2007年04月12日

前回の続き。

出来るはずがない。
簡単に休止など多くのファンがいるのでできない。理解しあう時間などもちろんない。
練習をサボるヒマなどなく顔を合わせる2人。
気まずい雰囲気が流れるのは当然だ。
「このままでいいのか。」難波、KENは思う。
こんな雰囲気のバンドで良い曲なんて作れる訳もなく。
立ち止まるHI-STANDARD。
色々話合ったんだろうな。

難波がここで無期限の休止とゆう決断をする。
そして最後のライブ(すまんなんだったか忘れた。)を最後に休止。
一緒の道を歩いて来た三人は、それぞれの道に別れて進んでいった。
そしてKENは自身の夢であるレーベル「ピザ・オブ・デス・レコード」を設立。社長として、プロデュースしたHawaiian6、Asuparagasなどの凄いバンドを世に排出し、なおKEN YOKOYAMAソロアルバムを発売し現在もレーベル、KEN共に活動中である。HI-STANDARDとしてやりきれなかった気持ちと難波に理解して欲しいとゆう気持ちで最初の文みたいな曲を作ったんだろう。
難波とツネもそれぞれ新しい道を歩んでいると思う。
こうしてKEN、難波、ツネの三人で空前ねヒットを巻き起こしたHI-STANDARDは休止した。









って俺は思う。
しつこいようだけど、これは俺が勝手にKENなどのコラムを元に想像したものだから絶対に勘違いすんなよバカども!






まぁ1つ言えることは「HI-STANDARD」は日本が誇る最高のバンドだった。HI-STANDARDがロック界にいてくれて本当に良かった。

I LOVE ハイスタ



WE LOVE ハイスタ





※現在、難波とKENは仲直りって言ったらおかしいけどお互いの状況を知っていて、連絡も取り合ってるみたいです。
KEN、難波、ツネの活躍を激しく見守ってくださいませませ、マセガキFUJIキゅン

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星