2017年10月15日

捧げた人生

高木秀彰さんが亡くなったと聞いたときは愕然とした。
自分の現役時代を撮り続けていただいた。
国内のあらゆるロードレースに足を運んで記事にしてくれる
非常に貴重な存在であった。
ボンシャンスで勝った2011年宮田ロード。
2009年 ツールド北海道 崇史のジャージを皆で守っているときの写真などは今でも家に飾らせていただいております。
記事に関しても熱がこもっていました。
国内のロードレースに捧げられた人生といっても過言ではないのでしょうか?
いえ、高木さんの人生にロードレースが捧げられたのかな?
このように突然、別れというものはやってくる。

ご冥福をお祈り申し上げます。
そして、ありがとうございました。





Posted by fugushima at 23:11│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字