30歳からの駆け出し不動産投資blog

30歳から不動産投資を始め34歳でアパート3棟25部屋のオーナーとなりました。 これから不動産を始めようとしている方の参考になればと思います。

司法書士より登記簿と権利証が届きました。。




ワタクシ、以前、、登記簿の担保の記載が間違っていたのに2~3ヵ月経ってから気づいた事があったので、今回はすぐに入念にチェックします。。




物凄くプライドが高い感じの司法書士だったので、、



よもや、、ベジータ様に間違いは無いだろうと思いながらペラペラめくって確認していきます




物件の住所、、⇒OK


債権額、、、⇒OK


所有権移転、、⇒OK


ワタクシの名前、、⇒OK


ワタクシの住所、、⇒ん??違う!!!!




なんてことでしょう。。。ワタクシの住所が間違っています。。ミラクル過ぎる。。。笑



おいおい、、住民票や印鑑証明とかの公的書類を渡しているのに、、



なんたる凡ミス。。。ほんとワタクシ、こういうのに出会う確率が物凄く高いです。。



速攻で司法書士に電話。。。(以下、おたんこ司法書士)



ワタクシ『すみません。先日登記して頂いた不動産パパですが。。』



おたんこ司法書士『あ~どうも、お世話になってます。権利書届きましたか?』



ワタクシ『ええ、今受け取って確認したんですけど、ワタクシの住所が間違っているんですけど。。』



おたんこ司法書士『えっ!!・・・・えっと~~すみません。。今外出先なので、戻ったらすぐに確認して、登記し直します。すみませんでした。。』



翌日、、朝から電話がなります。。。




ワタクシ『はい。』




おたんこ司法書士『不動産パパ様。。。大変申し訳ありません!!完全にワタクシの不注意でした。。』




ワタクシ『で、、どうすれば良いですか?この権利書とか、、お返しした方が良いですよね。。』




おたんこ司法書士『そうなんです。更生手続きに必要なので、、、あと、、あと、、、



たっ、たいへん、、、申し訳ございませんが、、、



もう一度委任状を書いて頂く必要がありますので、



こちらから御郵送致します書類に記載して頂いて、、



(はぁはぁ、、、)お送りして頂けますでしょうか??大変申し訳ございません。。』




ワタクシ『(マジめんどくせーな。。笑)ええ、分かりました。取り合えずは書類が届くのを待っていれば良いですね。。』




おたんこ司法書士『左様でございます。。』



ワタクシ『肝心の信金さんにはお伝えしなくて良いのですか??』



おたんこ司法書士『えっ、えっ、えっとですね。銀行さんにも再度委任状を書いてもらわないといけないので、ワタクシから御説明致しますので、大丈夫です。。こちらで致しますので。。この度は大変、大変申し訳ございませんでした。。。』



