳博物館5牛乳博物館6


で、おめあての展示品は牛乳博物館ではなく、
トモヱ乳業玄関左の展示スペースにありました。
その展示品とはこれ、
福岡県飯塚市にあった大庭牛乳のびん詰めラインです。

大庭牛乳のビン詰めラインです。

大庭牛乳とは

昨年12月、残念ながら大庭牛乳は廃業したのですが、
工場のビン詰めラインを牛乳博物館が買い取り、展示することに。
大庭さんと牛乳博物館の間に入り、
いろいろと調整した朝倉2号としては、
ラインが展示してある様子に感無量です。

 29/12/ 4 創業140年余りの大庭牛乳がその歴史の幕を閉じることに。
 29/12/29 製造終了後の大庭牛乳にお邪魔しました。

で、その再現度がすごい。
まるでいまにも動きだしそうなリアルさで、再現、展示してあるのです。


壜詰め充填機と打栓機

 ビンに牛乳を詰める機械と、そのビンに紙栓をはめる機械。
 半分だけ牛乳が入っているビンと、
 打栓機に装着されたキャップの詰まった筒がポイント。

壜詰充填機・打栓機

充填機のビン2充填機のビン


日付印刷機

 紙栓に日付を印刷する機械。
 1〜31の各日付が4本そろった活字と、
 印刷機をとおったあと、ちゃんと日付が打ってあるキャップがポイント。

日付印刷機

日付活字一覧日付が入ってますw


冠帽機

 ビンにビニルフードをかけ、熱でキュッとしぼる機械。

冠帽機フィルムをかけます。

リアルに再現された大庭牛乳のびん詰めラインを動画でご覧ください。



さらに、配達用の牛乳箱なども展示してあります。
嬉しいですねぇ♪

牛乳箱牛乳ケース

大庭牛乳のびん詰めラインが
リアルに再現、展示されている様子に大満足した朝倉2号。
滞在時間1時間で、東京行きの電車に飛び乗りました。
まだまだやらなきゃいけないことが待ってるのよw


<追記>

朝倉2号

というわけで、以前にもまして超充実した牛乳博物館。
5名様以上の団体なら、平日、土曜日の10時〜15時に見学可能です。
ぜひお申し込みくださいね。


 牛乳博物館
  住所/茨城県古河市下辺見1955(地図
  見学可能日時/月曜日〜土曜日の10〜15時
  ご案内人数/原則5名以上
  見学料/無料
  申し込み/0280−32−1111
       受付時間 月曜日〜金曜日の10〜16時
  公式サイトは → コチラ



<12月1日追記>

大庭牛乳の工場 本日、牛乳博物館での展示状況を、
 大庭さんに報告しました。
 写真を見ながら「これで残るねぇ」と、
 感慨深げな大庭さんなのでした。
 喜んでいただき、私も嬉しいです。








NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!

続きを読む

ftmember at 00:00|PermalinkComments(2)

2018年07月09日

トモヱ乳業株式会社「ミルキーウェイ〜トモヱ乳業奮闘記〜」16年11月

トモヱ乳業株式会社「ミルキーウェイ」16年11月

茨城県古河市にあるトモヱ乳業が、創業60周年を記念して発行した非売品の本。
今年3月、ミルク1万年の会主催「大人の牛乳工場見学」に参加した際、
中田社長さんからいただきました♪

 ※トモヱ乳業の公式サイトは → コチラ

 ※ミルク1万年の会のフェイスブックページは → コチラ

 ※大人の牛乳工場見学の様子は → コチラ

日本トップクラスの生産能力を持つ大きな牛乳工場を持つトモヱ乳業。
その創業は先代社長、中田俊男さんが
関東畜産工業株式会社の代表取締役に就任した
1956年に遡ります。

中田俊男氏之像中田俊男氏

この記念誌は、創業者の中田俊男さんの生涯、
様々な人に支えられて発展してきた会社の歴史、
そして「生産者、処理メーカー、販売者の3者が三つ巴の関係でのぼりつめる」
という社名に込められた思いなどが、
とっても分かりやすく、しかも読みやすく描かれています。
というのも、全編にわたってマンガなんです〜。

なかはマンガ♪

執筆したのは、創業者の初孫である中田俊哉さん。
「60周年記念誌」ともなると、どうしてもかたい本になってしまいそうですが、
2代目社長、中田俊之さんの考え方が柔らかいんでしょうか、
皆さんに読んでもらう、知ってもらうことを優先したんでしょうね。

