2015年12月28日

年の瀬に

自転車が全てじゃないことが解った。
昔、引退したオランダの選手に引退後何が変わったかを聞いた時の答えだ。

そして、それを聞いた後も
自分は自転車が全ての生活を20年間続けて、現在に至る。

若い選手にこういうことを言うべきではないかもしれない。
しかし、この言葉で人生が変わるようであったら
やはり変わるべき人生であったのであろうと思う。

自転車は奥が深い。

NIPPO VINI FANTINI イタリアの合宿に参加して思ったが
学ぶことばかりだ。

イタリア語も奥が深い。(ついでにローマ史も…)

そして、今の自分は、選手を引退した時点で自転車が全ての生活は終わっている。
監督業(仕事)と自転車に乗ること(心と体のメンテ)は真逆である。

他の人と同様に自分にとって、自転車とは乗るものである。
監督はレースが多ければ多いほど、自転車には乗れなくなるものである。


Posted by fugushima at 00:08│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字