2017年08月11日

かくも軽い存在となってしまったのか

今年も無事に広島と長崎の平和式典を終えることができました。私自身被曝2世であり遺族でもありますし広島の方の式典には少しばかり関わりがありますので今年の8月6日と9日を振り返ってみたいと思います。

6日の日の朝は式典が始まる前から会場となる平和公園の川向こうとなる原爆ドーム前で拡声器で労組系とおぼしき団体が声を上げていました。中身はといえば広島とも原爆ともほとんど関係ない政府批判です。朝早く暗いうちから参拝し亡くなった身内に祈りを捧げる人達の気持ちなんか一片も顧みません。なぜ彼らの活動がが世間から疎まれ衰退していったかがよくわかるります。

86soni1

8時前になると慰霊碑脇の規制線外から「あべかえれ!」の声が上がりました。叫んでいたのは声からして毎年労組系の先頭で扇動をしている活動家と思われる女性。しばらくしたらSPとつまみ出されていきました。

平和宣言の最後で8月8日と日付を間違え慌てて6日といい直しました。松井市長に取って8月6日より大事な8日が何の日かは分かりませんがこうなる前兆はありました。前日の5日夕方のリハーサルで松井市長は平和宣言の途中まて読み上げて「こんなもんでいいでしょ」ととっとと切り上げてしまったそうです。同じ途中で止めるにしても他に言い方はあったでしょう。そこに居合わせた皆は広島の市長がこんなに軽くていいのかと思い不安がよぎったそうです。そうしたら案の定です。このことを報じた地元マスコミは私の知る限りなくネットでちらほらと見た程度でした。何かにつけて市長という仕事に取り組む姿勢が軽くその為何度か舌禍を起こしてます。このような職務に対する不誠実な態度は市民に取り判断材料だと思いますが何故かメディアは市長にひどく寛容です。

平和宣言が終わり小学生による平和への誓いが読み上げられ出しますと資料館東館北側に集まった損保会社の拡声器が音を出し始めました。彼ら自身の慰霊祭を始める為でありますが周辺には木陰でモニターやスピーカー越しに式典に参加されている人たちが多数います。そもそも公園内で拡声器の使用というのがかなり非常識であると思います。しかしそんなことは御構い無しに彼らは進めていきました。

最後に9日の話です。社外を移動中はラジオをつけてることが多いのですが事前に番組表を見ていたので11時前にRCCからNHKへチャンネル変更をしました。
平和への誓いまで聞きラジオのチャンネルをRCCへ戻すと相変わらず甲高い笑い声でバカ話。正直ムッとしました。
RCCでも11時から鐘の音、黙祷、広島と長崎を伝える意義を語りスポンサーである長崎のジャパネットの方と長崎の様子について語り合う短いながら良い話であったと局の方は言われました。
しかし残念ながら私にはチャンネル変えた瞬間に聞こえた甲高い笑い声は例えるならば法事が終わらぬのにバカ笑いしてるようにしか聞こえなかったのです。また日頃から広島の長崎に対する冷淡さを実感しているだけに僅か数分の扱いで良いのかという思いもありました。

image


広島ブログ
fugajin_doko at 10:19|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 日常 

2017年04月14日

人生フルーツ

横川シネマで「人生フルーツ」見て来ました。

建築家の津端修一さん英子さん夫妻が50年暮らした団地の片隅の一軒屋での晩年数年が映されています。

海軍技術士官として厚木でマッカーサーを迎えた修一さんは戦争で焼失した住宅の建設こそ復興における自分用の役割と建築の道へ進みます。その修一村が東大在学中に国体の選手として合宿した半田市の造り酒屋の一人娘が英子さん。

修一さんは創設されたばかりの住宅公団へ入り団地開発の中心人物として高蔵寺ニュータウンの設計を任されます。此の高蔵寺というのは伊勢湾台風でゼロメートル地帯が壊滅した為その高台移転として企画されたものでした。修一さんは里山を思いお起こすように元の稜線を生かした雑木林を残し風が通り抜ける計画を立てましたがそれは経済的でないということで変更されました。完成後の1970年に夫妻は団地内の集合住宅へ入居するものの5年後に団地の端に300坪の土地を購入しそこは尊敬するアントニン・レーモンドの自邸を模した30畳一間の平屋建の家と畑と林をつくります。

