早期返済不動産投資

2000年より不動産投資を始めました。 一時借金に追われて苦しい日々でしがアベノミクスに救われました。キャピタルゲインのリスクヘッジとしてインカムゲインがあるのを実感しています。

決済

区分マンション決済しました。

ただ悩みがあります。

オフィス仕様なので募集に多少時間がかかりそうなことです。

住宅にリノベーションすれば直ぐに借り手が見つかるのですが費用が500万近くかかりそうです。

オフィスでもそれなりの賃料が見込めるので迷います。

少し前までオフィスがかなり品薄だったそうです。いまでもオフィス需要が旺盛だという事ですが築古なのがネックです。

とりあえずオフィスで募集しだめならリノベーションの予定です。

今現在マンション全体の60%の区分を所有しています。

全部自分の所有になれば大きなキャピタルゲインが得られます。

でも私はそうなったらマンションを新築したいと考えています。

それまで生きていられるか分かりませんが・・・

壮大な夢です。




願いを持つ

最近貧困層の子供の問題が取り上げられてきています。教育、健康、心の問題等多くの課題があるのがこの貧困層の子供ということで東京都がその対策に本格的に取り組み始めています。

日本で一番所得が高い港区も例外ではないようです。その取り組もの一つとして
こども食堂があります。

一番弱いところに社会の歪が大きく現れるのでしょう。資本主義の光と闇。

世界の金持ちの8人の資産は世界の人口の恵まれない下から半分の資産と同等という富の著しい偏在。

資本主義自体がねずみ講のような気がしています。

でもその資本主義に行き詰まりの兆候が随所に見られます。

以前所得が高ければ幸せかという論点で
港区VS江戸川区の記事を取り上げました。

日本一金持ちである港区が実は一番不幸せのようにも思えます。勿論お金は命の次に必要不可欠なものですが幸福とは何かを考えさせられます。

お金は大切ですが賃貸業で不労所得を得る事のみが目的になってしまったら少し虚しいような気がします。

外なるものの限りない追求、限りない拡大が今までは求められていました。しかし少子高齢化が進む中賃貸業に限らずほとんどのの業界で今までの拡大方法では立ち行かなくなっているのを実感しているのではないのでしょうか。

今求められるのは内なる追求だと思います。

単に不労所得を得る事以外に何を願って賃貸業を行うか?ビジョンは何か?

その願いなきところに今後の賃貸業の成功はないでしょう。






契約完了

前回記事の物件の区分の情報が不動産業者から入ってきました。

3000万円以上が希望なのですがとりあえず2800万円を提示しました。

情報が管理組合から入り不動産屋を通さず直接売買すれば手数料を節約できますが、今回は不動産売買仲介業者からの連絡で情報が入りました。

現地へ行くと冬の最中ですが南、北、東それぞれに開口部のある大開口のオフィスです。午後日が陰る頃なのですが、部屋の中は暖かく春の陽気でした。

65平米の専有で土地の持ち分5坪でほぼ土地の実勢価格評価の価格です。

以前月20万円以上の家賃で申し込みがあったそうですが売却する為断ったとの報告がありました。

しばらくすると指値がそのまま認められました。

売主は7年以上前に3000万以上で購入していました。最初は自社で使用していましたが本社ビルを建て不要となりました。そこで賃貸付けしようとしていたのですが売却することになったようです。

不動産屋の持ち回りで契約となりました。

融資特約つけるようにお願いしていたと思っていたのですが、なんと融資特約を付いていないのを契約の後から気が付きました。

でも何とかなるでしょう。

売却の予定もありすでに色々資金調達の方法は考えていたからです。

3月末までに資金を用意すれば大丈夫ですが残り時間にあまり余裕はありません。

これから全力で資金調達します。





livedoor プロフィール
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