ヨガの「グラウンディング」とは?

ヨガをやっていると、「グラウンディング」(grounding)という言葉を耳にすることがあると思います。groundから派生した「基礎」「接地」を意味する言葉ですが、日本を代表するヨガ指導者である綿本彰先生によると、ヨガのグラウンディングとは、「しっかりと地に足がついた安定感のこと。バランスポーズなどで大地を踏みしめた時、足の裏で大地を押して押し返される作用反作用の感覚で、支えられているという実感のこと」です。

ヨガではポーズをとる時に、
大地に近い身体の部位から土台となるようにポーズを整えていきます。

大地に身体の部位を安定させることを「グラウンディング」といいます。
例えば、タダーサナなど立位のポーズの時は、
大地に接しているのは足の裏なので、両足の裏をしっかりグラウンディングさせます。

足 立つ グラウンディング
Photo by Yuki Horikawa

グラウンディングは足の裏だけに限りません。
スカーサナなど坐位のポーズの時は、
骨盤の特に坐骨を安定させてグラウンディングさせます。

足 立つ グラウンディング
Photo by Yuki Horikawa

プランクポーズなど手を地面につくようなポーズは、
手のひらをしっかりグラウンディングさせることがポーズを行う上で大切になります。

足 立つ グラウンディング プランク
Photo by Yuki Horikawa

グラウンディングはほかに、心の安定や呼吸の安定を意味することもありますが、
今回は「足」のグラウンディングに注目していきましょう。


    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット