社民・福島瑞穂氏「『しばいたろか』で犯罪」 自由・山本太郎氏「トンカチ買ったら準備罪」 全国で“共謀罪”反対デモ、山手線内でプラカード強行 
産経ニュース(2017.4.23 )


「共謀罪」反対を訴える社民党の福島瑞穂副党首=23日午後、東京・新宿駅西口    ☛ ☛ ☛   


共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に反対するデモ活動が23日、「共謀罪の創設に反対する百人委員会」の呼びかけにより、東京や福岡など全国約20カ所で一斉に行われた。JR山手線の車両内では、プラカードを首からさげるなどのパフォーマンスも行った。東京都新宿区の新宿駅西口では、自由党の山本太郎共同代表、社民党の福島瑞穂副党首らがマイクを握り、「共謀罪は現代の治安維持法」などと訴え、テロ等準備罪成立の危険性をあおった。

以下:要約/編集!〜、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『逝かれ・パヨク!』と『売国・国賊⇔議員』どもが驚愕のパフォーマンス!〜、
 共謀罪反対の『逝かれ・パヨク」どもJR車両内でプラカードを示し、他の乗客の迷惑を考えずに、然も座席に座って己等の異常な主張を他人に押し付けようとしている!・・・

自由党参議員・山本太郎!


驚愕の一語に尽きる!〜、
❝共謀罪は政治に対して、まっとうな意見をすることを、つぶすための法案だと言って過言ではないんですよ!❞・・・

➤ ❮❮政府は日本で東京五輪を成功させるには、テロ等準備罪が必要だ。これがなければ五輪は開けないとデタラメを言っています。でも、それによってあなたの権利が侵害されるんだよ。全員が“潜在的犯罪者”と扱われ、皆さんの通信は何か悪い相談をするんじゃないかと、片っ端から疑いをかけられ、一方的に情報を収集される。そんなバカみたいな話は許されていいんですか。こういう手口、ナチスがそのままプロパガンダに使っていたやり方なんですよ❯❯・・・
 デタラメを言っている本人が政府はデタラメを言っている❢という、品性が一欠片もない下衆の駄洒落です。言ってる事がはちゃめちゃ!であり、反論のしようがありません。
まさに狂人の戯言となります。
日曜大工店で『トンカチ!』を買ったら共謀罪!、・・・山本太郎の頭はトンカチで頭を叩くとトンカチ、トンカチの音がするようです。

『社民党ゾンビ復活参議員』⇒福島瑞穂:

❝共謀罪が成立したら大阪弁で軽口も叩けない!❞〜、
大阪生まれではなくて、宮崎県・延岡市の生まれで、大阪には住んだ事も無いくせに、例え話で大阪人の気を引くのは何が目的なのか!?、思考回路が常人とは違うようです。

 父親は特攻隊員であった!と2012年の党大会で言及したが、・・・手前のやっている事は、父親や靖国神社に祀られている英霊の方々を壮大に冒涜しているは何故なのか!?、答えは一つで!〜、言及した事は真っ赤な嘘で、巷間で流布されている『出自は朝鮮半島系!』なのでしょう。

軽口も叩けない、こんな世の中、皆さん嫌だ!とは思いませんか!?!〜、
『逝かれ・パヨク系統』の政党が政権を取り、日本人が虐げられる世の中になる方が遥かに嫌ですよ、ミズポたん!。

➤ ❮❮みなさん、3度廃案になった共謀罪、4度目の廃案にするために、どうか力を合わせていきましょう。あの小泉純一郎元首相ですら『現在の治安維持法を成立された人と言われたくないもんね』と言ったとも言われています❯❯・・・
 過去に何度廃案になったから!と言っても、日本国を思う政治家なら絶対に諦めずに何度も共謀罪を成立する為に努力するのは当然です。
 稀代の売国奴だった小泉純一郎(当時)が『現代の治安維持法』を成立させた政権とは言われたくない!、此れは当然でしょう。小泉純一郎は日本国には愛着心をもってはおらず、日本国が戦後体制からの脱却などは念頭には全くありません。こんな政治家を引き合いにだして共謀罪に反対しても、国民の支持は得られない!。

福島瑞穂が偏執狂的な妄想で共謀罪を歪曲して放った妄言の数々!〜、

➤ ❮❮金田勝年法相。LINEやメールも共謀罪の手段となりうると言っちゃいました。捜査方法が変わって本当に危険になると思います。準備行為をやる前に捜査ができると言ったんですね。現代の治安維持法、狙っているんですね❯❯・・・

➤ ❮❮10代の若者たちが『じゃあ、万引しようか』と話し合って歩き出したら、共謀罪の成立なんですよ。テロ等準備罪と言っているけど、テロと関係はないんですね。テロに関する条約、日本すべて批准します。しかも、テロ対策というなら、戦争をしないこと、そして、世界の敵を作らないこと。日本を戦場にしないっていうことも大事ですが、このテロ等準備罪にだまされるなって言いたい❯❯・・・

