浅草 入谷 下谷 タウン情報

浅草・入谷・下谷、周辺のディープな飲食店などの情報を中心に配信しています。

創業128年の天麩羅屋「土手の伊勢屋」は言わずと知れた超有名店で、いつ行っても観光客などの長蛇の列で賑わっています。建物も有形文化財に指定されるほど趣きがある店、その店内で天麩羅や天丼を食べると確かに江戸の風情を感じられます。

[画像:ff833644-s.jpg]


私も数年前まで昼の混雑を避けて夜の営業時間に出掛けて天麩羅を肴にお酒を飲みに行っていましたが、今は忙し過ぎて昼の営業のみに成ったそうです。残念です!その有名な「伊勢屋」、実は3店舗ある事を知らない人が多いのでは・・・3代目が3兄弟なのですが、長男が『土手の伊勢屋』、次男が『千束いせや』、三男が『蔵前いせや』をそれぞれ経営しています。どの店に行っても長年の歴史を持つ天丼屋で、昔から引き継がれたタレや新鮮な海老や穴子などを使った旨い天麩羅や天丼が頂けます。

[画像:e5d1036c-s.jpg]

二男が営む『千束いせや』も既に創業40年、酉の市で有名な「鷲神社」の直ぐそばにあるのがこのお店です。 酉の市には熊手を買いに来た人達で大繁盛のお店です。 本店の『土手の伊勢屋』は夜の営業はありませんが『千束いせや』は夜8:30まで営業しているので旨い天麩羅を肴にチョイ飲みもできます。今年の酉の市は11月6日・18日・30日です、熊手を買いに行くときや帰り道に、ぜひ『千束いせや』で白魚や貝柱のかき揚げで日本酒を一杯!冷えた体にズズーンと染み渡りますよ!他にもメニューは天丼と天麩羅定食、天麩羅の単品など価格は内容によって、¥1000~¥2100でリーズナブルです。

[画像:8a38d7c8-s.jpg]

[画像:d2d2339f-s.jpg]

[画像:a5eadc93-s.jpg]

[画像:3b517008-s.jpg]

[画像:37f8728c-s.jpg]

今回のお店:『千束いせや』
住所:東京都台東区千束2-23-5
   ※金美館通り商店街
電話:03-3872-5588
営業時間:昼11:30~15:00
       夜17:00~20:30
定休日:水曜日

[画像:b821f55e-s.jpg]

浅草・入谷・下谷 タウン情報は競売不動産・未公開物件を不動産投資に活用するアドバイザー

『競売不動産道場』が配信しています。

http://www.keibai-doujou.com/

浅草や秋葉原・お台場辺りでよく見かける「公道カートツアー」私も最初に見たときは任天堂のコマーシャルかと思っていましたが、最近で良い意味でも悪い意味でも世間に周知されている「公道カートツアー」です。それでも「外国人観光客むけでしょ?」「コースは勝手に走ってるの?」「値段は高いの?」などと知りたい事があるのも確かです。そこで今回は最近、浅草にオープンしたばかりの「ASAKUSA SAMURAI KART」をご紹介します。利用客の大半がジュネーブ条約加盟国の国際免許が取得できる外国人だそうですが意外な事に中国は加盟国ではないため中国人の利用は出来ないそうです。今まで中国人と思っていたカートを運転している人達は意外に日本人だったのかも知れませんね・・・その証に最近では利用客の4割は日本人観光客だそうです、今回の取材の時も日本人カップルが利用をしていました。

サムライカート 015

それではカートに乗ってみます。エンジンは50cc原付と一緒です、最高時速は60㌔だそうです。スタート前にスタッフから操作法やエンスト時の対応・安全運転走行の注意事項などのレクチャーを受けて、スタッフの先導でスタートします。仮装したカート集団をよく巷で見かけますがすが道路事情をよく知らない観光客が勝手に市街を走っている訳ではないのです。

サムライカート 019

スタッフも管轄警察署の指導受けて法令順守と安全運転を心がけています。速度制限を守って走行しても運転席の目線が低いため時速40㌔でもかなりのスピード感とバイクのように風をうけて爽快感を満喫できます。秋晴れの浅草やスカイツリー周辺を走行すれば、大勢の人に注目の的になり爽快感にプラスして有名人気分も味わえます。

サムライカート

コスチュームもマリオ系以外にも色々と用意がされています、少し恥ずかしいとは思いますがそこは馬鹿になって仲間とパーティー気分で東京・浅草周辺を駆け走るのも気晴らしに良いことでしょう。いつもの街並みもキット違って見えますよ!

サムライカート2

『SAMURAI KART』
場所:東京都台東区西浅草3−25-31
【料金】
《1時間》6,000円⇒SNSレビュープライス⇒5,000円

《2時間》8,000円⇒SNSレビュープライス⇒7,000円

電話:03-3841-1860

フェースブック: https://www.facebook.com/samuraikart/?hc_ref=ARQ-AxqjVi3a8t_Z3W6_qtPRYNIC510T0krP89fjkWYXwcntQD8EcheYTiG_G7npeLs
サムライカート 009

浅草・入谷・下谷 タウン情報は競売不動産・未公開物件を不動産投資に活用するアドバイザー
『競売不動産道場』が配信しています。
http://www.keibai-doujou.com/



夏なのに雨ばかりで気温は低いものの蒸し蒸しした日々が続いています。お盆休みに飲んで食べて胃も休ませようと思ったら旨い豆腐が食べたく成りました。どうせ食べるならと自転車で雷門側の豆腐屋までお買い物。そこは明治39年創業、三代目の店主が営む「市川食品」、浅草の天ぷら屋、蕎麦屋、料亭、浅草ビューホテルなど近所の飲食店に卸す一方、主婦も買いに来る、知る人ぞ知る豆腐屋さんです。国産大豆に拘った手作り豆腐は大きめで大豆の豊かな風味がおもいっきり感じられます。特に水にさらさない「おぼろ豆腐」に麺つゆをかけて食べるのが私は大好きです。40年前は台東区内に約100店あった豆腐屋さんもスーパーの安売り豆腐のお陰で、現在は15店にまで減ってしまったそうです、これからも本物の豆腐の味を守ってもらいたいです。

 住所:東京都台東区雷門1-14-3 雷門通り入る
電話:03-3841-1357

営業時間:5:00~13:00 16:00~19:00
                ※13:00~16:00は休憩時間

定休日:水曜日

[画像:48c2864c-s.jpg]
[画像:f9fe4fd1-s.jpg]
[画像:436a0bdc-s.jpg]
[画像:e66afa89-s.jpg]
浅草・入谷・下谷 タウン情報は競売不動産・未公開物件を不動産投資に活用するアドバイザー
『競売不動産道場』が配信しています。
http://www.keibai-doujou.com/

↑このページのトップヘ