ワタクシ『(信金にも迷惑かけるのか・・・・)ちゃんとお願いしますね。。』



電話を切ってから、、速攻で司法書士を斡旋したおたんこ不動産へ連絡です。。。




ワタクシ『すみません。。先日決済をした〇〇の登記ですが、おたんこ司法書士が登記間違えていてやり直すみたいです。一応ご報告まで。。』



おたんこ不動産『大変申し訳ございません。私からも連絡しときます。』



ワタクシ『宜しくお願いします。』



登記したら書類はあっていると思わずにちゃんと確認しましょう。。ほんと間違えている事ありますよ。。




ワタクシ、まだ4棟しか買った事ないですけど、、、すでに50%の確率で間違っている事になります。。笑



色んな意味での4棟目のミラクル、完。



色々なコメントありがとうございました。。。

不動産投資 ブログランキングへ

近くにボロボロの木造住宅があるので、



シロアリがこっちに来るんじゃないかと気になって仕方なく。。



物件の周りをグルグル見ますが、特に蟻道はなさそうです。。



念のため土壌処理だけしておこうと考え、



業者を信用していないワタクシ、、、早速、、、


薬剤散布グッズ防蟻処理剤を片手に物件へ

↓これね。。笑。。完全に怪しい人です。。笑





風のない日を選び薬剤を水で薄めて土壌に散布します。。



自分の土地を囲むように散布していきます。。結界を張っている気分です。。笑



上から飛んでくるのは防げないですけど、土の中から来るのは防げます。。



ワタクシ、、、何か本格的になってまいりました。。。笑



非日常的な事は楽しい。。



と、、、楽しんでいると。。。司法書士から権利証が届きました。。


⇒ラスト㉛に続く


不動産投資 ブログランキングへ

人感センサーつきのライトか。。



確かに暗い所にあると防犯上も良いな。。



恐らく、前所有者のおじいちゃんにも要望していたけど、



そこまで対応していなかったので、買主のワタクシに言って来たのだと推測。。



すぐ迅速に対応するのがワタクシ、、、、笑






↑これを購入。。



結構明るくて、電池式で半年以上持つ。。2000円程度で安い。。




早速、物件の雨に濡れない所にドライバーでネジで取り付け。。もうDIYだな。。こりゃ。。笑




夜に動作確認をし正常に作動する事を確認。。




ワタクシ。。この時、、ふと気になります。。。



隣の家がボロボロなのに、、、、。



シロアリとかこっちに来ないか不安になる不動産パパでしたが、、、



シロアリ業者の一件があり、ワタクシ完全に業者を信用しておりません。。笑




そこで、、、
⇒㉚に続く

不動産投資 ブログランキングへ

仲介さんから電話です。。



仲介さん『不動産パパさん、2つほどあるのですが、良いですか??』



ん??なんだろ??決済も終わって、、もう良い物件でも出たのかな??




ワタクシ『はい、なんです??(ジュルジュル・・・)』




仲介さん『あのですね。。入居者の方から夜間暗い所があるので、人感センサー付きのライトを付けて欲しいと要望がありまして。。。』



(ワタクシの心)ん??仲介さん、もはや関係なくね~~???ワタクシ混乱。。笑



ワタクシ『えっと~~仲介さん、仲介さんは管理会社じゃないので、管理会社が対応する事なので、良いですよ。管理会社は〇〇なので。。』



仲介さん『ええ、一応伝えるように言われましたので。。。




(ワタクシの心)いつだよ??いつ入居者から伝えるように言われたのさ。。。仲介さん。。。あなた契約前に言うのを忘れて今慌てて電話してきたんとちゃうの??笑



ワタクシ『そうですか、、分かりました。大丈夫ですよ。了解です。。』



仲介さん『もう一つは、〇〇駅は興味ありますか?』



ワタクシ『え??そんな所出たんですか??』



仲介さん『ええ、4000万ぐらいなんですけど』



ワタクシ『あれ??激安っすね。。徒歩何分ぐらいですか??』



仲介さん『徒歩20分です。。』



ワタクシ『とおっ!!いや、、ワタクシ駅近じゃないと駄目って言いましたよね。。笑』



仲介さん『そうでした。すみません。。ではまた良い物件が出ましたら御連絡します』



ワタクシ『はい。よろしくお願いします。』



あまり期待は出来ない気もしますが、一応、、種は撒いておきます。。



それにしても、人感センサーのライトか。。。



⇒㉙に続く


不動産投資 ブログランキングへ

仲介さんへ電話します。。。



ちょっと抜けている仲介さんなので、、、、思いがけない良い物件を放り出してくる可能性のある方です。。笑
(契約時の実印を逆さに押したり、仲介手数料の消費税計算を間違ったり。。。言い出したら切りがないほど、、、色々とありました。。)



不動産パパ『先ほどはありがとうございました。』



仲介さん『こちらこそありがとうございました。。』



不動産パパ『また駅近で良いのがあれば、水面下で御紹介頂けますと有難いです。。』



仲介さん『買われたばかりですが、大丈夫ですか?』



不動産パパ『ええ、信金さんもまだまだ融資出してくれるみたいなんで大丈夫です。。』



仲介さん『あっそうですか。良いのがあれば御連絡しますね。』



不動産パパ『駅近ですよ。。宜しくお願いします。。』



数日後、、電話が鳴ります。。。

⇒㉘に続く

不動産投資 ブログランキングへ

決済が終わりワタクシの物になったので、早速管理会社に御挨拶。。




事前に決済が終わったら伺うとアポイントを取っておりました。。




決済は予定通り1時間で終わったので、アポイント通りの時間に到着。。




ワタクシ『先日はどうも。。予定通り決済が終わりましたので、、管理契約をお願います』




管理会社『どうも、無事終わりましたか?これが当社の契約書になります。。』



ワタクシ『分かりました。え~~と。。』



管理会社『管理費は5%で、集金、募集、退去など、一般的な管理業務を行います。。かくかくしかじか。。。』



ワタクシ『分かりました。お願いします。』



持っている実印を押して管理契約終了。。



ワタクシ『あっこれつまらないものですが。。。(手土産のお菓子を渡す)』



管理会社『お気を使わせてすみませんね。では遠慮なく頂きます。。』



ワタクシ『では宜しくお願いします。。』



それにしても、今回の仲介さんは値付け甘々だったな。。。



話していても、収益物件の事あまり知らなかったし。。。



両手仲介で売れれば良い的スタンス。。笑



こりゃ、、また良い物件掘りだせるんじゃない??



