十勝ミルキー(北海道)

2017年08月31日

味想百盛「味想百盛 搾りたてジャージー牛乳」17年08月

味想百盛「味想百盛 搾りたてジャージー牛乳」17年08月

北海道が誇る農畜産物や海産物などを販売する会社、味想百盛のPB牛乳。
といいつつ、製造している十勝ミルキーはその子会社なんで、
実質自社ブランドの牛乳です。

 ※味想百盛の公式サイトは → コチラ

で、この牛乳の原料乳は帯広市美栄町にある十勝加藤牧場産のジャージー牛乳。
北海道ってホルスタインのイメージなんだけど、
ジャージーを飼ってる酪農家がおられるんですね。

 ※十勝加藤牧場の公式サイトは → コチラ

GoldenMilk

この十勝加藤牧場の搾りたての生乳を、近くにある十勝ミルキーの工場へ直送。
だから「搾りたてジャージー牛乳」という商品名になっているんでしょう。

ただひとつ、商品名の横にある「帯広川西産」は
購入したお客さんが誤解しないかちょっと心配です。
近いとは言っても帯広川西町は十勝ミルキーの工場がある場所で、
十勝加藤牧場があるのは帯広市美栄町。
牛乳の産地っていうと、
どうしても工場よりも牧場を思い浮かべるのです。
私みたいに十勝を全然知らない人は全然わかんないですけどね。


味想百盛「味想百盛 搾りたてジャージー牛乳」17年08月種類別名称  牛乳
商品名    味想百盛 搾りたてジャージー牛乳
無脂乳固形分 8.7%以上
乳脂肪分   4.5%以上
原材料名   ジャージー生乳100%
殺菌     80℃15分間
内容量    200ml
製造者    十勝ミルキー
販売者    味想百盛







味想百盛「味想百盛 搾りたてジャージー牛乳」17年08月味想百盛「味想百盛 搾りたてジャージー牛乳」17年08月味想百盛「味想百盛 搾りたてジャージー牛乳」17年08月







NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!

続きを読む

ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年08月30日

ばんえい競馬で撮ってみた。

ばんえい競馬で撮ってみた。

「ばんえい競馬」が開催される帯広競馬場で、
十勝ミルキーのビン牛乳を撮ってまいりました。
ばんえい競馬とは最大1トンにもなる騎手が乗った鉄ソリをばん馬がひいて競うレース。
十勝といえば「ばんえい競馬」、やっぱ行かなきゃダメでしょw

 ※ばんえい競馬の公式サイトは → コチラ

帯広競馬場に到着したのは開場直前の13時前。
私もふくめ朝倉2号御一行は初めてのばんえい競馬にわくわくです。
入場券を買い求め、ぞろぞろと中に入ります。

帯広競馬場

レースが始まるまで時間があるので、まずは競馬場内をみてまわります。

ばんえい競馬で走るのは重種馬と呼ばれるがっちり形の馬。
一般的な競馬はサラブレッドですが、
重い鉄のソリをひくばんえい競馬は重種馬でないと務まらないのです。

競馬場内にあるふれあい動物園にも重種馬がいて、
朝倉2号のお気に入りは真っ白のその名も「ミルキー」w
なんとこのミルキー、帯広市の嘱託職員さんなのでした。

ミルキー帯広市嘱託職員でしたw

史料館のなかには有名人の色紙がいっぱい。
大蝦夷農業高校を舞台にしたマンガ「銀の匙」の作者、荒川弘さんの色紙もありました。

 ※「銀の匙」の公式サイトは → コチラ

「銀の匙」愛読者のうちの子、
このマンガを読んでばんえい競馬を楽しみにしてました。
「銀の匙」の集客への貢献、大きいんでしょうねぇw

資料館

サイン色紙がいっぱい蛭子さんw

銀さじ

「銀の匙」は資料館だけではありません。
場内にある「とかちむら スイート&セレクト」は、
「大蝦夷農業高校銀匙購買部とかち帯広支店」という設定。
なかには「銀の匙」グッズが販売してありました。
ただ、朝倉2号の目が行ったのは「銀の匙」ではなく「畜大牛乳」w
クリアファイルとかタオルとか、いろいろあるじゃないですか〜。
自分用のお土産に思わず買ってしまいました。

挽馬神社とかちむら スイーツ&セレクト

エゾノー購買部の支店がw

銀さじグッズキューピーちゃん

畜大牛乳グッズ♪

牛乳ネタはこれだけではありません。
ばんえい競馬グッズなどがならぶ売店で、
十勝ミルキーのジャージー牛乳を発見!
やっぱ十勝に来たら十勝の牛乳を飲みたいですよね〜。

売店で・・・牛乳発見!


