手持ちの資金に余裕があり信金さんのローンを完済しようとしたのですが、新たにローンをお願いされました。

節税対策として個人の建物を同族法人に売却するのですが、この際手持ち資金のない法人は個人から借り入れして毎月返済していけば問題ありません。

税理士に相談したところそれで問題ありませんとの返答を頂きました。

しかし取引信金サイドからすると銀行から借り入れを起こしたほうが会計上明瞭でよいとの事でした。

借り入れを起こせば毎年の申告書の精査ができ資金運用の適切なアドバイスができるだけでなく、毎年顔を見ることができるので今後本当に有利な資産運用のお付き合いが可能になるとか・・・

何よりも将来に向けたいざという時の融資の際有利になるのでベストの選択だとか・・・

でも利息の支払いが必要になります。

過去を振り返ると、どこも貸し出しを渋っているときに今の信金さんが快く融資して頂きこの港区の一棟ものを手に入れることができた恩義があります。

今思えば八方塞がりの時にこの融資によって購入できたことは奇跡に近いです。

この恩義に報いることも大切ではないかと考えています。

融資をどうやったら引けるのか奮闘し、借りたら日々のローンをどう返済していくのか頭を悩ませていた時代が懐かしいです。

これもアベノミクス効果の大幅な都心不動産価格上昇による売却益があったからこそです。

不動産投資はキャピタルゲインを得るためのリスクヘッジとしてインカムゲインがあることを実感しています。

まあ偶然にすぎませんが・・・・

アベノミクス万歳‼