金婚式両親プレゼント-結婚50周年おめでとう!

金婚式のプレゼントにみんなはご両親に何を贈っているの?? 50周年記念に最高の思い出をプレゼントしよう!!みんなの相談をまとめてみました。


写真の書の金婚式プレゼント

名前入りの詩はもちろん、あなたがご両親様へ伝えたい感謝の気持ち。

その感謝の気持ちを伝えることができるから感謝の筆文字が日本全国から

ご注文をいただくんです。

金婚式のお祝いプレゼント


金婚式が結婚何年目の事なのか、私は知りませんでした。
もちろんどんなお祝いをするのか、何故祝うのかわからなかったし、興味もありませんでした。
なぜならひとり親で育って、私自身シングルマザーとして生活しているからでした。
子どもの頃は両親がそろっている友達を見ても、うらやましいとも思わなかったので、子どもに父親がいた方が良いのでは、と言われてもピンときません。両親が不仲なくらいなら、いっそひとりの方が楽だと知ってしまったからです。
少しくらい苦しくても、自分の足で立って、自分で責任を取る生活の方が楽だと感じていました。
ところがある日気が付くと、自分の足で立っていたつもりが、少しづつ傾いてきていました。
特に何かあったわけでもなく、ただ声やしぐさが気になる人だなー、というのが最初の印象でした。
穏やかな話し方や、ひとり少しだけ輪からはずれているところ、少しずつ気になる部分が増えていくうちに、だんだん、そちらの方へ傾いて行ったのでした。
一緒の時間を過ごして行くと、しつけには厳しいくせに絶対手は上げない、整理整頓が大好きなどもっとたくさんの事がわかってきます。両親は仲がいいが、自分はあまりかまってもらえなかった、そんな話を聞いているうちに、いつの間にか傾きすぎて、寄りかからずにはいられなくなりました。寄りかかってみると、立っていることがとても楽になりました。
ふとその時気が付いたのです。これから何年一緒にいられるのかな?と。
調べてみると、25年たったら銀婚式、さらに25年たったら金婚式。もし長生きしたとしても、一緒にいられるとは限りません。いま、この時間がいつもでも続かない事はわかっています。
だとしたら残された時間はとても大切にしなくてはなりません。
毎日が特別な日です。
特別な日には何かプレゼントが必要です。
ある日は「感謝」ある日は「尊敬」またある日は「いたわり」。毎日言葉をプレゼントにすることにしました。
「ありがとう」「助かりました」「お疲れさま」そんな言葉を口にするだけですが、気持ちは口から出すことで何倍にも膨らみます。
実はそれが嫌であまり思いを口にしてこなかったので、最初はなかなか難しいことでした。
それでも少しずつ伝えていくうちに、特別な日が毎日積みあがっていきます。
いつか金婚式を迎えることができたらいいな、と思います。その時はたくさんの言葉のプレゼントの中に埋もれながら感謝の気持ちを伝えたいと思います。


銀婚式や金婚式のお祝い/プレゼント/ギフト

しっかりと安心して納品させて頂く為にもご注文いただけましたら、当店の専任のコンシェルジュが

対応させていただきます。そして、詩のご提案のスケジュールや制作の流れなどをしっかり

コミュニケーションをとらせていただきながら制作へと進みます。

金婚式プレゼント


金婚式を迎えられるってステキですよね。
それがあなたのご両親だと、感慨深く格別ですよね。
だからこそ、心温まるプレゼントでお祝いしてあげませんか?
とっておきの記念日を、ひと時もものでなく、永遠に心に残るものへ・・・・・・

