e7217a63.jpg 長女が帰って来ました。和歌山県で就職した彼女の友人が帰省しそれに合わせて帰って来たのです。 いつも通りアスリートは彼女の「足」になります。
 
 普段履きのアスリートをとられた時代遅れに残された「足」はスズキの軽トラになります。今日はその軽トラで旭川まで行って来ました。

 3気筒660ccのエンジンに5速マニュアル。最高速は105km/h(実測です)。防音材の無い車内はエンジン音と振動でいっぱいです。シンプルな車での旅は、まるで古い単車の旅のようでした。

 帰りは午後3時に開通にしたばかりの「旭川紋別道 奥白滝出口」を通り、国道333号線へ。案内看板の序幕工事も始めて見る事が出来ました。

 でも、直角ビニール張りシートの軽トラは、疲れ度合いだけは超一級品でした。