トモヱ乳業

非売品の記念誌なんでなかなか機会がないとは思いますが、
どこかで手にすることができたらぜひ読んでみて下さいね。
創業者の中田俊男さん、現社長の中田俊之さんの思いが
どんどん伝わってきますよ〜。


 トモヱ乳業株式会社 創業60周年記念発行
 ミルキーウェイ〜トモヱ乳業奮闘記〜


  初版発行 2016年11月25日
  制作/トモヱ乳業株式会社
  作画/中田俊哉
  協力/日本大学芸術学部 同好会有志
  発行所/トモヱ乳業株式会社

  造本体裁/A5版
  ページ数/117
  定価/非売品






NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2018年04月05日

ミルク1万年の会の「大人の牛乳工場体験」が開催されました(後編)

ミルク1万年の会の「大人の牛乳工場体験」が開催されました(後編)

<前回のあらすじ>
ミルクを楽しみ、ミルクを愛する人々が集い、
人とミルクの関係史とその中で培われてきた多様な価値を考究するとともに、
ミルクの新たな価値の創造と日本における乳文化の発展を目指す団体、
ミルク1万年の会がトモヱ乳業で開催した大人の工場体験には全国から30名以上が参加。
五味テスト、官能検査を体験し、専門的な講義を受け、
ついに工場見学へとなだれこんだのでしたw

 ※ミルク1万年の会のフェイスブックページは → コチラ

 ※トモヱ乳業の公式サイトは → コチラ

工場見学の前にまず日本酪農乳業史研究会の矢澤先生から、
福岡県飯塚市にあった大庭牛乳の引き札(チラシ)のご紹介。
複製ではありますが、この引き札の入手にちょいと絡んだ朝倉2号、
矢澤先生の手に握られている様に感無量でございます。

 ※日本酪農乳業史研究会の公式サイトは → コチラ

大庭牛乳の引き札を見てから工場見学に出発です。

それでは牛乳工場見学のはじまりはじまり〜♪
小川専務の案内で3階、2階と見学者用通路から工場内を見学です。
土曜日の夕方ということもあって、牛乳製造ラインは終了してましたが、
コントロール室や細菌検査室は稼働中。
社員の皆さん、こちらに手を振るひまもなく、真剣に働いておられましたw

工場見学は小川専務さんのご案内


















パイプがいっぱいコントロール室

細菌検査室3階から2階、1階へ

1階には本物の機械が展示してありました。
でっかい木製のバターチャーンにはびっくり、
これで何キロのバターが作れるんでしょうねぇ。
皆さん、小川専務のあとをついてまわり、
ひとつひとつ説明を聞き、写真を撮ったりスルドイ質問をしたり。
さすがミルク1万年の会会員、熱心です。

小川専務さんロビーに乳処理機器が展示されています

バターチャーン15万人以上が工場を見学しています

こちらも説明いただきました

つづいて、牛乳博物館の見学です。
こちらは創業者の中田俊男さんが世界150カ国から収集した、
酪農乳業に関する珍しい品が5000点以上展示される、
日本唯一の牛乳・乳業の博物館です。
地元福岡のテレビ番組でその存在は知っていたんですが、
見学は初めて、もうワクワクです♪

 ※牛乳博物館の公式サイトは → コチラ

ここからは、案内役を日本酪農乳業史研究会の矢澤先生にバトンタッチ。
じつは矢澤先生、博物館の顧問で、
その魅力を向上すべく、収蔵品の整理などをしているのです。
ですので、ひとつひとつ超くわしい説明をしてくださいました。

ついに牛乳博物館へ!

300平米の広い展示場日本酪農乳業史研究会の矢澤好幸先生のご案内

博物館のなかには、明治時代の牛乳瓶など、
日本の酪農乳業の歴史を示す貴重な品々が展示されていました。
明治初期のブリキの牛乳缶、戦時中のビール瓶みたいな牛乳瓶などなど、
こんなもの、よく残ってたなぁってものばかりです。

ひとつずつ熱心に説明いただきます。明治30年代の牛乳ビン(5勺)

ブリキ製牛乳ビン(明治14年代)

前田牧場のコップ我国の乳業の開祖 前田留吉展

みんなで見てまわります。

古い牛乳瓶がいっぱい

戦時中の牛乳ビン酪農に貢献した人々 塩野谷平蔵・窪田喜照・秋山正文

通い箱

さらに、御料牧場から天皇家に牛乳を送るのにつかわれていたという
ガラスミルカーに至っては、どうやって入手したのか理解不能w
中田さんの熱意を感じますねぇ。

天皇家のガラスミルカー

天皇家へ毎日お届けしたガラスミルカー菊の御紋

収蔵品は国内のモノだけではありません。
こちらの牛さんは、ギリシャ初期ミノア文明の神殿跡から出土した
大角牛(ペロリコン)のリトン(ワイン入れ)を忠実に再現したもの。

大角牛(ペロリコン)のリトル(ワイン入れ)

バターチャーンと攪拌棒(1890年頃 パキスタン)チーズの仕込み桶(1865年 ドイツ)

壁にかけられた大きな鎌は牧草を切るためのものなんですが、
持って帰るときに空港の税関で止められたらしいです。
そりゃあこんな危ないもの、「こらこら」ってなりますよねw
さらに牛乳瓶や牛乳パック、カウベルや牛さんの切手まで、
世界の酪農乳業に関する貴重な資料が並んでいます。

海外の牛乳瓶も税関を通るのに苦労したというでっかい鎌

世界の牛乳容器

カウベル牛の切手

展示品のなかにはこんなものまで、人と牛のブラジャーの比較です。
右の網のようなものが牛のブラジャー、
左が人のブラジャーで、上から
「世界で一番大きなサイズ Zカップ」
「日本で一番大きなサイズ Gカップ」
「標準サイズ Cカップ」なんだそうですw(原文ママ)

乳牛と人のブラジャー比較w

しかも
「牛のブラジャーがいかに大きいか比較してみて下さい!(やっぱり原文ママ)」
という解説文付き。
人のブラジャーも中田さんがご自分で買いに行かれたのでしょうか、
想像すると思わず笑っちゃいます。

山崎製パンからわざわざ提供された牛乳パンや、
近鉄バッファローズのユニフォーム(中村良二選手)もありました。
歴史的に貴重なものから、牛や牛乳にちょっとでもかすればOKなものまで、
牛乳博物館、楽しませてくれますねぇ。

山崎製パンの牛乳パンもw近鉄バッファローズのユニフォームは中村良二選手でした。

酪農・牛乳関係の資料がいっぱい!

静御前とトモ〜になりきりますwということで、
大人の牛乳工場体験はこれで終了。
みんなで記念写真を撮ってお開きとなりました。
これだけ密度が濃い見学会は初めて。
楽しくて勉強になるイベントでした。


見学会を快く引き受けていただいた中田社長、
講義や解説をいただいた先生方、
そして企画実行いただいた世話人の皆さん、
本当にありがとうございました。
参加してよかったです〜〜〜♪

最後にみんなで記念写真♪


<おまけ その1>

今回はミルク1万年の会主催の見学会でしたが、
3名以上の団体さんであれば、無料で見学することができます。
日本唯一の牛乳博物館に、ぜひお越しくださいね。

 公益財団法人中田俊男記念財団牛乳博物館・トモヱ乳業工場見学
  場所/茨城県古河市下辺見1955(地図
  開館時間/10時〜16時
  休館日/日曜日・年末年始
  見学時間/約90分(工場見学・DVD鑑賞を含む)
  料金/無料
  人数/3名以上
  予約申込/平日9時30分〜16時30分
  電話/0280−32−1111
  公式サイトは → コチラ


<おまけ その2>

中田社長のごあいさつで懇親会が始まりました。 終了後、古河駅近くの居酒屋さんに移動して懇親会。
 酪農乳業の歴史調査のこと、
 乳質改善のための技術対策のこと、
 山地酪農の可能性のこと、
 牛乳のブランディングのことなどなど、
 生産技術改善から販売対策まで、
 いろんな話で盛り上がります。

まぁ、首までミルクにどっぷりつかった皆さんですから、
ずっとミルクの話題でもネタは尽きませんw
朝から晩までミルクづけの幸せな1日はどこまでも続くのでした♪





NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!

続きを読む

ftmember at 00:00|PermalinkComments(2)

2018年04月04日

ミルク1万年の会の「大人の牛乳工場体験」が開催されました(前編)

ミルク1万年の会の「大人の牛乳工場体験」が開催されました(前編)

2015年に有志により設立された「ミルク1万年の会」は、
ミルクを楽しみ、ミルクを愛する人々が集い、
人とミルクの関係史とその中で培われてきた多様な価値を考究するとともに、
ミルクの新たな価値の創造と日本における乳文化の発展を目指す団体。
東京の酪農乳業の歴史をたどる「ブラミルク」や、
牛乳好きが集まってわいわい楽しむ「ミルクでつながる交流会」、
さらにはミルク1万年を探るためモンゴルまで行ったりして、
ミルクを愛する多種多様な人たちが、いろんなイベントで交流し、
ミルクの価値を高め、その魅力を発信するための活動を行っています。

