ようこそ!“笛吹きの雑記帳”へ\(^o^)/

東京佼成ウインドオーケストラのピッコロ&フルート奏者、丸田悠太です♪



今日は久々の自宅での対面レッスンを行いました。

自分の家で自分以外のフルートの音が鳴ったのが約三ヶ月ぶり………

ちょっと新鮮な気持ちでした。

これが日常茶飯事だったのに。。。



そう言えば先日のことですが、先週レッスンで国立音大へ行った際にHr.中島先生からいただいたフェイスシールドを、フルートで使用するとどうなるのか試してみました。

DSC_1258



そのまま装着するとやはり角度的に楽器と干渉するので少しだけカット。
DSC_1262

薄いプラスチック製なので加工は簡単です。

DSC_1259


それで、実際に装着して演奏してみると……

結果的にはやや音がこもる感じはありますが、フルートでも使用は可能でした。

DSC_1263

※基本的に同じくらいの音量で吹いていますが、マイクが拾った音声データの波形がシールド有りだと若干低いです。



ただ、装着者は自分自身の音の聴こえ方(自分の音がかなりダイレクトに聴こえる感じ)に少し慣れが必要かと思いました。

そして………顔が暑いです(笑)

長時間演奏しっぱなしだと、ちょっと大変かも。。。
 

どのみち足部管端や各トーンホールからの拡散をなんとかしないと結局は難しいかもしれませんが、そこは大手楽器さんの素晴らしい技術力にお任せするとして(笑)、とりあえず一個人でもやれなくはないということは試せました。

技術はどんどん進歩しているので、きっとそのうちフルートに対応した感染グッズが出来てくると思います。

楽しみに待ちたいですね♪