言葉には 『言霊』 があると思うのです。
モノを貰った時も嬉しいですが、言葉を貰った時のインパクトは計り知れません。

何気ない言葉で、涙したり、喜んだり、救われたり・・・・・・

その思いは、ひと時のものでなく、永遠に心に残るものになる。
言葉には、底知れぬパワーが潜んでいると思うのです。

言葉・・・それがあなたから贈られた言葉のプレゼントだと、ご両親は感慨無量ではないでしょうか?
あなたからの気持ちを、リビングに飾り、何度も見ることができる・・・って、ご両親にとって本当に嬉しいことだと思うのです。
言葉を筆文字に乗せてプレゼントすることは、手紙とはまた違った魅力があります。

金婚式からを、「老後」にするか「青春」にするか、あなたの言葉のプレゼントによって、大きく変わるかもしれません。
言葉って、それだけのパワーがあります。

溢れる「ありがとう」、溢れる「おめでとう」、溢れる「感謝の思い」
・・・を、筆に乗せて、最高の心温まるプレゼントのお手伝い、おまかせください!!

金婚式のお祝いプレゼント

一枚、一枚手書きで書かれた

金婚式プレゼント★

金婚式プレゼント


先日久しぶりに夫婦だけの時間を作れたので、長い間行けなかったレストランに顔を出した。
結婚する前から、料理のおいしさと常連であるが故の心遣い目当てでそれぞれの誕生日、結婚記念日、3人の子供それぞれの1歳の誕生日祝いなどと事ある毎の記念日に利用していた。お正月のおせちもお願いしたことがあるくらい。
この店は先代オーナーが自ら建て、後々のメンテナンスや模様替えの大工まで全部自前で現オーナーとスタッフがする。木のカウンターの切り出しや新しく出来た仕切り壁、椅子。全部作る。50年の歴史が物語る店の強度が心地いいのだ。私も夫も別々で来たことはない。何故だか暗黙の了解で、二人一緒でないと、この店に不義理をしているような、居心地が悪い気がしている。
その日はお店に行くのも夫婦の時間も久しぶりということもあり、昼だったけど二人とも早速お酒を飲んだ。少しまた店内の雰囲気が変わったのねと、新しく入ったウェイターさんに声をかけた。自分より店に詳しい客に対する典型的なソワソワ感を漂わせて、「はい、この前の店休日に総出でやりました」とうれしそうな青年。
この店に働きたいといってくる子は皆、独特の店のオーラをまるでブランドの服を着るように身にまとう。他の店では鼻につくだろうそういう姿勢も何故かかわいらしく映るのは、いつも不思議に想うことのひとつだわ。今日の私たちの席の隣では、これぞ2世帯家族といった感の漂うお祝いの席。おじいちゃん、おばあちゃん、婿、娘そして待望の孫。同じ空間の隣同士で様々な人生が進んでいる。宴席は店のスタッフが人数の割りに小さめなケーキを運んできたので最後の締めくくりだな。この小さいケーキもお店の配慮だろう。ほぼ女性と子供の分だけで男どもは少し口に入れるだけ。案の定おじいちゃんと婿の前には一口サイズで切り分けられた。さてここでプレゼントが出てきた。そーかなるほど、金婚式だったのか。おばあちゃんがワクワク顔で開けたそのプレゼントに優しい筆文字で”50年!!!金婚式おめでとうと大きく書いてある。嬉しそうにするご両親を見る娘と婿さん。自分たちもこのご両親のようになりたいと想っているんだろうな。婿さんも自分の両親でもないのに涙流れてるよ。あーいいなぁこういうプレゼント。高価なものではないだろうけど、実用的なわけでもない。でもこーゆうの嬉しいだろうな。金婚式といえば50年かぁ。私たちも出来るかなこういう本当のお祝いをしてくれる「家族」を作ることが。プレゼントは何だって良い。この場がこの場にこうして集まる人が居ることがなによりのご褒美、なによりのプレゼントだよね。と夫の方を振り返ってみたら??なんであんたが涙ぐんでんのよ?でもこの人となら金婚式できるなって確信した。さあ子供を迎えにいって今から温かい金婚式をしてもらうための種をまかなきゃ。
私たちも出来るだろうか?こうやって金婚式まで

感謝の筆文字の金婚式プレゼント

金婚式プレゼント


親友の両親が金婚式を迎えるという。親友も僕も結婚すらしていない。親友も僕も43歳。
金婚式なら50年だよなぁと二人で酒を飲みながら、感心とも感嘆とも云える感慨に耽った。
僕たちは、この世に生をうけてまだ43年だ。自分自身ですら43年の付き合いで、それ以上の時間を自分以外の人間と共に過ごす時間というものを知らない。改めて、すげぇーな!という話しになった。
親友とはもう25年の付き合いになる(銀婚式だな(笑))。
だから親友のご両親とは、何年か毎に会う機会があり、いつも『久しぶりだなぁ!元気だったか?まぁ座って飲みない』というおやじさんのお酌で始まる。ご両親とも70をとうに越えているのに、お元気で何よりだ。
この日も金婚式には少し早かったが、僕なりのプレゼントを用意して伺った。
この元気な老夫婦に「コレ」喜ばれるだろうか?という僕のひそかな不安そっちのけで、どんどん酒は注がれ、渡すタイミングがない。しかしまぁこうして自分の息子の親友とも呼べる人間と酒を飲み交わすことが何より楽しそうな親父さんだから、いいか。後で。
夫婦仲は昔風の亭主関白を少し現代風に軟化させたような、だからおふくろさんは、おやじさんの前で一見控えめだ。
控えめだけど、要所要所のおやじさんへ対する突っ込みが的確で、決まったときはしてやったりという顔をするのが常だ。これが昔の亭主関白を軟化させたと思うところだけど。
おやじさんの制止をふりきって喋り続けるおふくろさんもよくみる光景で、自分の生まれ育った環境のおかげで昔風の亭主関白を少しイメージできる僕は、冷や冷やするが、おやじさんもおふくろさんもお互いの間合いを心得ていて、こちらの気苦労をよそに、話は次もう別の話題に。こういう間合いが金婚式までに経験してきた『技』なんだろうな、と思う
さて、夫婦の「妙」を味わいながらもプレゼントのことが気になってきて、というよりおやじさんのお酌のせいでかなり酔っ払ってきたので、さらりと渡した。おやじさんもおふくろさんも鳩が豆鉄砲食らったようにポカーンと僕の顔を見入る。手だけは包装紙をそそくさと破くために勤勉に動いている。年季の入った動作だなと感じた。
包装紙を丁寧に畳むおふくろさん。おやじさんが中身を持って立ち上がりおふくろさんに見えるように掲げてみせる。
50年の役割分担だ。
二人とも見入る。僕の贈ったもの。お二人の名前の入った詩だ。柔かい筆文字で僕なりの感謝の気持ちを詩にしてもらったものだ。恥ずかしくて詩の朗読はやめてもらったが、ものすごく喜んでもらった。僕も喜んだ。プレゼントを子供みたいに喜んでもらったのは、息子に自転車を買ってやったとき以来だな と想いながら。
ついでだが、ご両親の息子といえば、結局手ぶらで来て食って飲んで笑って帰った。それでもやはり、ご両親にとって何よりのプレゼントなんだなぁ。とその不満を息子に言うお二人の笑顔がつくづく物語っていた。
 