ほとんどが畑と果樹園の自給自足。年金が入ると英子さんがバスと電車を乗り継ぎ栄町まで足りないものを買い物に出ます。その買い物をする店は数十年変わらず。お店の人は代替わりしてますけど親父の頃からの付き合いなんでと親切に接してくれます。そしてその影には修一さんからのまめなお礼のハガキがあるのでした。

高蔵寺への移住は「建築は生活を豊かにするものでなければならない」という修一さんの考えがありました。更には自分の手がけた住宅を人々の故郷にしたいという思いもあったのでしょう開発できるハゲ山となった場所に植林をして里山を再生していきました。自邸も50年前に植えた苗が雑木林となりその枯葉を撒いた畑では年間100種もの作物がとれるようになりました。

修一さんは90歳で九州の精神病院建設の仕事を受けます。それは経済社会の中で疲弊し感謝となった人達を手助けするにはどのような建築にしたらいいか教えて欲しいという医療現場からの手紙に応える形で受けたものでその大筋と道をつくると畑仕事あとの昼寝から目覚めることなく生涯を終えられました。

エンディングは修一さんの遺影を持った英子さんが伊万里に完成した病院を訪れる所で終わります。

全編を通してゆっくりと2人の時間を大切にする夫妻の生活の中が映し出されています。家も道具も夫妻と同じように長い間過ごして来たものばかり。つくるのも直すのも自分らでやると何か得るものがあるはずだからと修一さんは全部自分でやっちゃう。その分夫婦一緒に過ごすことが出来る。この映画をみていると根本にあるのは修一さんの「幸せな住宅を作ることが建築家の仕事である」という考えだったのではないでしょうか。

好評につき横川シネマで5・6月と再上映されますので興味が湧いた方は是非ご覧ください。

人生フルーツ


広島ブログ
fugajin_doko at 02:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 映画 | 街づくり

2017年04月10日

動き出した西広島駅周辺再開発

JR西広島駅南口周辺で民間主導の「西広島駅前西地区再開発プロジェクト」準備が進んでいることが明らかになりました。

3月30日には地権者達による西広島駅西地区市街地再開発準備組合が設立されました。5月に予定する第1回総会で17年度の事業計画や資金計画を決める予定となっています。準備組合の構想では高層マンション・事務所・クリニック・公共施設・コンベンション機能・生活環境を補完する業務機能を想定されています。18年度の事業計画、22年度の完成を目指します。

再開発の対象となるのは宮島街道とJR山陽本線に挟まれた1.9ヘクタールでその中には広電西広島駅と一体化しているひろでん会館や宮島街道に面した己斐中通商店街、市が国鉄資産事業団より取得し駐車場・駐輪場としても使用されている0.4ヘクタールも含まれます。
IMG_1676

昨年度より地域の活性化を目的として広島土砂災害復興に取り組み広島スタジオを設置している東京大学復興デザイン研究体が7回に渡るまちづくりに関する勉強会を開催してきました。様々な支援策を提案する中で第1種市街地再開発事業として都市機能を再整備する事が望ましいという声が上がり再開発プロジェクトが始動する事となりました。
IMG_1906

広電西広島駅に併設するひろでん会館は昭和39年竣工ということで築50年を超え、広電としても建替えを検討していました。広電も再開発への参加に前向きで「地権者がまとまるなら再開発に協力したい。市のまちづくりにとも連携する」と中国新聞の取材に応えています。

西広島駅周辺というよりも己斐地区の再開発はアストラムライン延伸に翻弄されてきたと言っても過言ではありません。元々西広島駅南口は昭和48年に区画整理を完了していました。現在南口周辺に見られる商店などはこの時代のものです。その後平成13年にアストラムラインの西広島までの延伸が決まり、広島市は同年11月と翌年1月に住民説明会を行っています。この時点では完成を平成27年ごろとしていましたが、その後市の財政難による公共事業見直しなどにより平成40年代まで開通予定がずれ込み、昨年度よりようやく地質調査に取りかかりました。この間西広島駅周辺の再開発は棚上げされわずかに用地買収が行われたのみでした。これはアストラムラインの駅の位置が決まらないければJR駅の高架駅舎も南北を結ぶ立体都市計画道路である自由通路も位置が決まらず工事に取り掛かれなかったからです。結果として広島都市圏で有数の乗降客数でもあるにも関わらずJR西広島駅はエレベーターなどのバリアフリー整備も行われませんでした。しかしアストラムライン延伸を前提としたJR駅を含む再開発が決定したことにより高架駅舎・自由通路・南北口前広場の整備が開始されました。

