オブセ牛乳(長野)

2019年08月01日

鉄道ジャーナル9月号「ミルクを飲みに行きませんか?」

鉄道ジャーナル9月号「ミルクを飲みに行きませんか?」

国内外の様々な情報が掲載されている月刊誌「鉄道ジャーナル」。
ただいま鉄道趣味と牛乳趣味の両方を備えた蜂谷あす美さんが、
各地の牛乳と鉄道の関わりを紹介する
「ミルクを飲みに行きませんか?」を連載中。
連載16回目となる2019年9月号は8月号の続編。
「小海線+牛乳パン+オブセ牛乳」と題し、
山梨県の小淵沢駅から長野県の小諸駅までを結ぶ小海線と、
長野県上高井郡小布施町にある乳業、オブセ牛乳をレポートしています。

 ※鉄道ジャーナルの公式サイトは → コチラ(9月号詳細)

 ※蜂谷あす美さん
  公式サイトは → コチラ
  公式ツイッターは → コチラ

第16回 小海線+牛乳パン+オブセ牛乳

前半は小海線乗車記。
小海駅で降りてショッピングセンターで牛乳を探したり、
長野県のご当地パンを食べたり、
牛乳探しの鉄道旅行、いいですね〜。
「小海線の小海なのに降りないのはよくない」という謎の正義感、
思わず大きくうなづきました、ここツボですw

後半はオブセ牛乳訪問記。
80℃15分間殺菌の理由や、パックやビンのデザインについて、
社長ご夫妻にいろいろと伺っています。

長野県のご当地パン「牛乳パン」オブセ牛乳のラインナップ

というわけで、今月もシリアスな蜂谷さんがお送りする
鉄道ジャーナル9月号はただいま絶賛販売中。
ぜひぜひお買い求めくださいね。










NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!

続きを読む

ftmember at 00:00|PermalinkComments(2)

2009年08月12日

オブセ牛乳「オブセ牛乳」09年5月

オブセ牛乳「オブセ牛乳」09年5月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長野県小布施町にあるオブセ牛乳の商品。
オブセ牛乳のウェブサイトを探してみたんですが見つけきれません。
その代わりと言っちゃあナンですが、
小布施町観光総合ポータルサイトに
オブセ牛乳の社長のインタビューがありました。

 インタビューはコチラ → ◆そのおいしさに定評あり!

天使っすか?

で、パックなんですが、基本は青白赤の雪印系。
そこに天使っていうか、赤ちゃんっていうか、

足を組んでデカイ態度のこども

が描かれてます。
歴史のあるオブセ牛乳なんで、
「名前をつけようキャンペーン」とかで
この男の子に名前がついてたりしないんでしょうか?
どなたかご存じだったら教えて下さい。

このパックは国内のみならず世界中の珍しいペットボトルキャップや、
王冠、酒蓋などなどを紹介するブログ
KUMAの日記風ボトルキャップ通信」を主宰する
KUMAさんからいただきました。

オブセ牛乳「オブセ牛乳」09年5月種類別名称   牛乳
商品名      オブセ牛乳
無脂乳固形分 8.3%以上
乳脂肪分    3.4%以上
原材料名    生乳100%
殺菌         80℃15分間
内容量       1000ml
製造者       オブセ牛乳

 


NO MILK

NO LIFE

牛乳のない生活なんて考えられない!



ftmember at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)