銀婚式や金婚式のお祝い/プレゼント/ギフト


父は正月と暑中見舞にいつも僕たち家族に自作の水彩画で葉書をくれる。年賀はやはりその年の干支にちなんだ絵が多いのだけど、暑中見舞いは、何だかいつも???な絵だ。何か思うところがあってのそのチョイスされたモチーフは、照りつける太陽だったり、子供用のビニールプールだったり。昨年は、魚だったりした。僕たち家族は、その絵ハガキを見て???となるのだった。愛情は感じられるのだが、何を伝えようとしてるのか、いつも分からない。でもそのうちきっとわかる日が来るんだろうな、ということで、わざわざ訊ねたりはしない。聞かないことで、想像を膨らませる。それの方がこういうやり取りにふさわしい気がしたから。文字はいつも母の担当で、線の細い美しい文字は坦々と伝えたい言葉が並んでいる。『みんな元気にしてる?』『子供たちをまた連れておいで。いつでも良いから』とか。父と母の思いの伝えかたが正反対で、あーこういう役割なのか、間合いなのか、とにかく夫婦の足らない面を補いあうかのような一枚の葉書に現れる想いが、妙に納得いくのだ。そんな両親が今年、結婚50年を迎える。勿論息子として覚えていたのではなくて、年賀状の文章の端に小さくそれとなく母が添えている一言からしったのだけど。年賀も暑中見舞いもいつも返事は書かない。でも50年をお祝いしてあげようかと、密かに思う。何をプレゼントすれば良いかと、考えながら、パソコンで検索してみた。高価なものは、手が回らない。ゴメンネ。何かこころがやすまるような。コレ良いと想ったのがあった。筆文字で詩を作って書いてくれるやつ。いつも絵心がないことに父親に対し引け目というか対抗心がある。いつもなんだかわからないメッセージの絵を送ってくれる父にはちょうど良いかもしれない。

金婚式お祝い

世界に一つだけの長寿祝いのプレゼントを贈る事ができます。感謝の筆文字では長寿祝いの内、二人の一人が

涙を流して喜んでくれる感動感激!涙涙のギフトでございます。

金婚式だけではなく、銀婚式のお祝いや各種記念日プレゼントに選ばれております。是非感謝の筆文字をチェックしてください


私の母は、銀婚式も、もちろん金婚式にもと届かず父と離婚した。
そして私が20歳の年に亡くなった。だから私には両親が居ない。
両親と私の想い出は、ほんと淡く薄い絵のように記憶に厚みもない。
父は仕事で忙しく滅多に家に居なかったので、その代わりよくプレゼントを買ってきてくれた。
お年頃の私にはちょっとピントが外れたプレゼント。
母はあんまりプレゼントを買ってくれなかった。
やっぱり父に対抗意識があったんだ。と今にして思う。
あなたが物なら私は日々の生活でこの子を守ることが、物より大切なことよ!と言わんばかりだったのだと思う。
結局両親とも子供だったんだよなぁ。
そりゃ銀婚式も金婚式も届かないよなぁ。
でも私はどうだろうか?傍らで鼾をかいてる夫をみながら、この人と50年、金婚式とか届くんだろうか?
もし届いたら天国の母に詩でも贈ろう。筆と硯と墨汁と文鎮とキャンバスを買って、あなた方が居なくなった後の一人ぼっちの私のこと。もう独りで生きていかなくてもよくなった私のこと。そしてあなた方が掴めなかった夫婦の絆のこと。
両親にあてつけみたいと想わないでもないが私だって一所懸命生きてきたんだ。ちゃんと報告してわかって欲しい。自力でつかんだ幸せのことを。ほんとは誰よりも喜んでほしい。そう思う。

金婚式でご両親へ贈られるプレゼントおすすめ

金婚式お祝いギフト両親プレゼントなど


金婚式プレゼント親へ何を贈ろう?
そんな時は、金婚式プレゼント親感謝の筆文字で検索




金婚式プレゼントなら感謝の筆文字
金婚式プレゼントなら感謝の筆文字. 結婚50周年記念の金婚式プレゼントに人気☆. 金婚式プレゼントにオススメ. 結婚記念日で50周年の金婚式プレゼントに選ばれており ます。世界に一 ... 名前入りの詩はもちろん、あなたがご両親様へ伝えたい感謝の 気持ち。
金婚式プレゼントなら感謝の筆文字.com/