 ※ミルク1万年の会のフェイスブックページは → コチラ

3月下旬のある土曜日、
ミルク1万年の会主催の「大人の牛乳工場体験」が開催されました。
会場は茨城県古河市にあるトモヱ乳業。
日本トップクラスの生産能力を持つ大きな牛乳工場があるところです。
さらには全国でここだけ「牛乳博物館」なるものまであるのです。
そう聞かされては行かないワケには参りません。
始発のヒコーキに乗って、大人の牛乳工場を体験してきました〜♪

 ※トモヱ乳業の公式サイトは → コチラ

トモヱ乳業の工場にやってきました。

玄関ロビー「牛乳パックがずらり♪」玄関ロビー「学校給食用牛乳がかわいい」

玄関ロビー「飛行機がぶら下がってますw」玄関ロビー「創業者 中田俊男氏之像」

イスのカバーもトモ〜wトモ〜のぬいぐるみ


トモヱ乳業の経営理念のひとつが「医食同源」。
日頃からバランスの取れた食生活をおくることが、
病気の予防や治療の最善策になるという意味です。
トモヱ乳業は栄養バランスに優れた牛乳を供給することで、
国民の健康に寄与し、社会に貢献したいということだと思います。
現社長で医師である中田俊之さんが会社を継ぐかどうかで迷ったとき、
創業者の中田俊男さんから
「お前は医者として人々の健康に役立っているかもしれないが、
 私も牛乳を通じて人々の健康に役立っている」と言われたとのこと。
「医食同源」には創業者の思いが詰まってるんですねぇ。

トモヱ乳業の経営理念は「医食同源」

南総里見八犬伝の玉「仁」トモヱ乳業の創業者 中田俊男氏

というわけで、北は北海道(帯広畜産大学の平田先生ね)から、
南は福岡県(朝倉2号だ〜)まで30名以上が集まり、
熱気と大きな期待感に包まれながらアンディーさんの司会で始まりました。
まずは代表世話人、Jミルクの前田専務からご挨拶。
続いて、トモヱ乳業の中田社長から会社紹介です。

アンディーさんの司会で始まりました。ミルク1万年の会〜大人の牛乳工場体験〜プログラム代表世話人、Jミルクの前田専務からごあいさつ

中田社長からトモヱ乳業の概要説明

と、ここまでは普通の工場見学と同じ。
ただ今回は「大人の」工場見学、しかもミルク1万年の会主催ですからね、
「ふつう」で終わるわけがありません。

ここからはトモヱ乳業商品開発課の方から専門的な話を伺います。
テーマは「官能検査」。
牛さんは生き物なので、エサの違い、季節の違いなどによって牛乳の味が変わります。
その他、牛乳の搾り方や冷却、運搬方法によっても味が変わるのです。
ただ、乳業会社が商品として牛乳を販売するためには、
牛乳の味を一定の範囲で安定させなければなりません。
ここで活躍するのが味の変化を厳しくチェックしている
商品開発課の皆さんなのです。

ここで配られたのが、
「塩味」「酸味」「旨味」「甘味」「苦味」「無味」と書かれた紙コップ。
なかには無色透明な液体が入っています。
ご存知の方もおられると思いますが、これは「五味テスト」と言われるもの。
感じるか感じないかギリギリのところまで薄めた五つの液体を使って
味覚の鋭さを判定する試験なのです。

さすが「大人の」工場見学だw

担当係長・小川専務から説明皆さん真剣に取り組みます。

商品開発課の皆さんは答えを見ずにやってるんだろうけど、
「大人」な事情で答えまで書いてもらった激甘テストになりましたw
でもね、分かんないんです〜(泣)
トモヱ乳業の専務さんからなぐさめられながら、
こんどは牛乳の官能検査に挑戦。
4つのなかから風味異常な牛乳を当てるものなんだけど、こちらは見事正解♪
ふだんから牛乳のんでますから〜、っていうか、
これではずしたら牛乳パックコレクターの名が廃るってもんでしょw

帯広畜産大学の平田先生も参加牛乳の風味異常識別

質疑応答

官能検査の牛乳が引き金になったのか、
ちょうどお腹もすいてきたころにお昼ごはんになりました。
今日のお昼はなんと、トモヱ乳業の社員食堂でいただけるんです〜。
初めての乳業会社の社食に大コーフンする朝倉2号。
いただいた鶏のからあげ定食が300円、
さらに牛乳とヨーグルトはとりホーダイと聞いてまたまた大コーフン。
食堂のお姉さん、いろいろ聞いてごめんなさいね。