競馬場なんで、馬券を買うのも忘れてません。
ただ競馬場に来たのも初めてなら、馬券を買うのも初めての朝倉2号。
ビギナーコーナーでお姉さんにやさしく教えてもらい、ぶじ購入できました。
馬券ってマークシート、しかも機械で買うんですね。

初心者でも安心4000勝ってすごすぎる

ひととおり場内をみてまわったら、
競馬場内を案内してくれるバックヤードツアーに参加しました。
ふだんは入れない事務室のなかをとおり、
これからレースに出る馬を間近で見た後は、
マイクロバスで厩舎をゆっくり見てまわります。
厩舎の横にはやまほどのニンジンがw

間近で見ることができます♪



で、いよいよレースです。

第1レースは「菊池兄弟競馬歴25周年記念」レース。
なんでも1口1万円以上の協賛金をお支払いすれば、
こうやってレースに名前をつけることができるのです。
これ、事前に知ってれば「朝倉2号初ばんえい競馬記念」とか
名前をつけたのに〜、残念w

とりあえず、馬券を買った
「1 オレノダイカツ」と「9 サダノブギウギ」を応援します。
まぁ人気のある馬、2頭を選んだだけなんだけどね。

オレノダイカツ、サダノブギウギ、がんばれ〜♪

とかなんとか言ってると第1レースが始まりました。
お天気で馬場が乾いているので、もうもうと土煙が上がり迫力満点!

スタート!

直線200メートルのレースコースには2つ坂があります。
この坂越えが見どころなのです。

第1障害を越え、問題の第2障害。
障害に入る前に一旦とまり、呼吸を整えてからエイヤッっとのぼります。
馬にはムチが入り、観客席からも声がかかり、ほんと迫力満点です。



やった〜、サダノブギウギが2着です〜♪
3着までに入ればOKの複勝で買ってたので当たりです。
ビギナーズラックってやつですね〜♪

これでやめとけばプラスだったんですが、
調子に乗って第2レースに臨んだ朝倉2号はみごとにはずし、
けっきょく300円のマイナスでしたw
まぁ迫力あるばんえい競馬を見ることができたのでOKです♪



というわけで、ばんえい競馬を満喫した朝倉2号御一行、
車に乗り込み、西に向かって走り出したのでした。




NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!

続きを読む

ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2010年02月14日

ルーキーファーム「ジャージー牛乳」09年12月

ルーキーファーム「ジャージー牛乳」09年12月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道帯広市にあるルーキーファームのジャージー牛乳。
このルーキーファームは帯広を中心にスーパーを展開する
イチマルグループの一員とのこと。

 ※十勝毎日新聞社のウィークリーニュース
   「ジャージー牛乳」を発売 は → コチラ

よくわかりませんが、どうもスーパーが自前で工場を建てて、
市内の酪農家の生乳をつかってビン牛乳を作っちゃった、ってことのようです。

さすが、北海道!

国内の生乳の半分をしぼるだけはありますね〜。

残り1本でした

で、こいつは羽田空港にある
北海道の物産を売ってるお店
“北海道四季彩館”で購入したもの。
←ご覧のとおり、ヨーグルトはいっぱい残ってるけど、
牛乳は最後の一本でした。
あぶない、あぶないw

で、ラベルの方はイマイチかな〜。
せっかく作ってるんだから、なにか伝えたいことがあると思うんだけどな〜。

 

ルーキーファーム「ジャージー牛乳」09年12月ルーキーファーム「ジャージー牛乳」09年12月

 

 

 

 

 

 

 

ルーキーファーム「ジャージー牛乳」09年12月

種類別名称   牛乳
商品名      ジャージー牛乳
無脂乳固形分 8.5%以上
乳脂肪分    4.5%以上
原材料名    生乳100%
殺菌        80℃15分間
内容量      200ml
製造者     十勝ミルキー
販売車     ルーキーファーム

※羽田空港北海道四季彩館にて購入、250円

 

 

 

NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)