2017年04月02日

ほっとなる瞬間

今はツールドタイ。カテゴリーが上がったとはいえ、なかなかタイらしいオーガナイズですが、中川さんが連れてきてくれたレオ君、トミーが紹介してくれたチャムナーマッサーの助けを借りながらなんとか乗り越えております。
細かいレースの話はチームのホームページを見てくださればわかると思うので割愛させていただきます。
久々のタイ。
韓国、モンゴル、マレーシア、ベトナム、台湾 そしてタイ。
フィリピンなどの旧知の友人と毎日顔を合わせながら楽しくやっております。
やはり、タイは自分にとって第2の故郷ですね。

今日、スタート前にトイレに行きたくなって薬局でトイレありますかとタイ語で聞くと家のトイレを貸してくれた。
歯ブラシなども置いてあり、普通のトイレ。
人によっては、汚いと敬遠する人もいるかもしれないが ヨーロッパでは知らない他人を家に入れるなんて、なかなか考えられないこと。
もちろん、タイ語でありがとうと言って世間話をして帰ってきたが、アジアではこういう人情を直に感じることができる。
もちろん、そうでないこともあるし。
親切さを逆手にとって悪いことをする人もいるかもしれない。
ただ、自分はこういった親切さをどこでも感じられるのがアジアのいいところであるし、楽しいところでもある。
レース中なので、こういった人との触れ合いも風景とともに遠い記憶の中に沈んでいくのであるがレースのストレスの多い中、ふとアジアを感じる時間が自分の心を洗濯してくれる。

レースは台湾、タイと落車が多く。心を痛めながらも前に進んでいく日々です。
未だに勝利は挙げられていないが、常に勝利に必要なことを模索しながら進む日々です。いい報告ができるように…

Posted by fugushima at 19:04│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字