この南口前広場の再整備にはひろでん会館の建替えやアストラムラインの延伸が実現する際には自由通路をひろでん会館まで延ばしていきたいという計画があることが平成24年3月開催の第38回広島都市計画審議会議事録に記載されています。この通路が実現しますとJRと広電の間にある旧西国街道沿いの商店は人の流れから完全に取り残される形になります。そのことに対する危機感、それと自由通路ができることにより北口広場に新設のバスターミナルからの歩行者に加えてこれまでJR西広島駅の東西に踏切に分かれていた歩行者が合わさり広電とJRの間を行き来する歩行者が相当数増加することにを商機と捉えたことが地域全体を巻き込んだ再開発となったと思われます。

広電の立場から見ますとひろでん会館はこの2月に広島市により耐震強度不足が公表されことからも分かりますように老朽化が著しく建替えは避けられない状況でした。しかし建替えるとなると食品スーパーを始めとするテナントの工事中の仮店舗が必要となります。ここで地域再開発に参加をしますと再開発エリア内に仮店舗を持つことが可能になります。また市に対してひろでん会館までの自由通路延伸の予算を組んでもらおうとすると南口広場再整備に実際に動き出すこの時期がリミットであったとも言えます。

準備組合が想定している公共施設・コンベンション機能についてはJR駅北口にある己斐公民館の入居が考えられます。己斐公民館はアストラムラインが通る己斐中央線の道路用地内に位置していて移転は避けられません。この己斐公民館は他の標準的な公民館の2/3程度しか延床面積がなく周辺住民からは拡充が強く求められていました。また広電は大田社長の時代にひろでん会館建替の際にはホテルや宴会場を導入するアイデアを披露しています。自社食品スーパーの競争力を上げるために狭いひろでん会館からJR駅南側に移転しひろでん会館を公民館と合わせてコンベンションセンターとすることは充分に可能性があると思います。

この再開発で鍵となるのは広電と広島市の動向です。ひろでん会館は建物は広電所有ですが土地は別に地権者達がいます。中国新聞記事中の「地権者がまとまるなら再開発に協力したい」の地権者とはひろでん会館の地権者を指すものと思われます。これらをスムーズにまとめられるかどうかが重要です。
広島市は業界紙ではオブザーバー的な立場で参加したいと答えてますが実は広島市は再開発エリア内に国鉄清算事業団から先行取得した土地を持つ最大の地権者です。またシャッター商店街となっている宮島街道沿いの中通り商店街は市営店舗で本来は道路拡幅の立ち退き者の為の店舗で設置時の入居者が出た後は新規入居者を認めず取り壊し予定でした。
IMG_1684
さらには冒頭の再開発エリアの地図には八幡川沿いの石内己斐線の拡幅に伴う立ち退きする店舗・住宅も含まれていてこの再開発が市の事業を円滑に行うための側面支援の性格が強いことが分かります。広島市が地権者の反感を買わぬ程度に口と手と金を出していく必要があります。

最後にどんな再開発になるかですが民間では最大の地権者となる広電の都合と東北震災でも広島土砂災害でもコミュニテイ活動の支援をしてきた東京大学復興デザイン研究体が関わるということで横川駅前のカジルモールに更に地域住民が交流できる要素を加えたような計画になるのではないかと私は予想しています。気軽に入っていき適当なところで立ち話をしていく路地的な要素、そんなものが取り入れられるのではないかと勝手に考えています。
IMG_1823


広島ブログ
fugajin_doko at 06:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 街づくり | 鉄道

2017年03月30日

ヒトラーの忘れもの

サロンシネマでデンマーク映画の「ヒトラーの忘れ物」を観ました。第2次大戦時ドイツ降伏後デンマークで地雷除去に従事させられた捕虜となった少年兵達を史実を題材にした映画です。