仲介さんに御礼を兼ねて連絡です。。

⇒㉗へ続く


不動産投資 ブログランキングへ

火災保険も申し込み完了。。



後は決済日を待つのみです。。



決済日当日、、、朝からソワソワしているワタクシ。。。トイレに行くこと5~6回。。笑



忘れ物は無いか何度もカバンの中身をチェックします。。。



実印、銀行印、仲介手数料、司法書士代、住民票、印鑑証明、身分証明書・・・・



一人で行く予定でしたが、たまたま奥さんも暇だったので、、、奥さんと一緒に信用金庫に向かう事に。。



奥さんは決済の現場を見たいらしく興味津々で付いてきます。。。(*´∇`*)




信用金庫前に約束の時間より10分早く着きました。。。。



もう中に入るか迷っていると、、、何やら視線を感じます。。。Σ(゚д゚;)



車の中からこちらを見てお辞儀をしている人がいます・・・。。。(つд⊂)ゴシゴシ



売主さんです。。。



早く着いて車の中で時間を潰していたようです。。。



お辞儀をして、そのまま中に入る事にしました。。。



すると仲介さんはすでに到着しており、私達に続いて司法書士の先生が入って来られました。。



そして売主さんが入って来られます。。。



売主さん『どうもどうも、、、よろしくお願いします。。』



ワタクシ『お待たせして申し訳ありません。本日はよろしくお願いします。』



仲介『では、御揃いのようですので、もう始めましょうか。。』



ワタクシ『お願いします。。』



司法書士『では本人確認をさせて頂きます。まずは売主様、その次に買主様の順番でお願いします。免許証を御呈示頂けますか?』



ワタクシ、売主さん『はい。。』



司法書士『確認致しました。一応コピーを取らせて頂きますね。』



ワタクシ、売主さん『はい。。』



仲介『では、売主さんから買主さんへ敷金の預かり金、家賃の清算金を現金でお渡ししますので、買主さんは金額を確認して領収書に記載をお願いします。。』



(売主さんは現金主義の方で、振り込みでの差し引きではなく現金でのやり取りを希望されたためキャッシュで持って来られました。。)


ドサッ・・・



奥さん『・・・・お札がいっぱい。。。オオーw(*゚o゚*)w』



二人で手分けして必死に数えます。。。



敷金は預かり金なので、別個に保管しとかないといけませんし、金額が違うといけませんので一部屋毎にちゃんと確認します。。。


緊張して手がべとべとなので、普段よりお札は数えやすかったですが。。。笑



すべて金額の確認が終わり、司法書士代、仲介手数料を支払い、無事決済完了。。



会議室を出た際に再度、、、支店長から良い物件があれば融資しますのでという、ありがたいお言葉を頂いて、、、そのまま行内のATMに向かいます。。



敷金は独立した口座に分かるように一部屋毎の金額毎に分けて口座に入金しておきます。。



退去するまでは人様のお金ですからね。絶対に手を付けてはいけないお金ですので分けて保全しとかないと駄目です。。


一通り入金作業が終わり、、そのまま管理会社へ管理契約をしに向かいます。。
⇒㉖へ続く

不動産投資 ブログランキングへ

そわそわしている保険会社Aを横目に、、、叔母に保険会社Bへの問い合わせを要求。。



叔母さん『え~~めんどくさいな~~』



ワタクシ『いいから電話して。一応確認しないと。。』



(プルルルル・・・)




叔母さん『あれ??忙しいのかな??』



(ガチャっ)


保険会社B『どうも~~』



叔母さん『あっ出た。。ちょっとさ~~今電話変わるからちょっと話聞いてくれる??』



保険会社B『えっ??』



ワタクシ『どうもお世話になっています。見積もりを作成して頂いた不動産パパですが。。』



保険会社B『あ~~どうも、お世話になっております。何かありましたか??』



ワタクシ『えっと~~ちょっとお聞きしたいのですが、〇〇の保障と▢▢の保障って標準で付いていますかね??』



保険会社B『はい。それは大丈夫です。普通に付いているので心配ありません。』



ワタクシ『そうですか、分かりました。また何かあったら連絡します。。ありがとうございました。』

ジロリと保険会社Aを見ます。

保険会社A『・・・・・・・では、、免責金額ですかね。。当社の見積もりは免責金額全てゼロなので。。B社さんは数万円かかりますから。。』



ワタクシ『うん、ワタクシ、、はっきり言って災害が起きた時に数万円払うなんてのはどうでも良いんです。
何百万も修理にかかるって言うのを保障して貰えれば良いので。
あくまでも保険なので、、災害時に数百万払って貰えれば数万円の免責は気になりません。
起きない可能性もある訳ですから。。





