2017年09月24日

チャイナ最終日

今日は12時スタートなのでウィリエールのルカシント監督、ノヴォのリオネル監督、あと福井メカと朝のランニングに行った。
今回、ランニングシューズを新調してきたのだが走るのはこの18日間で2日目。
途中で何度も折り返そうかと思ったが40分最後まで走り切り爽快な汗をかかせていただいた。
やはり、ひとりで走るよりも皆で走った方が頑張れるものだ。
走り終わってから、リオネルが言った。
彼とは2002年、彼がクレジットアグリコールの監督だったころからの付き合いだ。
「お前はいつもアタックばかりしていたな。今はお前のような選手はいない」
そうだ。
俺のような選手もいないし、俺が走っていたような走り方を俺は選手に指導していない。
力を有効に使って勝つ方法を毎日指示している。
しかし、自分たちは人よりも体力を使って、それで勝ちに行っていた。
「馬鹿だとか、クレイジー」という賞賛の言葉をもらいながら

アマチュアのころからずる賢く買っていた選手は大成しない。
自分はフランスのアマチュアの時は、登りの下から莫大なギヤでアタックして、頂上付近で後ろの選手がアタックするのを待って、それについて行って逃げに乗ったものだ。

もちろん、プロの世界では違う走り方が求められるが

康司コーチはこのような走りを若い選手に求めている。
できる選手は限られている。
ただ、やはりそれができないと大成しないのも事実で、今の若い選手にはそういった後先考えない走りも求めたい。

今日のランニングで明日筋肉痛間違いなし。。。
では、最終日 行ってきます。

Posted by fugushima at 10:12│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字