2015年01月05日

ごつごつな俺

すでにお亡くなりになっているが竹内均さんの分かりやすい話が好きだ。
特に毎年数cmの隆起と浸食で山が出来るようにこの世の中は
ゆっくり絶え間ない物の積み重なりで出来ているという話。
そして、子育てもまさしく隆起と浸食の結果、柔らかい物の中のかたい部分が現れてくる。


最近遠くを見る時間が減った分、近くばかり見ている。
明日から、子供を朝幼稚園に送り届ける。
かなり、忙しくなるが子供を送り届けてからの自分の時間が楽しみでもある。

小さい時から、整理整頓と口を酸っぱく言われてきたのだが、気が付いたら散らかっている。
しかし、今自分に必要な事はこの整理整頓。

やりたい事、しなくてはならない事、しなくてもいい事、してはいけない事。

それがグッチャグチャになって箱に入っている。

もちろん、稼がないと家族を養えないが、魅力的な人は目先の事に囚われずに
大きな目標に向かっていく人だ。

しかし、子供の手を取らずに道を横ったら周囲の人のまなざしが気になる。
本当にこちらは物騒なので子供の管理は大変だ。
飯田が懐かしい。

2年ほど前に服はちゃんと畳んだ方が場所を取らない事に気がついた自分であるが
今日は遠くを見ていないと目が悪くなる事に気がついた。

近くの事に気を配りながらも常に自分の行く先を確認していないと目的地にたどり着かない。

人生既に43。
一生懸命打ち込めることに人生を捧げたいと思う今日この頃。


Posted by fugushima at 07:15│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字