松山農場シープミルクプラント(北海道)

2018年02月21日

十勝ナチュラルチーズ協議会のチーズセミナーに参加♪

十勝ナチュラルチーズ協議会のチーズセミナーに参加♪

帯広駅で雪を見ながら待ってると、
「おひさしぶり〜〜〜♪」と後ろから声をかけられました。
お迎えに来てくれたのは大学同期で帯広大学准教授の平田先生。
昨年7月のオープンキャンパス以来、半年ぶりの再開です。

さっそく車に乗せられ、
10分ほどいったところにあるguuguu sports&cafeに到着しました。
店頭の看板には「本日は貸切です」と書かれ、
なかはなんやらざわざわしています。

じつはこの日、
十勝のチーズ工房が設立した十勝ナチュラルチーズ協議会主催の
チーズセミナーがこちらで開催されるので、
協議会副会長の平田先生が招待してくださったのです。
これを狙って十勝に来たわけではないんですが、
こんなタイミングで参加できちゃうなんて超ラッキーです〜♪

 ※十勝ナチュラルチーズ協議会の公式サイトは → コチラ

guuguu sports&cafe

帯広畜産大学准教授の平田先生 ←平田先生もしっかりあいさつされ、
 チーズセミナーが始まりました。

 この日の講師は
 十勝品質事業協同組合の田村佳生さん。
 同組合はチーズ専用の熟成庫を整備。
 周辺のチーズ工房の集めたチーズを
 十勝モール温泉で洗って熟成させています。
 商品名は「十勝ラクレットモールウォッシュ」。
 あたためるとトロトロにとけて超おいしいのです♪
十勝ラクレットモールウォッシュ

田村先生の講義は「ミルクとチーズの世界」。
海外で活躍されるほか、以前、松山農場にもおられたとのことで、
牛乳製チーズよりも歴史のある
「羊先輩」の乳で作ったチーズのお話しでしたw

村田先生のチーズセミナー

〇チーズとは
 ・乳を何らかの方法(乳酸菌、凝乳酵素、熱)で固めたものを、
  ある程度水切りしたもの。さらに熟成させたもの。
〇綿羊の特徴
 ・綿羊、山羊の家畜化は紀元前8千年。牛よりも2千年早い。
 ・全世界に2千種。
 ・自然条件への適応能力が高い。
 ・季節繁殖。
 ・草だけで生きられる。(1haで6頭)
 ・成長が早い。
 ・温順で群れをなす。
〇世界最初のチーズは綿羊の乳を利用(5種類を食べ比べ)
 綿羊の乳は脂肪率、無脂乳固形分率が高いため、
 同じ量の牛乳、山羊乳に比べて多くのチーズを作ることが可能。
 ・フェタ(ギリシャ):フレッシュタイプ
 ・ペコリーノ・ロマーノ(イタリア):加熱圧搾タイプ
 ・ロックフォール(フランス):青かびタイプ
 ・オッソー・イラティ(フランス):非加熱圧搾タイプ
 ・ケソ・マンチェコ(スペイン):非加熱圧搾タイプ

綿羊乳のチーズ5種類を試食

〇日本国内の綿羊乳生産状況と課題
 ・北海道から広島県まで休止も含め14カ所で綿羊乳の生産が行われ、
  飲用乳、チーズとして販売。
 ・国内で飼われている綿羊が減少し、生産基盤の弱体化が進行。
 ・国内で飼われている乳用の綿羊のほとんどは、
  松山農場(北海道)が海外から導入した雄3頭、雌5頭の子孫であるため、
  近親交配が進み、当初は日量2キロあった乳量が0.5キロになるなど弊害が発生。
  海外からの導入による血液更新が必要。
 ・綿羊酪農への支援体制を整備する必要。
  人工授精も器具が子宮頸管を通らないため、外科的手術が必要であり、
  技術者は国内に2名しかいない状況。

国内における綿羊乳生産と利用実態に関する調査は、
田村氏がおそらく唯一とのこと。
十勝にきてほんとよかったです〜。

で、この続きもすごかったのよ〜〜。






NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!

続きを読む

ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)

2009年05月14日

松山農場シープミルクプラント「シープミルク」09年5月

松山農場シープミルクプラント「シープミルク」09年5月表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道中川郡美深町にある松山農場のビン羊乳。
羊乳ですよ、羊乳。ひつじのお乳です。

なんでも羊の赤ちゃんは1〜7月に生まれるので、羊乳の生産は3〜10月限定。
しかも1頭の羊が出すのは1日たった1キロ。
その1キロを大事に手しぼりしているんだそうです。

シープミルク羊乳を飲んだのは初めてなんですが、その味はウ〜ムな感じw
牛乳とも山羊乳とも全く違うドロッとしたのどごしです。
こいつは好みが別れますね〜。

で、気になったのは容器や表示が牛乳と異なること。
キャップは「オロナミンC」と同じようなマキシキャップ?。
牛乳ビンにこのようなキャップは見たことがありません。
また、一括表示欄に「生乳 100%」の表示がありません。
羊乳なんで、牛乳と表示のキマリ自体が違うのかもしれませんね。

この牛乳は“またまた牛乳探しのプチ旅in東京”で入手しました。

松山農場シープミルクプラント「シープミルク」09年5月表松山農場シープミルクプラント「シープミルク」09年5月裏

 

 

 

 

 

 

 

松山農場シープミルクプラント「シープミルク」09年5月キャップ

種類別名称   羊乳
商品名      シープミルク
無脂乳固形分 10.0%以上
乳脂肪分    6.0%以上
殺菌        85℃15分間
内容量      160ml
製造者     松山農場シープミルクプラント

※北海道どさんこプラザにて購入、380円

 

 

NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)