少年兵12名(後に2名追加)を預けられた軍曹も宿となった農家も露骨にドイツ兵なんか死んでしまえばいいという態度と行動で食事も支給されず家畜の餌を盗んで食中毒起こしたりするのですが目の前で一人また一人と死んでいくのを目の当たりにし擬似的な父親に変化する軍曹と絶望的な状況の中で終われば帰らせてやるという軍曹の言葉だけを望みに作業を続けていくのですが少年兵の描写がこの映画の1番の見どころです。少年兵はほとんど演技経験がなく劇中見られる上下などの人間関係も撮影中に生じたものそのままというのがリアリティを出しています。撤去中や輸送中の事故で14人中4人にまで減り国へ帰らすという約束も反故にされ次の場所に送られた時に軍曹が取った行動で・・というところで映画は終わります。

当初地雷除去の先駆者をテーマにしようとしたら海岸近くに数多くの戦後すぐの歳若い兵士の墓が多くあるので何故?というところから企画が始まったぐらいデンマーク国内でも少年兵に地雷除去をさせたことは知られていませんでした。まともに扱った資料もほとんどないぐらい目をそらされていたわけです。もちろん戦争捕虜の強制労働させることはジュネーブ条約に違反なのですが、ただドイツとデンマークは交戦国ではなく保護国だったので捕虜として扱わレませんでした。そしてこの作業を立案・指示したのはドイツと交戦したイギリス軍で主人公の軍曹も対戦中はイギリスに渡り軍事訓練を受け劇中でもイギリスの軍服を着ていました。


ヒトラーの忘れもの


広島ブログ
fugajin_doko at 02:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 映画 

2017年02月08日

駅前横丁「輪 創想(わ そうそう)」

広電猿猴橋電停近くの飲食ビル駅前横丁に2/1オープンした和食の輪創想。店主は志和の大和花で料理長していた田中さんです。大和花閉店後は広島駅近くの仕事人でそれまで経験のなかったカウンター業務を一から覚えられました。

駅前横丁の元立ち飲み屋という狭いスペースに出店と聞きどうするのか気になってましたがお店を見て納得。飲屋街に突如現れた和の空間、お店の前には箱庭を置き、戸を開ければ狭いながらも畳があり靴を脱いで上がります。端から端まで6人は入れます。荷物や靴を入れる空間は十分にありとます。トイレはビルは共用のものを使います。カウンターや什器の一部は前の店のものを有効に使いながらも雰囲気は全く新しいお店です。座席の位置がカウンターに対して少し高めで厨房内を見下ろす形になります。

輪創想_01

輪創想_09


料理は基本的にはコースのみですがコースのお客が1回転した遅い時間は仕込みながらアラカルトの対応もするそうです。コースは当面お酒別の3,500円の1種類ですが開店記念で当面は3,000円でやるということです。とはいえ予算に応じての対応も出来るそうです。

料理はどれも細かな丁寧なものです。蓮根の周りがないのは2月なので雪をイメージがあるしたとのこと。そんなに季節感をあちらこちらに散りばめられた料理の説明を聞くと自然と会話も盛り上がりいい空気になります。
お酒は大和屋のものから広島県内のお酒メインに店主が選んでいて種類は少ないけどいいチョイスだと思いました。
輪創想_02

輪創想_03

輪創想_04
輪創想_05
輪創想_06

輪創想_08

料理には満足したのですがせっかくカウンター内の料理する様子がよく見えるのに仕込んだもの中心でリアルタイムな調理は少なくそこは舞台を生かしてなのが残念と言うと同じような話を開店以来祝いに来てくれた様々な飲食先輩から指摘され変えていくと言われました。事実私の数日後に行った知人の話ではその場で刺身を切って出したということです。
輪創想_07


今後の進化が物凄く楽しみですし外の賑やかさと程よく遮断されたよい静けさで誰か誘って来たくなる雰囲気を持っています。広島駅からも近く気軽に和食を楽しめるいいお店になってくれそうです。


和 創想

広島市南区猿猴橋町5-16宏和11-1F
17:30〜23:00(不定休)
082-263-5311

広島ブログ
fugajin_doko at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 食べたり飲んだり 
Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

引越し日: 2008/9/5


記事検索