トモヱ乳業の社員食堂でお昼ごはん♪

トモヱ乳業の社員食堂「予定献立表」トモヱ乳業の社員食堂「麺コーナー」

トモヱ乳業の社員食堂「鶏肉唐揚げ」

トモヱ乳業の社員食堂「これでなんと300円!」トモヱ乳業の社員食堂「牛乳飲み放題♪」


昼からはトモヱ乳業のふるさと牛乳を飲みながら、
(株)明治顧問の小出先生からさらに専門的なお話しを伺います。
〇我々自身の牛乳の健康栄養価値に関する理解レベルを高める
〇基盤原料:新鮮な国内原料の供給持続。これに危機感を持つ。
〇生乳から価値をさらに引き出すこと、その過程で生じるリスクを管理すること。
かなり高度な内容なんですが、
ミルク1万年の会お目的を達成するためには重要なことばかり、
皆さん、真剣に聞き入ります。

ふるさと牛乳を飲みながら

明治の小出特別顧問の講演明治の小出特別顧問の講演2


今回用意された講義はここまで。
次は待ちに待った工場見学に出発でございます〜♪


 <後半につづく>









NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!

続きを読む

ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年01月12日

トモヱ乳業「3.6牛乳」16年04月

トモヱ乳業「3.6牛乳」16年04月 from はまっこさん

茨城県古河市にあるトモヱ乳業の牛乳。

ヤマザキデイリーストアなんですが、黄色い「D」のロゴがないだけで、
以前ご紹介したデイリーヤマザキの
なんちゃってPB牛乳とほぼ同じデザインです。

というわけで、恐らくこいつも
デイリーヤマザキのなっちゃってPB牛乳なんだと思います。


 ※トモヱ乳業の公式サイトは → コチラ

 ※デイリーヤマザキの公式サイトは → コチラ

 ※なんちゃってPB牛乳
   メーカーブランドでありつつ、特定の販売者にしか売らないもの。
   販売者名は記載されていないのでPB(プライベートブランド)ではない。
   だけど他のお店にはないのである意味PB。
   通称「留型」。

それにしても、なぜ黄色のロゴがなぜ消えたんでしょう?
商品に何か問題があったときに責任を問われるのを回避したかったんでしょうか。
それとも、なんちゃってPB牛乳ですらなくなったとか?

このパックは、ブログの愛読者はまっこさんからのいただきものです。

トモヱ乳業「3.6牛乳」16年04月種類別名称  牛乳
商品名    3.6牛乳
無脂乳固形分 8.3%以上
乳脂肪分   3.6%以上
原材料名   生乳100%
殺菌     130℃2秒間
内容量    500ml
製造者    トモヱ乳業






NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!

続きを読む

ftmember at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年06月05日

ビッグ・エー「酪農牛乳」14年09月

ビッグ・エー「酪農牛乳」14年09月 from Ver.321さん


東京都板橋区に本社を置き、
関東地方の1都4県に181店舗のディスカウントストアを展開する
ビッグエーのPB牛乳です。


※ビッグエーの公式サイトは → コチラ

フード・アクション・ニポン・アワード2011受賞パックのデザインはよくある感じで、
特に「コレ!」ってところはありません。

で、側面を見ると、
フード・アクション・ニッポン・アワード
で優秀賞を受賞したというPRが。



このフード・アクション・ニッポン・アワードは、
国産農産物等の消費拡大に寄与する優れた取組を行った
事業者等を表彰するもの。

ビッグエーは2014年まで5年連続で受賞しているようで、
同社の公式サイトにもデカデカと出ています。
ただ残念ながら、どんな取り組みで受賞したのか、
公式サイトを見てもわからないんですよねぇ。

せっかくいいことしてるんだから、
丁寧に教えてくれたらいいのに〜〜〜w

このパックは、ブログの愛読者ver.321さんからのいただきものです。


ビッグ・エー「酪農牛乳」14年09月種類別名称   牛乳
商品名      酪農牛乳
無脂乳固形分 8.3%以上
乳脂肪分    3.6%以上
原材料名    生乳100%
殺菌        130℃2秒間
内容量      1000ml
製造者      トモヱ乳業
販売者      ビッグ・エー







今月は牛乳月間

運動と牛乳で暑さに強い体へ!

詳しくはコチラ→牛乳で熱中症対策2015年度版(PDF)



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)