保険会社A『そうですよね。。。数万円の出費がキツイって事無いですもんね・・・。。笑』



ワタクシ『来てもらっていて、すみませんが、今回はB社さんにお願いすることにします。ありがとうございました。。』


その場で叔母さんからB社の申込書を渡され記載。。



おっし、、これで火災保険も決定。。。
⇒㉕へ続く

不動産投資 ブログランキングへ

ディスるコメントを入れる人の心境って何なんでしょうね。。。



ワタクシ、、、正直こんなに無駄な事は無いと思うんです。。笑



ってか普通に失礼だな。。



なんでくだらないコメントを入れるのか。。。ワタクシ考えてみました。。




ワタクシ自身、、、


正直年収1億の人や年収200~300万の人が何言ってようが全く気にならないと思うんですよ。。




わざわざディスるコメントしようなんて思わないんですよ。。



でもですね。。。



同じような年収の人で自分と同じような生活でありながら、



自分がしていない事をしている。または、何か成功しているっていう人にはジェラシーを感じるんですね。。隣の芝は青く見える訳です。。




台風がリスクとか、そんなこと言っていたら何もできない訳ですよ。



人口が減っているのに不動産投資なんて・・・・とかあたかも自分が絶対正しいかのような短絡的なコメントして来ますが。。。



そんなこと言ったら、飲食店も衣料品店も何も開業出来ないですね。。



人生チャレンジせずに寝てるのが宜しいかと。。。



そもそも、、不動産のブログで不動産を否定してくる。。。全く意味分かんないですね。。笑



そのまま不動産を買わないで人生を終えれば宜しいかと。。。個人の自由なんで。。



富裕層の方はほとんど不動産を資産に組み込んでますからね。。



否定するのは新築区分のみで十分。。



人間の嫉妬ってのはメンドクサイ。。


不動産投資 ブログランキングへ

火災保険の見積もりを出してもらってから話が止まっていました。。。



見積もりを出してもらった保険会社数社で、5年契約で10~20万近い開きがあったので、、、



担当者にどこが違うのか?詳細に聞く必要がありました。。



この災害が多い状態では、保障内容を手厚くしておいた方が良いので、



保障が手厚ければ20万高い保険(年間4万、毎月3333円高い)でも良いと考えていました。。



要は他社より毎月3333円高い理由は何なんだ??そんだけの価値がある保障なのか??と



叔母さんを通じて一番高い見積もりを出してきた大手の保険会社Aの社員に来てもらいました。。
(決して焼きをいれる呼び出しではありません。。(笑)。
他の3棟の火災保険を任せている保険会社なので、納得のいく内容なら、高くても入っても良いかなと思っていました。。)



保険会社A『火災保険は10月に値上げなのですが、これからも値上げをしないといけなくなると思います。。』



ワタクシ『そう考えると、やっぱ5年契約の方が良いですよね。。』



保険会社A『そうですね。一括で大きな金額が出ていっても大丈夫であれば5年契約の方がお得だと思います。。』



ワタクシ『それにしても、、去年の西日本豪雨被害の影響で、値上げって事は、来年も火災保険はかなり上がるんじゃないですか?


保険会社A『いえ、、今回は、去年の西日本豪雨被害の分は入ってない値上げなんです。。』



ワタクシ『(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?』



保険会社A『それ以前の災害での値上げなので、西日本豪雨災害の分は来年以降に反映されてくると思われます。。


ワタクシ『そうなんですか!!!それは良い事を聞きました。。値上げ率によっては既存の保険を解約して値上げ前に5年契約した方が良いですね!!



保険会社A『そういう考えの方もいらっしゃいますね。。』



ワタクシ『で、、この見積もりなんですけど、他社より高いのは何が違うんです??施設賠償も若干高いですよね。。。』



保険会社A『ええ、ワタクシも調べて保険会社Bさんの保険は〇〇の保障がないんじゃないかと思います。▢▢の保障も無いから当社より安いんだと思います。。この保障がないと後々事故が起きてから揉める事があると思いますので、当社はそこもカバーしておりますので。。あと、、免責も発生するので。。』



ワタクシ『え~~そうなんですか??こんなの保障されてそうなもんだけどな・・・。。叔母さん、、、今、保険会社Bさんの担当に電話して貰えます??




(保険会社Aの手元がソワソワしたのが分かりました。。こいつ何か隠してる)
⇒㉔へ続く

不動産投資 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