金婚式プレゼントなら感謝の筆文字|銀婚式のプレゼントや ... - Ameba
2013年4月3日 - 金婚式プレゼントなら感謝の筆文字. 2013-04-03 03:21:32 テーマ:金婚式プレゼント 両親へのサプライズ. ご両親の結婚記念日のプレゼントで50周年記念をお祝いする 金婚式プレゼント!!世界で一つだけの感動感激涙のプレゼント サプライズで プレゼント ...
ameblo.jp/fudemojigift8/entry-11503745198.html

金婚式プレゼントなら感謝の筆文字 - Ameba
2012年12月17日 - 金婚式プレゼントなら感謝の筆文字. 2012-12-17 14:32:35 テーマ:金婚式プレゼント. ご両親様の結婚記念日50周年記念に感謝の筆文字の金婚式プレゼント は. いかが でしょうか?一枚一枚手書きで書かれたお父さんお母さんへの心の感謝のギフトです。
ameblo.jp/fudemojigift2/entry-11428968454.html

銀婚式プレゼントなら感謝の筆文字|銀婚式のプレゼントや金婚式 ...
2013年4月3日 - 銀婚漆器のプレゼントや金婚式プレゼント手作りギフトの銀婚式のプレゼントや金婚式 プレゼント手作りネームインポエム親への記事、銀婚式プレゼントなら感謝の筆文字 です。
ameblo.jp/fudemojigift8/entry-11503744418.html

金婚式銀婚式お祝いプレゼント・ギフト - 結婚式両親へのプレゼント
結婚式で贈る感動の両親プレゼント。 ..... 金婚式プレゼントに感謝の筆文字の名前の詩 . 送料・代引手数料・ラッピング無料! ※価格は各ページをご覧ください. 金婚式の プレゼントなど他にも古希祝いのプレゼントなど長寿のお祝いギフトに選ばれる名前の 詩 ...
www.kansha-fudemoji.com/?mode=cate&cbid...csid...

金婚式プレゼント親
金婚式プレゼント親へ感謝の気持ちを伝えるギフト☆. 金婚式プレゼント. 感謝の筆文字 の手書き筆文字ギフトは世界に一つだけの完全オリジナルのオーダーメイドギフト。 一 枚、一枚が手書きで書かせて頂いているだけでなく、相手の方のお名前入りの詩を ...
金婚式プレゼント親.com/ 

結婚式両親へのプレゼントなどに「感謝の筆文字」
金婚式のお祝いプレゼント・定年退職の記念プレゼント・結婚式のご両親へのプレゼント ・結婚祝いのプレゼント・結婚記念日の ... 感謝の筆文字の ・ 結婚式両親へのプレゼント の筆文字へのお客様の声 ・ 結婚式両親へのプレゼント筆文字ギフトのお届けまでの ...
www.kansha-fudemoji.jp/

【No,1】大人気の金婚式プレゼントは感謝の筆文字
オススメの感謝の筆文字から、みんなが金婚式でどんな会話をしているかまとめてみ ました。 ... 4)今考えているのは、喜寿のお祝い、金婚式も全てひっくるめて、両親 それぞれに10万円を現金でプレゼントしようかと考えていますが、こういう考えはあり でしょうか ...
大人気の金婚式プレゼント.biz/ 

記念日プレゼント両親へ
ご両親様への結婚記念日としてご家族からサプライズでプレゼントされるケースが多い. 手書き筆文字ギフト。それが感謝の筆文字です。 結婚記念日といってもやはり人気なの が、金婚式プレゼントです。 金婚式プレゼントは結婚50周年記念のプレゼントです。
記念日プレゼント両親.com/

金婚式プレゼント
感謝の筆文字が金婚式プレゼントで選ばれる理由. 金婚式とはご両親が結婚されて50 年目を、夫婦そろって祝う式のことですが、そんな50周年目の結婚祝いプレゼントに. 感謝の筆文字が長年選ばれております。なぜ、手書き筆文字ギフトが近年選ばれて いるか ...
金婚式プレゼント・.com/ 

このページのトップヘ