ミズポが言っていることは真っ赤な嘘です。
■ 国際組織犯罪防止条約第5条は、締約国に対し、重大な犯罪(長期4年以上の罪)の共謀(共謀罪)又は組織的な犯罪集団の活動への参加(参加罪)の少なくとも一方を犯罪とすることを明確に義務付けています。
(参考条文)第5条  組織的な犯罪集団への参加の犯罪化
1  締約国は、故意に行われた次の行為を犯罪とするため、必要な立法その他の措置をとる。
日本の現行法には、一部の犯罪を除いて、犯罪の共謀を処罰する規定はなく、組織的な犯罪集団の活動への参加を一般的に処罰する規定もない。
 現行法は、条約第5条が定める義務を充たしておらず、『組織的な犯罪の共謀罪』を設けることなくこの義務を充たすことはできない。

➤ ❮❮ 平岡秀夫元法相『安倍晋三さんが首相でいるときに共謀罪ができたら、どういうことになっていくか。安倍さん、この前、あるデパートに行って『山口県の物産が置いてあるかどうか分からないけれども、山口県の物産を置いてくださいね。私の気持ちを忖度(そんたく)してくださいね』と言った。そうなんです。いま、日本の社会、特に権力者につながっている所は、忖度する状況になっているんです❯❯・・・

 平岡秀夫元法相は!〜、狂っていますね!。共謀罪と忖度が何の関連があるのか!?、論理の飛躍が甚だしく、めちゃくちゃで理解不可能脳です。バカバカしくて反論する気にも成りません。『日本の社会が権力者につながっている所は忖度する状況になっている!』、この様な社会になって『反日勢力の雄』の粗大カスゴミや腐れ野党が日本国民に忖度して欲しいものです。


➤ ❮❮裁判所も今や忖度の世界になっているといわれています。例えば、原発訴訟で原発を止めるような判決を出した裁判官はみな左遷です。だから、将来のある裁判官は、原発訴訟がでれば政権の意向を忖度して原発が止まらないような判決を出す。原発を止めるような判決を出すような裁判官は、もうそろそろ辞める人か、どうしようもないから、どっちでもいいというふうに思われている裁判官しか、原発を止めるような裁判はしないんです❯❯・・・
 此れも論理が破綻しています。
原発稼働の停止、再稼働を決めるのは裁判官では有りません。
三権分立の行政が科学的に検証して決めるもので、裁判官は科学的な知識には疎いのが常です。原発訴訟がでれば政権の意向を忖度して原発が止まらないような判決を出す』、
判決が裁判官の主観で持って下されるとトンデモない事を言っています。
何故か、忖度の言葉が独り歩きして、『逝かれ・パヨク!』が好んで使い共謀罪に反対している様は見苦しい。

➤ ❮❮自民党の中も、昔はハト派も、リベラルの人もいた。だけど、今や、安倍さんの言うことしか聞けない。安倍さんの言うことを聞く人しか出世をしない。こんな社会で共謀罪ができたら、安倍さんが考えている政策とか、方針とか、これに逆らうような人たちは、狙い撃ちをされて、そして、この共謀罪に問われていく❯❯・・・

 変質的な事象の捉え方であり!〜、
まさに被害者意識が先行し異常な発言をする半島人気質が見事に現れています。
一般の人々は共謀してテロ攻撃や国家転覆、暴力事件を起こしません。
安倍総理の政策と方針に例え反対しても、武力で解決はせずに、次の選挙で政権の座をから引き摺り落とす民主的な方法を選びので、共謀罪などを恐れる事はありません。

➤ ❮❮昔、治安維持法がありました。1925年にできて、1945年の10月に廃止になりました。この治安維持法も最初できたときは、これは善良な市民には関係ありません。これは国体を批判する人、そして、私有財産制を批判する人たちに対してだけ適用する法律なんです。けれども、どんどん拡大解釈され、一部改正をされて、非常に、多くの人たちがこの治安維持法に問われることになりました❯❯・・・

 どんどん拡大解釈されて非常に多くの人々が治安維持法に問われる事になった。
主観的な表現で誇張し過ぎています。
拡大解釈でななくて、時代の変転(戦中、戦後の共産主義の台頭で国の存亡)に対応して改正されたものです。
1945年10月4日、GHQにより治安維持法は廃止された。
此れも悪しき戦後体制の一つです。





いい年をこいて!〜、
手のシワから、ジジババ年代層と判断できる!・・・

『逝かれ・パヨク』の特質!〜、
非常識の衣をまとい恥ずかしげもなく、大通りを闊歩する!・・・

共謀罪に反対する『逝かれ・パヨク』の連中が事もあろうに、JR山手線の車両内では、他人の迷惑などを全く考えずの己等のエゴ丸出しで、共謀罪を都合よく曲解したプラカードを車内出披露する。
此れは違法行為でないかと思われます。

それにしても、『逝かれ・パヨク』は既に精神はあの世で彷徨ってい観がありますね!。