ローンの固定金利期間が終了し新たな条件提示となりました。

10年固定で1.2%程度

物件売却予定しているので変動金利でお願いするとなぜか10年固定より金利が高い1.4%でした。

不動産売却した資金で住宅ローンを一括返済しようと考え担当に伝えました。

すると住宅金利2,5%20年固定ですが1%前半まで引き下げるとの事。

そんなことできるのでしょうか?担当によれば自身があるとの事。

また日本政策金融公庫の複数の借り入れを1.2%10年固定で一本化してほしいという要望もありました。日本政策金融公庫は繰り上げ返済がペナルティーなしでできるのです。その隙間を狙ったのです。どこまで金利が低くなるのでしょう?もっとマイナス金利が拡大していくのでしょうか?

借り得のような気もしますが、所詮は借金に過ぎません。

私「銀行員になって仕事楽しいですか?」

担当「10年勤めていますが辞めたいと思わなかった日はありません」

私「それでもやめない理由は何かあるのですが?」

担当「生活の為です」

そういえば知人の娘さん都銀に就職、最初の研修期間は面白かったそうだが、それからは地獄の日々で泣きながら実家に戻ってきたとか。

何をするにも大変な世の中になったと思いました。

何時左遷されるかわからない金融マン。

他行への借り換えは大きな汚点となります。

頑張れ!